137件中 61 - 70件表示
  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・ラガー

    1965年から電気自動車の開発を始め、1966年にコンパーノバンをベースとした試作車を発表。1968年にはハイゼットEVの販売を開始、以後電動ゴルフカートやDBC-1、ハロー、ラガーEVなどさまざまな車種を発表、販売している。公道走行可能なEVで2000台近く、遊園地などの構内専用車種を含めると8000台を超える販売実績がある。2012年にはハイゼットEVの実証実験車が発表されている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・テリオス

    中華人民共和国ではこれまでシャレードやテリオスなどダイハツの車種が現地生産されていたものの、ダイハツブランドでの販売は行われていなかった。2007年、第一汽車子会社の一汽吉林汽車との合弁でセニアの生産・販売を行いダイハツブランドの展開を開始したが、知名度不足から販売が低迷したため2009年には早くも展開を断念し、同年中に一汽ブランドへ変更することを発表した。しかしながら、双方のメンツを重んじ、対外的には「技術援助契約の枠組の変更」という表現が取られている。主な要因は、ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスバル・ルクラ

    ミラ、ミライース、ムーヴコンテ、ミラココア、タントエグゼ、スバル・プレオ(ミラOEM)、スバル・ルクラ(タントエグゼOEM)、トヨタ・ピクシススペース(ムーヴコンテOEM)、トヨタ・ピクシスエポック、スバル・プレオプラスダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・アルティス

    ※なお、OEM供給を受けるアルティスはトヨタ自動車堤工場(愛知県豊田市)で生産される。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスバル・ディアスワゴン

    ミラ、ミライース、アトレー、ハイゼットカーゴ、ハイゼットトラック、スバル・ディアスワゴン(アトレーOEM)、スバル・プレオ(ミラOEM)、トヨタ・ピクシストラック(ハイゼットトラックOEM)、トヨタ・ピクシスバン(ハイゼットカーゴOEM)、スバル・サンバートラック(ハイゼットトラックOEM)、スバル・サンバーバン(ハイゼットカーゴOEM)、トヨタ・ピクシスエポック(ミライースOEM)、スバル・プレオプラス(ミライースOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・クー

    ブーン(日本国外向けはシリオン)、ビーゴ(日本国外向けはテリオス)、デルタ(日本国外向け)、トヨタ・パッソ(ブーンと同一車種)、トヨタ・bB(以前生産されていたクーと同一車種)、トヨタ・ラッシュ(ビーゴOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たリリーフカー

    阪神甲子園球場(外野フェンスの広告、2011年度までリリーフカーを提供)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たトヨタ・ライトエース

    タウンエース/ライトエース(?2007、現在はインドネシア製のグランマックスをOEM供給)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・コンパーノ

    1965年から電気自動車の開発を始め、1966年にコンパーノバンをベースとした試作車を発表。1968年にはハイゼットEVの販売を開始、以後電動ゴルフカートやDBC-1、ハロー、ラガーEVなどさまざまな車種を発表、販売している。公道走行可能なEVで2000台近く、遊園地などの構内専用車種を含めると8000台を超える販売実績がある。2012年にはハイゼットEVの実証実験車が発表されている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・タントエグゼ

    ミラ、ミライース、ムーヴコンテ、ミラココア、タントエグゼ、スバル・プレオ(ミラOEM)、スバル・ルクラ(タントエグゼOEM)、トヨタ・ピクシススペース(ムーヴコンテOEM)、トヨタ・ピクシスエポック、スバル・プレオプラスダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

137件中 61 - 70件表示

「ダイハツ工業」のニューストピックワード