65件中 21 - 30件表示
  • 熱媒体

    熱媒体から見たダウケミカルダウ・ケミカル

    ビフェニルとジフェニルエーテルとの3:7混合物である。15℃から257℃までの広い範囲で液体として存在し、極めて安定なため熱交換媒体、高沸点溶媒として広く用いられる。Dowtherm Aはダウケミカル社の登録商標である。熱媒体 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱化学

    三菱化学から見たダウケミカルダウ・ケミカル

    三菱化学株式会社(みつびしかがく)は、東京都千代田区に本社を置く日本の総合化学メーカー。三菱グループの一つで、三菱ケミカルホールディングスの完全子会社。他に三菱樹脂および田辺三菱製薬、三菱レイヨンを傘下に抱える三菱ケミカルホールディングスは日本最大の総合化学会社にして、ダウケミカル・BASF・デュポン・バイエルに続く世界第5位である(2010年(平成22年)3月現在)。三菱化学 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・オラー

    ジョージ・オラーから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    1927年、ハンガリーのブダペストに生まれる。出生時の名はオラー・ジェルジ (Oláh György)。ブダペスト工業大学に学ぶ。1956年のハンガリー動乱で家族とともにイギリス、さらにカナダへ逃亡。ダウケミカル社に8年間勤務し、ここでカルボカチオン化学の研究をスタートした。1965年にアカデミアに戻りケースウェスタンリザーブ大学へ、さらに1977年には南カリフォルニア大学へ移動した。現在同大学名誉教授、ローカー炭化水素研究所所長。ジョージ・オラー フレッシュアイペディアより)

  • ブラスケム

    ブラスケムから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ブラスケム()は、ブラジル・サンパウロに本社を置く石油化学事業を営む会社である。2008年には、ラテンアメリカで最大、南北アメリカ大陸においてもエクソン・モービル、ダウ・ケミカルに次ぐ第3位の事業規模にまで成長した。ブラスケム フレッシュアイペディアより)

  • PSジャパン

    PSジャパンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    1957年 - 旭化成はダウ・ケミカルの技術協力により、三菱グループはモンサント社の技術協力により、それぞれポリスチレン樹脂の製造開始。PSジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 枯葉剤

    枯葉剤から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ベトナム戦争中に米軍と南ベトナム軍によって撒かれた枯葉剤は軍の委託によりダイヤモンドシャムロック、ダウ、ハーキュリーズ、モンサント社などにより製造された。用いられた枯れ葉剤には数種類あり、それぞれの容器に付けられる縞の色から虹枯れ葉剤(w:rainbow herbicides)と呼ばれ、オレンジ剤(Agent Orange)、ホワイト剤、ブルー剤などがあった。枯葉剤 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の労働界

    2012年の労働界から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    10月23日 - 米の化学大手のダウ・ケミカルが約2,400人の人員削減と20工場閉鎖の計画を発表。2012年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • ヘリテージ財団

    ヘリテージ財団から見たダウケミカルダウ・ケミカル

    ヘリテージはチェース・マンハッタン銀行、ダウケミカル、フォード、ゼネラルモーターズ、モービル、P&G、グラクソ・スミスクラインなど100近くの大企業からも継続的な長期の寄付を受けている。1ヘリテージ財団 フレッシュアイペディアより)

  • ダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカルから見たダウ・ケミカル日本ダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカル日本 株式会社 - 同社(以下、米国本社)の日本法人。但し、当社は事業会社(米国本社関連商品の輸入販売が主体)であり、日本の合弁事業については同社を通して出資することはまずない。ダウ・ケミカル フレッシュアイペディアより)

  • ダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカルから見たダウ化工ダウ・ケミカル

    ダウ化工 株式会社 - 住友化学との共同出資。米国本社独自の技術が採用されている建築資材・スタイロシリーズの製造・販売会社。ダウ・ケミカル フレッシュアイペディアより)

65件中 21 - 30件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード