65件中 31 - 40件表示
  • フィルム

    フィルムから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    アメリカのダウケミカル社が開発したポリ塩化ビニリデン(PVDC)樹脂(商標名「サラン」樹脂)は、防湿性とガスバリア性の両方に優れる他にない特性を持ち、フィルムのコーティング材料としても多用される。またフィルム同士の密着性が高いため、単層で家庭用やパレット梱包用ラップフィルムになど使用される。フィルム フレッシュアイペディアより)

  • 逆浸透膜

    逆浸透膜から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    2006年現在、逆浸透膜の国別シェアでは日本が世界のトップを占めているとみられ、特に日東電工とダウ・ケミカルで市場シェアの過半を占めるに至っている。1性能面で改良が進んだ上に、例えば海水淡水化用の逆浸透膜の面積あたり価格は1980年代の10分の1以下に下がっている。逆浸透膜 フレッシュアイペディアより)

  • シュターデ郡

    シュターデ郡から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカル、AOS、エアバス、E.ONといった企業が住民の多くを雇用している。アルテス・ラントは観光化が進んでおり成功している。この地域には多くのレストランやホテルがある。シュターデ郡 フレッシュアイペディアより)

  • 発泡プラスチック

    発泡プラスチックから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    PSフォームと比較し、吸水性が低く低温での脆性破壊が起きにくく、切削など二次加工が容易であり、また可撓性を持ちながら圧縮強度に優れるポリエチレンフォーム(PEフォーム)は、1958年にアメリカのダウ・ケミカルが高発泡の無架橋押出製造技術を確立、窒素含浸発泡は1960年にイギリスのExpanded Rubberが、発泡剤を用いる製法は1962年に日本の古河電工が開発した。以後、数多いメーカーによってPEフォームの製造方法やプロセス開発が進められた。発泡プラスチック フレッシュアイペディアより)

  • デンドリマー

    デンドリマーから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカルのドナルド・トマリア(Donald Tomalia)は1984年、京都のSPSJ International Polymer Conferenceにて、規則的に複数段階に分岐した高分子の合成法について初めて発表した。さらに1985年には特許と論文も発表された。デンドリマーという言葉が初めて使われたのも、1985年のトマリアの論文である。トマリアの方法は、中心から外側に向かって枝を伸ばしていくというものだったので、この方法は「ダイバージェント法」と呼ばれる。デンドリマー フレッシュアイペディアより)

  • ウィスコンシン大学

    ウィスコンシン大学から見たダウケミカルダウ・ケミカル

    ベトナム戦争中のダウケミカルの学内リクルートに端を発した反戦運動が、全米に拡大し、ベトナム戦争の終結を早めたといわれる。ウィスコンシン大学 フレッシュアイペディアより)

  • テルネーゼン

    テルネーゼンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    歴史上の初出は1325年。現在のベルギーのヘントに至る運河上の戦略的要衝で、ヘント=テルネーゼン運河は現在も重要な海上交通路である。テルネーゼン港はロッテルダムとアムステルダムに次ぐ国内第三の港で、運河の西岸にはアメリカ合衆国国外で最大のダウ・ケミカルの工場が置かれている。テルネーゼン フレッシュアイペディアより)

  • サランラップ

    サランラップから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    サランとサランラップは多くの国ではダウケミカル(アメリカ合衆国)の登録商標だが、日本では同社と旭化成ケミカルズが共有する登録商標(第706999号ほか全5件)となっている。サランラップ フレッシュアイペディアより)

  • 日本ユニカー

    日本ユニカーから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    ポリエチレンやエラストマーなどを製造する化学メーカーで、東燃化学(東燃ゼネラル石油グループ)が50%、ユニオンカーバイド(ダウケミカル100%子会社)も50%と対等出資による合弁企業。日本ユニカー フレッシュアイペディアより)

  • 発泡スチロール

    発泡スチロールから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    スタイロフォーム、スチロフォーム (STYROFOAM)、スティロフォウム は、ダウケミカルによる、XPSの登録商標である。発泡スチロール フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード