65件中 41 - 50件表示
  • 東燃ゼネラル石油

    東燃ゼネラル石油から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    2013年(平成25年)1月31日 - ダウ・ケミカル社の100%子会社であるユニオンカーバイド社と東燃ゼネラル石油社がそれぞれ50%ずつ出資していた日本ユニカー社の株式全前持分取得し合弁関係を解消することを発表した。関係当局の許可が下り次第、2013年第3四半期を目途に、東燃ゼネラル石油グループ全額出資子会社となる予定。東燃ゼネラル石油 フレッシュアイペディアより)

  • 長瀬産業

    長瀬産業から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    かつてはイーストマン・コダックの日本総代理店としても知られる一方、その他にもダウ・ケミカル、ゼネラル・エレクトリックなどの企業とも結びつきが深いことで知られる。また創業から今日まで、創業者一族による企業経営がなされている。長瀬産業 フレッシュアイペディアより)

  • ポリ塩化ビニリデン

    ポリ塩化ビニリデンから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    1933年、アメリカのダウケミカルのラルフ・ウイリーが開発し、繊維やフィルムへの加工生産を開始した。当初は第二次世界大戦の戦場で、靴のインソールや火薬類を湿気から守るフィルムなどとして使われた。戦後、包装分野への展開が図られたが、あまり普及しなかった。しかし、 サランラップに代表される包装用フィルムとして、PVCとの共重合体利用が発案され、以後用途拡大が進んだ。ポリ塩化ビニリデン フレッシュアイペディアより)

  • ランチハンド作戦

    ランチハンド作戦から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    この作戦のためにダウ・ケミカルやモンサント社のような化学メーカーは以下の枯葉剤の生産を命じられたランチハンド作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 食品用ラップフィルム

    食品用ラップフィルムから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    アメリカ合衆国や日本ではサランラップの名でも知られるが、登録商標である(アメリカ合衆国ではダウケミカル、日本では旭化成グループが製造販売)。食品用ラップフィルム フレッシュアイペディアより)

  • アメリカニゼーション

    アメリカニゼーションから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    コカ・コーラ(食品)を筆頭に、マイクロソフト(IT)、カーギル(商社)、モンサント(農業・バイオ)、マクドナルド(外食)、ウォルマート、コストコ(小売)、IBM(IT)、ダウ・ケミカル(化学)、GEことゼネラル・エレクトリック(重工業)、エクソンモービル(石油)、ベクテル(建設)、ウォルト・ディズニー・カンパニー(メディア)というように、全世界で影響力を誇示する「巨人企業」と、その製品を経済の特徴とする。アメリカニゼーション フレッシュアイペディアより)

  • 選手強化キャンペーン

    選手強化キャンペーンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカル(ダウ・ケミカル日本)選手強化キャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ケミカルホールディングス

    三菱ケミカルホールディングスから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    三菱グループの化学系メーカーである三菱化学と、その子会社で医薬品メーカーの三菱ウェルファーマ(当時)の共同持ち株会社として、株式移転により2005年(平成17年)10月3日設立。コーポレートスローガンは「Good Chemistry for Tomorrow」。日本最大の総合化学企業にして、ダウケミカル・BASF・デュポン・バイエルに続く世界第5位である(2009年3月現在)。三菱ケミカルホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    1978年、ダウ・ケミカル社の化学者だったアレクサンダー・シュルギン (Alexander Shulgin) らによる著作『幻覚剤の薬学』が出版され、レクリエーション・ドラッグとして爆発的な拡大が始まった。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • 放射線ホルミシス

    放射線ホルミシスから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    2005年に国際ホルミシス学会(International Dose-Response Society)が発足され、学術雑誌としてDose Response誌を発行している。Dose Response誌の2011年現在の編集長は、マサチューセッツ大学のホルミシス研究者、エドワード・キャラブレス(Edward J. Calabrese)とバーバラ・キャラハン(Barbara G. Callahan)がつとめる。編集委員には規制当局側のEPAやFDAの他に、ダウ・ケミカルやR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニー、シンジェンタ(Syngenta Central Toxicology Laboratory)などの企業からも受け入れている。共同編集者にはモンサント社や米国エネルギー省、放射線ホルミシス フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード