88件中 11 - 20件表示
  • ダウ・ケミカル日本

    ダウ・ケミカル日本から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカル日本 フレッシュアイペディアより)

  • ダウ・ケミカル・カンパニー

    ダウ・ケミカル・カンパニーから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカル・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • ダウケミカル

    ダウケミカルから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウケミカル フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー

    ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • ダウ化工

    ダウ化工から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ化工 フレッシュアイペディアより)

  • 1,3-ジクロロプロペン

    1,3-ジクロロプロペンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    燻蒸式農業用殺虫剤として、野菜畑などで土壌中に拡散させ、線虫の駆除に使用される。1,3-ジクロロプロペンを主成分とした製剤にはシェルが開発したD-Dやダウ・ケミカルが開発したテロンがあり、1999年の実績で原体10,998キロリットル、単剤17,734キロリットルが生産されている。日本では1950年3月10日に農薬登録を受け、1984年に1,2-ジブロモエタンに発癌性があるとして農林水産省が農薬業界に生産自粛を要請したことにより、代替品として生産が増加した。1,3-ジクロロプロペン フレッシュアイペディアより)

  • ダウコーニング

    ダウコーニングから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウコーニング()は、アメリカ合衆国ミシガン州ミッドランドに本社を置く化学工業メーカーである。ダウ・ケミカルとコーニングの共同出資による合弁企業で、シリコーンなどケイ素技術に特化している。ダウコーニング フレッシュアイペディアより)

  • リニアポリエチレン

    リニアポリエチレンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    三井石油化学法、DuPont法、Dow法とも呼ばれる。飽和炭化水素を溶剤とし、メタロセン触媒を用いて比較的温度を上昇させた溶液内で重合する。その後、減圧環境下で溶剤や残留モノマーを分離回収して得られる。この重合法で製造されたL-LDPEは、m-L-LDPEとも呼称される。ただしこの製法では分子量分布が極めて狭くなるため、異なる分子量を生成する活性点を持つバイモーダル型メタロセン触媒を用いたり、従来のLDPEとブレンドするなどの方法により加工性の改良を施している。他に、懸濁重合であるフィリップス法がある。リニアポリエチレン フレッシュアイペディアより)

  • 逆浸透膜

    逆浸透膜から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    2006年現在、逆浸透膜の国別シェアでは日本が世界のトップを占めているとみられ、特に日東電工とダウ・ケミカルで市場シェアの過半を占めるに至っている。1性能面で改良が進んだ上に、例えば海水淡水化用の逆浸透膜の面積あたり価格は1980年代の10分の1以下に下がっている。逆浸透膜 フレッシュアイペディアより)

  • メキサカルベート

    メキサカルベートから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    メキサカルベート(Mexacarbate)は、カルバミン酸系の農薬(殺虫剤)である。アレクサンダー・シュルギンが開発し、1961年にダウ・ケミカルよりゼクトラン(Zectran)の商標で市販された。メキサカルベート フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード