前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示
  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たトヨタ自動車

    ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーの一つである。本社は大阪府池田市。ブランド名・社名の由来は、「発動機製造」という社名で創業後、社名に「発動機」を冠する後発メーカーがいくつも出現し、既に出回っている「発動機製造」の発動機をどこで造った発動機か認識するため顧客の方で「大阪の発動機」と区別呼びし、やがて詰めて「大発」すなわち「ダイハツ」と略称したことから。現在のコーポレーションスローガンは「Innovation For Tomorrow」および「もっと軽にできること。」(2011年8月22日よりこちらを主としながら並行して使用)。トヨタ自動車の連結子会社である。トヨタグループ16社のうちのひとつ。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスズキ (企業)

    特に主力製品の軽自動車では、トップメーカーであるスズキとの激しいシェア争いを展開している。2006年はスズキが軽自動車減産(普通車増産)の戦略をとり、2007年からその方向性を明確にしたことで、1973年から2006年まで34年連続トップのスズキを抜いて初めて首位に立った。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た2009年

    かつては、シャレードでのサファリラリー参戦や、ミラやストーリアでの国内ラリー、ダートトライアルへの参戦、また近年ではブーンでWRC(ラリージャパン)にスポット参戦するなど、国内外のモータースポーツに積極的に参戦してきたが、2009年1月13日、「昨今の自動車業界を取り巻く経済状況の厳しい状況」および「(年を追うごとに)深刻化する若者の車離れ」などを理由に、モータースポーツ活動の休止と、関連会社DCCSが主催するジムカーナ競技会ダイハツチャレンジカップの終了を発表した。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たトヨタ・ピクシススペース

    2010年9月28日 親会社であるトヨタ自動車が2011年9月以降に軽自動車事業に参入することを発表し、同時にダイハツからムーヴコンテ(2011年9月26日にピクシススペースとして発売)およびハイゼットトラック、ハイゼットカーゴ(ともに2011年12月1日にピクシストラック・ピクシスバンとして発売)また(発表当時)未定の1車種(2012年5月10日にミライースをピクシスエポックとして発売)をOEM供給することを発表。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスバル・ステラ

    ムーヴ、タント、スバル・ステラ(ムーヴOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスバル・サンバー

    ミラ、ミライース、アトレー、ハイゼットカーゴ、ハイゼットトラック、スバル・ディアスワゴン(アトレーOEM)、スバル・プレオ(ミラOEM)、トヨタ・ピクシストラック(ハイゼットトラックOEM)、トヨタ・ピクシスバン(ハイゼットカーゴOEM)、スバル・サンバートラック(ハイゼットトラックOEM)、スバル・サンバーバン(ハイゼットカーゴOEM)、トヨタ・ピクシスエポック(ミライースOEM)、スバル・プレオプラス(ミライースOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たナブテスコ

    その機械加工能力の水準を買われ、1920年代以来、国鉄(当初は鉄道省)との関わりも深く、鉄道向け機器としては蒸気機関車用の自動給炭機(国鉄・汽車製造との共同開発)や客車室内の引き戸用ドアチェック、通勤電車の自動ドア向けドアエンジンなどを製造した。このため、鉄道用空気ブレーキ装置の大手メーカーである日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)の設立にも関わっている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た三菱自動車工業

    大阪国際女子マラソン(2005年より車両協力。 2004年までは三菱自動車工業が担当していた。)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツディーゼル

    ディーゼルエンジン開発にも早くから取り組み、車載向けの小型高速ディーゼル機関だけでなく、船舶用の低速大型ディーゼル機関も生産した。太平洋戦争後の1950年代以降は、国鉄のディーゼル機関車・気動車向けディーゼル機関生産に、先発の新潟鐵工所・神鋼造機と共に携わった。また自動車用の分野でも、1960年代初頭に小型トラック用としてはクラス初のディーゼルエンジン採用で先鞭を付け、後にはシャレードで当時世界最小排気量の乗用ディーゼルエンジンを開発したりするなど、小型ディーゼルエンジン技術でも実績を残している。なお、中?大型船舶用ディーゼルエンジンは1966年に分社された系列の「ダイハツディーゼル」に移管して製造されている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たマツダ

    1930年に自社製小型ガソリンエンジンを搭載したオート三輪「ダイハツ号」の製造で自動車業界に参入。1960年代までオート三輪業界でマツダとともに市場を二分、以降は小型四輪車、軽自動車の生産にシフトしている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示

「ダイハツ工業」のニューストピックワード