199件中 101 - 110件表示
  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスバル・ジャスティ

    ブーン、コペン、トヨタ・パッソ(ブーンOEM)、トール、トヨタ・ルーミー/タンク(いずれもトールOEM)、スバル・ジャスティ(日本国内向け2代目、トールOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・シャルマン

    四輪市場には1963年のコンパーノから参入。しかし当時四輪車の技術で劣っていたため、トヨタとの提携後はパブリカをベースとしたコンソルテ、トヨタ・カローラをベースとしたシャルマンを生産するなどしている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た大阪府

    ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。東証1部などに上場されているトヨタ自動車の完全子会社でトヨタグループ16社のうちのひとつ。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たガソリンエンジン

    1930年に自社製小型4サイクル空冷単気筒サイドバルブ(SV)のガソリンエンジンを搭載した試作型オート三輪「ダイハツ號(号)HA型」の開発で自動車業界に参入。1972年まで東洋工業(現マツダ)とともにオート三輪業界の覇権を争った。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た空気ブレーキ

    その機械加工能力の水準を買われ、1920年代以来、国鉄(当初は鉄道省)との関わりも深く、鉄道向け機器としては蒸気機関車用の給水加熱器や自動給炭機(国鉄・汽車製造との共同開発)、客車室内の引き戸用ドアチェック、通勤電車の自動ドア向けドアエンジンなどを製造した。このため、鉄道用空気ブレーキ装置の大手メーカーである日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)の設立にも関わっている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たフレックスタイム制

    同社が、フレックスタイム制を適用した社員約1,000人に対してサービス残業を行わせていたとして、淀川労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが、2009年4月2日に判明した。同社は、フレックス制適用の社員について、社内のパソコンが社内ネットワーク接続している時間を労働時間として計算していたが、同労基署の調査によって、接続を切断した後も業務を続けていた社員が複数に亘って存在していたことが確認された。これを受け同社は、該当社員に対し、未払いの時間外労働手当約5,000万円を支払った。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たドアエンジン

    その機械加工能力の水準を買われ、1920年代以来、国鉄(当初は鉄道省)との関わりも深く、鉄道向け機器としては蒸気機関車用の給水加熱器や自動給炭機(国鉄・汽車製造との共同開発)、客車室内の引き戸用ドアチェック、通勤電車の自動ドア向けドアエンジンなどを製造した。このため、鉄道用空気ブレーキ装置の大手メーカーである日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)の設立にも関わっている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・ハロー

    以前は逆にモーター駆動の開発に熱心で、電気自動車の開発を1965年に始めていた。1966年にコンパーノバンをベースとした試作車を発表、1968年にはハイゼットバンをベースとしたハイゼットEVの販売を開始、以後電動ゴルフカートやDBC-1、ハロー、ラガーEVなどさまざまな車種を発表、販売している。公道走行可能なEVで2000台近く、遊園地などの構内専用車種を含めると8000台を超える販売実績がある。2005年には軽初となるハイブリッドのハイゼットカーゴを発売したり、2012年にはハイゼットEVの実証実験車が発表されている。なお将来的にゼロ・エミッション法の世界的広がりにより販売が必須となることが予想されるEVに関しては「トヨタに頼らない」としていたが、昨今の急激なEVシフトの流れにより、トヨタとマツダの合弁会社『EV.C.A.SPIRIT』への出資が確実と見られている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た久留米市

    ダイハツ九州久留米工場(福岡県久留米市ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たコマーシャル

    自動車業界では、テレビコマーシャルの活用の先駆的存在でもあった。1957年に発売した軽オート三輪「ミゼット」は、小型軽便な実用性と廉価さを武器に「街のヘリコプター」のキャッチフレーズで売り出されたが、相前後してダイハツは、大阪の大阪テレビ放送(現・ABCテレビ)で製作され1958年から放送されて高い視聴率を誇った喜劇テレビドラマ『やりくりアパート』のスポンサーとなり、ミゼットの売り込みをかけた。番組の最後には主演のコメディアン大村崑、佐々十郎らが実車のミゼットを横に、コミカルなギャグ混じりに「ミゼット!」と車名を連呼するインパクトたっぷりの生コマーシャルが放送され、ミゼットはこのCM効果も手伝って当時の大ヒット作となっている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

199件中 101 - 110件表示