137件中 21 - 30件表示
  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た大阪帝国大学

    日本で最も歴史の長い量産車メーカーで、大阪高等工業学校(後の大阪帝国大学工学部)の研究者を中心に、1907年に「發動機製造株式會社」として創立された。その当初は工場等の定置動力用として用いられるガス燃料の内燃機関(ガス発動機)の製造を手がけていた。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た時間外労働

    同社が、フレックスタイム制を適用した社員約1,000人に対してサービス残業を行わせていたとして、淀川労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが、2009年4月2日に判明した。同社は、フレックス制適用の社員について、社内のパソコンが社内ネットワーク接続している時間を労働時間として計算していたが、同労基署の調査によって、接続を切断した後も業務を続けていた社員が複数に亘って存在していたことが確認された。これを受け同社は、該当社員に対し、未払いの時間外労働手当約5,000万円を支払った。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た蒸気機関車

    その機械加工能力の水準を買われ、1920年代以来、国鉄(当初は鉄道省)との関わりも深く、鉄道向け機器としては蒸気機関車用の自動給炭機(国鉄・汽車製造との共同開発)や客車室内の引き戸用ドアチェック、通勤電車の自動ドア向けドアエンジンなどを製造した。このため、鉄道用空気ブレーキ装置の大手メーカーである日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)の設立にも関わっている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た大阪国際女子マラソン

    大阪国際女子マラソン(2005年より車両協力。 2004年までは三菱自動車工業が担当していた。)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た大阪城

    オート三輪の時代はエンブレムに「大阪城」のイラストを模したものを使用していた。またこれとは別で、店舗看板や、テレビ番組協賛の提供クレジット用に「ダイハツ」に楕円形の囲みをしたロゴもあった。現在の「D」を模したマークは1960年代後半に登場し何度かの修正を経ながら現在まで使用され続けている。1998年まで車台にエンブレムが搭載されることは少なかったが、ロゴリニューアルに伴い多用されるようになった。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た電気自動車

    1965年から電気自動車の開発を始め、1966年にコンパーノバンをベースとした試作車を発表。1968年にはハイゼットEVの販売を開始、以後電動ゴルフカートやDBC-1、ハロー、ラガーEVなどさまざまな車種を発表、販売している。公道走行可能なEVで2000台近く、遊園地などの構内専用車種を含めると8000台を超える販売実績がある。2012年にはハイゼットEVの実証実験車が発表されている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た世界ラリー選手権

    かつては、シャレードでのサファリラリー参戦や、ミラやストーリアでの国内ラリー、ダートトライアルへの参戦、また近年ではブーンでWRC(ラリージャパン)にスポット参戦するなど、国内外のモータースポーツに積極的に参戦してきたが、2009年1月13日、「昨今の自動車業界を取り巻く経済状況の厳しい状況」および「(年を追うごとに)深刻化する若者の車離れ」などを理由に、モータースポーツ活動の休止と、関連会社DCCSが主催するジムカーナ競技会ダイハツチャレンジカップの終了を発表した。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見た阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場(外野フェンスの広告、2011年度までリリーフカーを提供)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たプロドゥア

    インドネシアではアストラ・インターナショナルとの合弁で「アストラ・ダイハツ・モーター」 (ADM) を設立。ダイハツ車の販売と、ジャカルタ・スンター工場にてダイハツおよびトヨタブランド車の製造を行っている。スンター工場は2010年度には生産能力を年30万台に引き上げている。マレーシアでは1993年に現地資本との合弁でマレーシア第二のメーカープロドゥアを設立。2006年には第一のマレーシアの自動車メーカープロトンを抜いてマレーシア市場最大手に踊り出ている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たデ・トマソ

    デ・トマソ(1982年?1984年、イノチェンティ・ミニをダイハツの子会社が輸入)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

137件中 21 - 30件表示