88件中 31 - 40件表示
  • ブラスケム

    ブラスケムから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ブラスケム()は、ブラジル・サンパウロに本社を置く石油化学事業を営む会社である。2008年には、ラテンアメリカで最大、南北アメリカ大陸においてもエクソン・モービル、ダウ・ケミカルに次ぐ第3位の事業規模にまで成長した。ブラスケム フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・シュルギン

    アレクサンダー・シュルギンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ハーバード大学の奨学生として有機化学を学ぶが中退し、海軍に入隊。その後、カルフォルニア大学バークレー校で生化学を学ぶ。1960年、ダウ・ケミカルで研究者だった頃、幻覚剤のメスカリンを飲み、その衝撃から幻覚剤の研究に身を捧げることとなった。この転換には何の余地もなかった。1966年、ダウケミカルを辞める。1981年、心理療法家のローラ・アン・ゴットリーブと結婚。アレクサンダー・シュルギン フレッシュアイペディアより)

  • NUC (企業)

    NUC (企業)から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ポリエチレンやエラストマーなどを製造する化学メーカーで、かつては東燃化学(東燃ゼネラル石油グループ)が50%、ユニオンカーバイド(ダウ・ケミカル100%子会社)も50%と対等出資による合弁企業であったが、2013年7月に東燃ゼネラル石油グループの完全子会社となり、2014年1月に日本ユニカー株式会社から現社名に変更した。NUC (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 住化ポリカーボネート

    住化ポリカーボネートから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    1988年 - 住友化学とダウ・ケミカルのポリカーボネート樹脂の合弁が決定、ダウ・ケミカルが住友ノーガタックに35%出資。住化ポリカーボネート フレッシュアイペディアより)

  • ヘリテージ財団

    ヘリテージ財団から見たダウケミカルダウ・ケミカル

    ヘリテージはチェース・マンハッタン銀行、ダウケミカル、フォード、ゼネラルモーターズ、モービル、P&G、グラクソ・スミスクラインなど100近くの大企業からも継続的な長期の寄付を受けている。1ヘリテージ財団 フレッシュアイペディアより)

  • ニューアーク (オハイオ州)

    ニューアーク (オハイオ州)から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    また、トレドに本社を置くオーウェンズ・コーニングが同社の主力グラスウール製品であるFiberglasを製造する工場も、1938年からニューアークで操業している。このほか、カイザー・アルミニウム、ダウ・ケミカル、ゼネラル・エレクトリック、バイエル 、ディボールド、ボーイングといった企業もニューアークに重要な生産拠点を置いており、ニューアークは郊外都市でありながら、工業都市としての側面も持っている。加えて、ステートファーム保険もニューアークに地域拠点を置いている。ニューアーク (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • フッ化スルフリル

    フッ化スルフリルから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカルにより開発され、オゾン層を破壊する懸念のある臭化メチルに代わる燻蒸剤としてシロアリやキクイムシ、トコジラミなどの駆除に用いられる。住宅の燻蒸には、建物全体を丈夫なテントで覆って密閉し、短い場合で16~18時間、最長で72時間、テント内部をフッ化スルフリルで充満させたのち6時間換気する。燻蒸開始から換気が済むまでは人が立ち入ることはできないが、フッ化スルフリルは無色・無臭であるため、燻蒸開始時には確実に人が退去したか確認するため、刺激性のあるクロルピクリンをテント内に放出する。フッ化スルフリル フレッシュアイペディアより)

  • フィルム

    フィルムから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    アメリカのダウケミカル社が開発したポリ塩化ビニリデン(PVDC)樹脂(商標名「サラン」樹脂)は、防湿性とガスバリア性の両方に優れる他にない特性を持ち、フィルムのコーティング材料としても多用される。またフィルム同士の密着性が高いため、単層で家庭用やパレット梱包用ラップフィルムになど使用される。フィルム フレッシュアイペディアより)

  • サウスチャールストン (ウェストバージニア州)

    サウスチャールストン (ウェストバージニア州)から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    サウスチャールストンには公立小学校6校がある。すなわち、モントローズ、ルスローン、リッチモンド、アラムクリーク、ブリッジビュー、ウィーバーウッドの各小学校である。主要な中学校は3番アベニューにあるサウスチャールストン中学校である。6年生から8年生を教えている。サウスチャールストン高校はカノー郡にある高校8校の1つである。イーグルウェイにあり、9年生から12年生を教えている。高等教育機関としてはブリッジバレー・コミュニティ・工業カレッジのサウスチャールストン・キャンパスが元のダウ・ケミカル研究施設を使っている。マーシャル大学サウスチャールストン・キャンパスはマーシャル大学の大学院である。サウスチャールストン (ウェストバージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ウィンデッカー イーグル

    ウィンデッカー イーグルから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    テキサス州で歯科医を開業していたリオ・ウィンデッカーとその妻フェアファックス・ウィンデッカーは、1956年にセスナ 172に搭乗した際乱気流に巻き込まれた経験から、同年よりダウ・ケミカルと共同でグラスファイバーを航空機の素材として研究していた。1959年にはダウ・ケミカルから航空機開発のためのバックアップを得た。ウィンデッカーは1960年に自身の歯科医院を廃業し航空機開発に専念、1961年にはの主翼を樹脂製のものと交換した機体が閉鎖中ので飛行に成功し、計画は前進した。ウィンデッカー イーグル フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード