前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • ユニオンカーバイド

    ユニオンカーバイドから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    現在、業界では世界最大手であるダウケミカルの子会社となり、製品のほとんどをダウケミカルに納入する。ユニオンカーバイド フレッシュアイペディアより)

  • ランチハンド作戦

    ランチハンド作戦から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    この作戦のためにダウ・ケミカルやモンサント社のような化学メーカーは以下の枯葉剤の生産を命じられたランチハンド作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ジップロック

    ジップロックから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ジップロック()はファスナー付きのプラスチック・バッグで食料保存袋として広く使われていて、もともとダウ・ケミカルが1968年にテスト販売して、現在はSCジョンソンが製造・販売している。日本では旭化成ホームプロダクツが販売している。ジップロック フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・バックマン

    チャールズ・バックマンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    1950年、ミシガン州ミッドランドのダウ・ケミカルで働き始めた。10年後の1960年、ゼネラル・エレクトリックに移り、 (IDS) を開発。1983年、Bachman Information Systems を創業し Computer Aided Software Engineering (CASE) 製品を開発した。チャールズ・バックマン フレッシュアイペディアより)

  • ボパール化学工場事故

    ボパール化学工場事故から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    事故の17年後の2001年、ダウ・ケミカルはUCCを買収したボパール化学工場事故 フレッシュアイペディアより)

  • シリコーン

    シリコーンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    シリコーンが初めて合成されたのは、20世紀初めにイギリスのによるグリニャール試薬の研究過程でと見られている。やがて、その優れた性質が知られるようになったものの、費用・収率などの面から実験レベルに留まっていた。1934年、コーニング社のジェームス・フランクリン・ハイドは透明シリコーン樹脂を発明し、特許(US2272342)を取得している。この発明により彼は 「シリコーンの父」“Father of Silicones”と呼ばれている。その後、応用研究がアメリカで進められ、1940年にGE社のユージーン・G・ロッチョー による直接法開発を契機として、耐熱絶縁体として軍需産業で利用が拡大した。コーニング社はシリコーンの製品化のために、ダウ・ケミカル社と合弁でダウコーニング社を1943年に設立している。シリコーン フレッシュアイペディアより)

  • 旭化成

    旭化成から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    野口遵が延岡市で世界初のカザレー式アンモニアの合成化に成功したのを機に始まり、後にアンモニアを使用した再生繊維「ベンベルグ」(一般名「キュプラ」)を発売し、その後数々の合成繊維(「レオナ」、「カシミロン」(アクリル繊維)、「ナイロン」、「レーヨン」)、うま味調味料(グルタミン酸ソーダの「旭味」、「ミタス」)、化学薬品(苛性ソーダ(イオン隔膜法で製造。旭化成独自の製法)、塩素、塩酸、硫酸、硝酸)等の製造をしていたが、第2次世界大戦後に事業を多角化して、家庭用品で1960年に発売した「サランラップ」(当初は当社とアメリカ合衆国・ダウ・ケミカルとの合弁会社「旭ダウ」が発売した。)の爆発的ヒットで、旭化成の名を一躍全国区に、さらに「サランラップ」を押し進めた形で、ダウ・ケミカルが製造販売する冷凍、冷蔵、過熱、解凍が可能な食品保存密封袋「ジップロック」の日本国における販売権をライオンから譲受し、主力商品とした。旭化成 フレッシュアイペディアより)

  • D・ケミカル

    D・ケミカルから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    D・ケミカル フレッシュアイペディアより)

  • Dケミカル

    Dケミカルから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    Dケミカル フレッシュアイペディアより)

  • ダウケミカル日本

    ダウケミカル日本から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウケミカル日本 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード