199件中 81 - 90件表示
  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たパブリカ

    四輪市場には1963年のコンパーノから参入。しかし当時四輪車の技術で劣っていたため、トヨタとの提携後はパブリカをベースとしたコンソルテ、トヨタ・カローラをベースとしたシャルマンを生産するなどしている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・ソニカ

    日本で初めて水平対向エンジンの乗用車(三輪)を作ったメーカーでもある。1951年のBeeがそれで、駆動形式はRR、リアサスペンションは独立懸架式という当時としては先進的なものだった。この他軽自動車に四輪独立懸架を積極的に導入したり、660ccの4気筒エンジンであるJBエンジンを開発したり、「軽のGTカー」とも呼べるソニカや対国内ラリー特化型兵器ストーリアX4を販売したりするなど、現在の堅実な車作りとは裏腹に挑戦的な開発姿勢を見せていたこともあった。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・アトレー

    ミラ、ミライース、アトレー、ハイゼットカーゴ、ハイゼットトラック、ハイゼットキャディー、ウェイク、スバル・ディアスワゴン(アトレーOEM)、スバル・プレオ(ミラOEM)、トヨタ・ピクシストラック(ハイゼットトラックOEM)、トヨタ・ピクシスバン(ハイゼットカーゴOEM)、スバル・サンバートラック(ハイゼットトラックOEM)、スバル・サンバーバン(ハイゼットカーゴOEM)、トヨタ・ピクシスエポック(ミライースOEM)、スバル・プレオプラス(ミライースOEM)、トヨタ・ピクシスメガ(ウェイクOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスバル・プレオプラス

    ミラ、ミライース、アトレー、ハイゼットカーゴ、ハイゼットトラック、ハイゼットキャディー、ウェイク、スバル・ディアスワゴン(アトレーOEM)、スバル・プレオ(ミラOEM)、トヨタ・ピクシストラック(ハイゼットトラックOEM)、トヨタ・ピクシスバン(ハイゼットカーゴOEM)、スバル・サンバートラック(ハイゼットトラックOEM)、スバル・サンバーバン(ハイゼットカーゴOEM)、トヨタ・ピクシスエポック(ミライースOEM)、スバル・プレオプラス(ミライースOEM)、トヨタ・ピクシスメガ(ウェイクOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たプロトタイプレーシングカー

    1966年、ダイハツはコンパーノ・ベルリーナをベースとし、DOHC16バルブ化したプロトタイプレーシングカーのP-3を2台揃えて第三回日本グランプリにデビュー。ライバルのロータス・エリートとアバルト・シムカを破ってGP-Iクラスで優勝を収めた。第四回日本グランプリでも同クラスにミッドシップエンジンのP-5を2台開発して参戦するものの、メカニカルトラブルで予選を走れず、予選落ちとなってしまった。第五回ではP-5で4台体制を敷き、クラス優勝を再び取り戻した。1969年の第六回に向けてもフェロー7を公開していたものの、結局参戦せずチームは解散、これによりダイハツはサーキットの大舞台から姿を消した。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・ミラココア

    ミラ、ミライース、ミラココア、スバル・プレオ(ミラOEM)、トヨタ・ピクシスエポック、スバル・プレオプラス、キャスト、トヨタ・ピクシスジョイ(キャストOEM)ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たトヨタ・ヴィッツ

    低価格・高機能・安全性を同時実現することの難しい小型車生産の分野に特化しており、長らくトヨタから小型車・小型エンジンの開発・生産・OEM供給を委託されてきた。デュエット、パッソ、ラッシュ、ヴィッツのKRエンジンなどはその代表である。また軽自動車生産から撤退したスバルにも2009年から軽自動車・軽福祉車をOEM供給している。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たダイハツ・ゼブラ

    インドネシアではアストラ・インターナショナルとの合弁で「アストラ・ダイハツ・モーター」 (ADM) を設立。ダイハツ車の販売と、ジャカルタ・スンター工場にてダイハツおよびトヨタブランド車の製造を行っている。スンター工場は2010年度には生産能力を年30万台に引き上げている。マレーシアでは1993年に現地資本との合弁でマレーシア第二のメーカープロドゥアを設立。2006年には第一のマレーシアの自動車メーカープロトンと親会社のトヨタを抜いてマレーシア市場最大手に踊り出ている。1995年にはマレーシア政府がゼブラを国民車に指定した。またインドネシアでも、トヨタとの姉妹車販売によりホンダと2位争いを展開している。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たトヨタ・カローラ

    四輪市場には1963年のコンパーノから参入。しかし当時四輪車の技術で劣っていたため、トヨタとの提携後はパブリカをベースとしたコンソルテ、トヨタ・カローラをベースとしたシャルマンを生産するなどしている。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たトヨタ・ラッシュ

    低価格・高機能・安全性を同時実現することの難しい小型車生産の分野に特化しており、長らくトヨタから小型車・小型エンジンの開発・生産・OEM供給を委託されてきた。デュエット、パッソ、ラッシュ、ヴィッツのKRエンジンなどはその代表である。また軽自動車生産から撤退したスバルにも2009年から軽自動車・軽福祉車をOEM供給している。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

199件中 81 - 90件表示