579件中 71 - 80件表示
  • 滋賀短期大学

    滋賀短期大学から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    生活学科:一般企業への就職者が多いものとなっている。プリンスホテル・綾羽・タカラスタンダード・東レ・ダイハツ工業・キユーピー醸造・イトキン・玉屋・ユーハイム・トキワ精機・カネボウ化粧品・ポーラー・マツヤスーパー・近鉄百貨店・福山通運・センコー・ガリバーインターナショナルなどがある。滋賀短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 長尾直樹

    長尾直樹から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ:ダイハツ・タントカスタム「夜明け」篇、「登場」篇、「朝錬」篇長尾直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年日本グランプリ (4輪)

    1966年日本グランプリ (4輪)から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    第2回大会で盛り上がった自動車メーカー対決は仕切り直しとなり、別分野へ転向したりワークスチームを解散したメーカーもあった。プリンスは国産初のプロトタイプレーサーR380を4台投入。トヨタはヤマハと共同開発した2000GTのプロトタイプをレース仕様に改造。ダイハツはコンパーノ・ベルリーナベースのP-3でクラス優勝を狙った。日産は前哨戦の全日本クラブマンレースに続き、6気筒DOHCエンジンを搭載するフェアレディSで参戦した。1966年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1967年日本グランプリ (4輪)

    1967年日本グランプリ (4輪)から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    4回目となる日本GPは前回に続き富士スピードウェイで開催された。自動車メーカー系チームの中では、プリンス自動車と日産自動車の企業合併により再編された日産ワークスが注目された。マシンは前年優勝したプリンス・R380を改良した日産・R380II。ドライバーは旧プリンス系の砂子義一(前年の優勝者)、大石秀夫と、日産追浜ワークス系の北野元、高橋国光という合同編成になった。トヨタ自動車は今回は出場を見送り、極秘にトヨタ・7開発計画を進めた。ダイハツ工業は小排気量クラスのミッドシップマシン、ダイハツ・P-5を開発して参戦した。1967年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1968年日本グランプリ (4輪)

    1968年日本グランプリ (4輪)から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    軽排気量のGP-Iクラスでは、ダイハツワークスのP-5が4台エントリー(2台はグループ7仕様)。ほか、デル・RSBやホンダ・S800を改造したマクランサといった国産マシンで参加するプライベーターも現われた。1968年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • Tommy airline

    Tommy airlineから見たダイハツダイハツ工業

    前作のアルバム『Tommy february6』が好調の最中、活動を休止し、the brilliant greenでの活動を再開し、4枚目のアルバムのリリース後の翌年、自動車メーカーダイハツ発売の軽自動車「mira AVY」CMソングで突然の復活。その年の2月6日にシングル「je t'aime★je t'aime」で活動を再開した。Tommy airline フレッシュアイペディアより)

  • 武庫川女子大学短期大学部

    武庫川女子大学短期大学部から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    健康・スポーツ学科:池田銀行・香川銀行・ダイハツ工業・アシックス・グンゼほか武庫川女子大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・HC型エンジン

    ダイハツ・HC型エンジンから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ・HC型エンジンは、ダイハツ工業が生産していた小型自動車用エンジンの一つである。ダイハツ・HC型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 真鍋幹三

    真鍋幹三から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    宇部商業高校からダイハツを経て、1967年ドラフト外で阪神タイガースへ入団。真鍋幹三 フレッシュアイペディアより)

  • 伊瀬芳吉

    伊瀬芳吉から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    伊瀬 芳吉(いせ よしきち、1905年10月8日 - 2000年12月22日)は、日本の実業家。ダイハツ工業元社長。香川県出身。伊瀬芳吉 フレッシュアイペディアより)

579件中 71 - 80件表示

「ダイハツ工業」のニューストピックワード