88件中 21 - 30件表示
  • ポリ塩化ビニリデン

    ポリ塩化ビニリデンから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    1933年、アメリカのダウケミカルのラルフ・ウイリーが開発し、繊維やフィルムへの加工生産を開始した。当初は第二次世界大戦の戦場で、靴のインソールや火薬類を湿気から守るフィルムなどとして使われた。戦後、包装分野への展開が図られたが、あまり普及しなかった。しかし、 サランラップに代表される包装用フィルムとして、PVCとの共重合体利用が発案され、以後用途拡大が進んだ。ポリ塩化ビニリデン フレッシュアイペディアより)

  • 国際回折データセンター

    国際回折データセンターから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    1938年にダウケミカルの研究者であったHanawaltやFrevelらは、1000件の粉末X線回折パターンをカード形式に纏めて記録、分類したデータベースを作成し、それを元に未知試料の相分析を行う方法についての論文を発表した。米国材料試験協会 (ASTM)はHanawaltらの仕事に着目し、1941年にASTMの支援の下に粉末回折法による化学分析のための合同委員会が設立され、粉末X線回折のデータベースであるPowder Diffraction File (PDF)が策定された。合同委員会の初代委員長を務めたのがペンシルバニア州立大学の教授であったため、合同委員会の本部もペンシルバニア州立大学に置かれることになった。1969年、PDFを維持管理するための専門組織として粉末回折標準のための合同委員会 (JCPDS)が設置され、合同委員会の本部もフィラデルフィア近郊のニュータウンスクエアに移された。その後、1978年に国際的な関与を明確にするために国際回折データセンターと改名された。国際回折データセンター フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の労働界

    2012年の労働界から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    10月23日 - 米の化学大手のダウ・ケミカルが約2,400人の人員削減と20工場閉鎖の計画を発表。2012年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • カナー郡 (ウェストバージニア州)

    カナー郡 (ウェストバージニア州)から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    2010年国勢調査に拠れば、郡内に民間企業が5,481社ある。郡民の89,768人が雇用されている。著名な企業としては、サウスチャールストンにあるテックパーク、同じくゲスタンプ、マルディ・グラ・カジノ、チャールストンにあるチェサピーク・エナジー、ベルにあるウォーカー・マシナリー、チャールストン地域医療センター、サウスチャールストンにあるトマス記念病院、チャールストンにあるセントフランシス病院、セントアルバンズにあるC&Oモーターズ、チャールストンにあるバート・ウルフ・フォード、同じくスミス・モーター、サウスチャールストンにあるジョー・ホランド・シボレーなどがある。化学会社も多く、ダウ・ケミカル、クリアロン・コポレーション、FMCコーポレーションは全てサウスチャールストンにあり、またベルにはデュポンもある。カナー郡 (ウェストバージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • 熱媒体

    熱媒体から見たダウケミカルダウ・ケミカル

    ビフェニルとジフェニルエーテルとの3:7混合物である。15℃から257℃までの広い範囲で液体として存在し、極めて安定なため熱交換媒体、高沸点溶媒として広く用いられる。Dowtherm Aはダウケミカル社の登録商標である。熱媒体 フレッシュアイペディアより)

  • デンドリマー

    デンドリマーから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカルのドナルド・トマリア(Donald Tomalia)は1984年、京都のSPSJ International Polymer Conferenceにて、規則的に複数段階に分岐した高分子の合成法について初めて発表した。さらに1985年には特許と論文も発表された。デンドリマーという言葉が初めて使われたのも、1985年のトマリアの論文である。トマリアの方法は、中心から外側に向かって枝を伸ばしていくというものだったので、この方法は「ダイバージェント法」と呼ばれる。デンドリマー フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フィーザー

    ルイス・フィーザーから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    また、第二次世界大戦中にコウモリにナパームを付けた爆弾を使って日本を攻撃する計画「プロジェクト・Xレイ」があり、フィーザーはこれに参加していた。ダウ・ケミカルはフィーザーの開発した配合に基づいてコウモリ爆弾用のナパームを製造したが、コウモリの制御は困難であり、テスト中に何匹かが逃げ出して空軍基地に火災を発生させた。このような事件があったが、兵器としてナパーム弾の使用が問題とされるのはベトナム戦争後のことであった。フィーザーはナパームの開発者として責任を感じることはない、としていた。ルイス・フィーザー フレッシュアイペディアより)

  • シュターデ郡

    シュターデ郡から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカル、AOS、エアバス、E.ONといった企業が住民の多くを雇用している。アルテス・ラントは観光化が進んでおり成功している。この地域には多くのレストランやホテルがある。シュターデ郡 フレッシュアイペディアより)

  • シュヴァルバッハ・アム・タウヌス

    シュヴァルバッハ・アム・タウヌスから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    世界最大の化学企業の 1つであるダウ・ケミカルは、販売・管理事務所を含むダウ・ドイチュラント GmbH & Co. OHG を北部産業地区に置いている。シュヴァルバッハ・アム・タウヌス フレッシュアイペディアより)

  • セントクレア川

    セントクレア川から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    1985年にダウ・ケミカルから排出された溢流水のために、セントクレア川の底にテトラクロロエチレン(パークロロエチレン)の大きな汚染物が発見された。現在もそこに留まり、緩り水に溶けている。セントクレア川 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード