199件中 11 - 20件表示
  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ九州

    2004年 - ダイハツ車体(現・ダイハツ九州)の大分工場を操業。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たトヨタ・ピクシススペース

    2010年9月28日 - 親会社であるトヨタ自動車が2011年9月以降に軽自動車事業に参入することを発表し、同時にダイハツからムーヴコンテ(2011年9月26日にピクシススペースとして発売)およびハイゼットトラック、ハイゼットカーゴ(ともに2011年12月1日にピクシストラック・ピクシスバンとして発売)また(発表当時)未定の1車種(2012年5月10日にミライースをピクシスエポックとして発売)をOEM供給することを発表。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスバル・ステラ

    ムーヴ、タント、ムーヴキャンバス、スバル・ステラ(ムーヴOEM)、シフォン(タントOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスバル・サンバー

    ミラ、ミライース、アトレー、ハイゼットカーゴ、ハイゼットトラック、ハイゼットキャディー、ウェイク、スバル・ディアスワゴン(アトレーOEM)、スバル・プレオ(ミラOEM)、トヨタ・ピクシストラック(ハイゼットトラックOEM)、トヨタ・ピクシスバン(ハイゼットカーゴOEM)、スバル・サンバートラック(ハイゼットトラックOEM)、スバル・サンバーバン(ハイゼットカーゴOEM)、トヨタ・ピクシスエポック(ミライースOEM)、スバル・プレオプラス(ミライースOEM)、トヨタ・ピクシスメガ(ウェイクOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスズキ・アルト

    国内ではラリー・ダートトライアルで活躍。全日本ラリーでは1984年にシャレードで初めてクラスタイトルを獲得した。1990年代にはミラの4WDターボ仕様であるTRXX X4Rを投入し、アルトワークスやヴィヴィオと激しく争い、全日本ラリーで3度クラスタイトルを獲得。1998年にストーリアX4が登場すると黄金時代を迎え、全日本ラリー選手権・全日本ダートトライアル選手権の両方で2000年〜2005年までクラスタイトルを連覇した。素性の良さから、ストーリアX4は後継車のブーンX4が登場した後も2014年まで参戦し続けた。後継のブーンX4も2006年にJN2クラスでタイトルを獲得し、2008年のWRC(ラリージャパン)にスポット参戦、N1クラス優勝もしている。このように国内外のモータースポーツに積極的に参戦してきたが、2009年1月13日、「昨今の自動車業界を取り巻く経済状況の厳しい状況」および「(年を追うごとに)深刻化する若年層の車離れなどを理由に、モータースポーツ活動からの撤退と、関連会社DCCSが主催するジムカーナ競技会ダイハツチャレンジカップの終了を発表した。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たミライース

    トヨタの完全子会社となった後TNGAのダイハツ版であるDNGAの開発を行っており、2017年にはDNGA第一弾の2代目ミライースが投入された。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・ミライース

    ミラ、ミライース、アトレー、ハイゼットカーゴ、ハイゼットトラック、ハイゼットキャディー、ウェイク、スバル・ディアスワゴン(アトレーOEM)、スバル・プレオ(ミラOEM)、トヨタ・ピクシストラック(ハイゼットトラックOEM)、トヨタ・ピクシスバン(ハイゼットカーゴOEM)、スバル・サンバートラック(ハイゼットトラックOEM)、スバル・サンバーバン(ハイゼットカーゴOEM)、トヨタ・ピクシスエポック(ミライースOEM)、スバル・プレオプラス(ミライースOEM)、トヨタ・ピクシスメガ(ウェイクOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た大村崑

    自動車業界では、テレビコマーシャルの活用の先駆的存在でもあった。1957年に発売した軽オート三輪「ミゼット」は、小型軽便な実用性と廉価さを武器に「街のヘリコプター」のキャッチフレーズで売り出されたが、相前後してダイハツは、大阪の大阪テレビ放送(現・ABCテレビ)で製作され1958年から放送されて高い視聴率を誇った喜劇テレビドラマ『やりくりアパート』のスポンサーとなり、ミゼットの売り込みをかけた。番組の最後には主演のコメディアン大村崑、佐々十郎らが実車のミゼットを横に、コミカルなギャグ混じりに「ミゼット!」と車名を連呼するインパクトたっぷりの生コマーシャルが放送され、ミゼットはこのCM効果も手伝って当時の大ヒット作となっている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たトヨタグループ

    ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。東証1部などに上場されているトヨタ自動車の完全子会社でトヨタグループ16社のうちのひとつ。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た佐々十郎

    自動車業界では、テレビコマーシャルの活用の先駆的存在でもあった。1957年に発売した軽オート三輪「ミゼット」は、小型軽便な実用性と廉価さを武器に「街のヘリコプター」のキャッチフレーズで売り出されたが、相前後してダイハツは、大阪の大阪テレビ放送(現・ABCテレビ)で製作され1958年から放送されて高い視聴率を誇った喜劇テレビドラマ『やりくりアパート』のスポンサーとなり、ミゼットの売り込みをかけた。番組の最後には主演のコメディアン大村崑、佐々十郎らが実車のミゼットを横に、コミカルなギャグ混じりに「ミゼット!」と車名を連呼するインパクトたっぷりの生コマーシャルが放送され、ミゼットはこのCM効果も手伝って当時の大ヒット作となっている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

199件中 11 - 20件表示