65件中 11 - 20件表示
  • ダウ化工

    ダウ化工から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ化工 フレッシュアイペディアより)

  • 1,3-ジクロロプロペン

    1,3-ジクロロプロペンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    燻蒸式農業用殺虫剤として、野菜畑などで土壌中に拡散させ、線虫の駆除に使用される。1,3-ジクロロプロペンを主成分とした製剤にはシェルが開発したD-Dやダウ・ケミカルが開発したテロンがあり、1999年の実績で原体10,998キロリットル、単剤17,734キロリットルが生産されている。日本では1950年3月10日に農薬登録を受け、1984年に1,2-ジブロモエタンに発癌性があるとして農林水産省が農薬業界に生産自粛を要請したことにより、代替品として生産が増加した。1,3-ジクロロプロペン フレッシュアイペディアより)

  • リニアポリエチレン

    リニアポリエチレンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    三井石油化学法、DuPont法、Dow法とも呼ばれる。飽和炭化水素を溶剤とし、メタロセン触媒を用いて比較的温度を上昇させた溶液内で重合する。その後、減圧環境下で溶剤や残留モノマーを分離回収して得られる。この重合法で製造されたL-LDPEは、m-L-LDPEとも呼称される。ただしこの製法では分子量分布が極めて狭くなるため、異なる分子量を生成する活性点を持つバイモーダル型メタロセン触媒を用いたり、従来のLDPEとブレンドするなどの方法により加工性の改良を施している。他に、懸濁重合であるフィリップス法がある。リニアポリエチレン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ミード・ハンツマン (シニア)

    ジョン・ミード・ハンツマン (シニア)から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ハンツマンは1982年までダウ・ケミカル社に勤務した。ハンツマンは1982年にプラスチック包装製品の製造を扱うハンツマン・コンテナ・コーポレーション社を起業し、兄ブレインと共同で経営を始めた。ハンツマン・コンテナ・コーポレーション社は間もなく会社名をハンツマン・コーポレーション社へと改称した。ハンツマン・コーポレーションは急成長を遂げ、20年後には年間数十億米ドルを売り上げる巨大企業へと発展した。ハンツマンは旧ソビエト連邦に拠点を置く企業の経営に関与した最初のアメリカ人でもあった。ジョン・ミード・ハンツマン (シニア) フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フィーザー

    ルイス・フィーザーから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    また、第二次世界大戦中にコウモリにナパームを付けた爆弾を使って日本を攻撃する計画「プロジェクト・Xレイ」があり、フィーザーはこれに参加していた。ダウ・ケミカルはフィーザーの開発した配合に基づいてコウモリ爆弾用のナパームを製造したが、コウモリの制御は困難であり、テスト中に何匹かが逃げ出して空軍基地に火災を発生させた。このような事件があったが、兵器としてナパーム弾の使用が問題とされるのはベトナム戦争後のことであった。フィーザーはナパームの開発者として責任を感じることはない、としていた。ルイス・フィーザー フレッシュアイペディアより)

  • パブリックアイ賞

    パブリックアイ賞から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカルの受賞は、1984年に起きたボパールでの惨事(ボパール化学工場事故)に対して、いかなる責任を取ることも拒絶していることに起因する。同社はその事故に責任を持つ会社を買収しているにも関わらず。パブリックアイ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 住友ダウ

    住友ダウから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    住友ダウ株式会社(すみともダウ、)は、住友化学とダウ・ケミカルの合弁事業による合成樹脂メーカー。かつてはABS樹脂の製造も行っていたが、現在はポリカーボネート樹脂専業である。住友ダウ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・シュルギン

    アレクサンダー・シュルギンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ハーバード大学の奨学生として有機化学を学ぶが中退し、海軍に入隊。その後、カルフォルニア大学バークレー校で生化学を学ぶ。1960年、ダウ・ケミカルで研究者だった頃、幻覚剤のメスカリンを飲み、その衝撃から幻覚剤の研究に身を捧げることとなった。この転換には何の余地もなかった。1966年、ダウケミカルを辞める。アレクサンダー・シュルギン フレッシュアイペディアより)

  • エピクロロヒドリン

    エピクロロヒドリンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    全世界で一年に生産されるエピクロロヒドリンは約 90.3 万トンで、そのうち半分をダウ・ケミカルが生産している。2008年度日本国内生産量は 106,943t、消費量は 9,556t である。エピクロロヒドリン フレッシュアイペディアより)

  • タマラ・ド・レンピッカ

    タマラ・ド・レンピッカから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    1962年にクフナー男爵が心臓発作で死ぬと、彼女は所持品を売り払い、船で3度の世界一周旅行をした。それからキゼットとその家族(キゼットの夫はハロルド・フォックスホールという人物で、ダウ・ケミカル社の地質学者の主任。夫婦には二人の娘がいた)の住む、テキサス州ヒューストンに移り住む。そこでしばらく経った頃、彼女は厄介で無愛想なふるまいを取り出す。キゼットはタマラの経営管理者兼秘書、さらには雑用をさせられることになり、タマラの支配と短気なふるまいに苦しめられる。一方、タマラはタマラで、「古き時代」は絵の具などの画材が粗悪だっただの、1970年代の人間は才能と「育ち」が欠如していて自分の芸術がわからないだの、不平をこぼしまくったが、全盛期の筆力と技巧を二度と取り戻すことはできなかった。1978年、タマラはメキシコのクエルナバカに移住する。年老いた世界中の仲間と少数の若い貴族に囲まれて暮らすためだった。キゼットは夫を癌で失った後、母親の元に行き、1980年3月1日、タマラが永眠するまでの3ヶ月間、付き添った。タマラの遺灰は、ジョヴァンニ・アグスタ伯爵によって、ポポカテペトル山に撒かれた。タマラ・ド・レンピッカ フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード