65件中 51 - 60件表示
  • LSD (薬物)

    LSD (薬物)から見たザ・ダウ・ケミカル・カンパニーダウ・ケミカル

    これに加え1960年代に入ると、1965年より始まったベトナム戦争に対しての反戦運動(テト攻勢中に起こった、南ベトナム警察庁長官グエン・ゴク・ロアンが報復のために路上で南ベトナム民族解放戦線の兵士を射殺した事件やソンミ村虐殺事件が報じられるとさらに強まることになった)やベトナム戦争が長期化したことによって起こったインフレによってさらに生活の苦しくなった貧困層からの生活改善や就職先を求める運動、そしてレイチェル・ルイーズ・カーソンが1962年に「沈黙の春」を刊行して先陣を切った環境保護運動(敵味方や兵士民間人関係なく甚大な被害をもたらした枯葉剤を製造したモンサントやザ・ダウ・ケミカル・カンパニーに対する抗議や訴訟等、これもベトナム戦争とは全くの無関係ではなかった)等、様々な市民運動が展開された。LSD (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    現在、TOPには上記の4社の他コカ・コーラ、マクドナルド、オメガ、P&G、ダウ・ケミカルなどが名を連ねている。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • フッ化スルフリル

    フッ化スルフリルから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ダウ・ケミカルにより開発され、オゾン層を破壊する懸念のある臭化メチルに代わる燻蒸剤としてシロアリやキクイムシ、トコジラミなどの駆除に用いられる。住宅の燻蒸には、建物全体を丈夫なテントで覆って密閉し、短い場合で16~18時間、最長で72時間、テント内部をフッ化スルフリルで充満させたのち6時間換気する。燻蒸開始から換気が済むまでは人が立ち入ることはできないが、フッ化スルフリルは無色・無臭であるため、燻蒸開始時には確実に人が退去したか確認するため、刺激性のあるクロルピクリンをテント内に放出する。フッ化スルフリル フレッシュアイペディアより)

  • サザン・パシフィック鉄道

    サザン・パシフィック鉄道から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    1976年 - 1975年のダウ・ケミカル製品の取り扱いに対して、同社から初めての年間鉄道安全達成賞を受賞する。サザン・パシフィック鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 臭素

    臭素から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    20世紀初頭、ドイツでは海水から臭素を得ていた。プールに導き入れた海水を塩素で酸化して、わずかに生じる臭素をアニリンと反応させて得られる2,4,6-トリブロモフェノール(フェノールに臭素原子が3つ置換したもの)の沈殿を分解して臭素単体を得ていた。当時の価格は同質量の金より高価であったという。アメリカ合衆国においては、ダウ・ケミカル創業者のハーバート・ダウが開発した電気分解法を鹹水鉱床に用いることで、臭素生産が始まった。後に海水にもダウの手法が適用された。臭素 フレッシュアイペディアより)

  • トリクロロエチレン

    トリクロロエチレンから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    金属のグリース落としとしては有用であることが示されているが、金属の存在下では長時間安定ではない。製造工業界では既に1961年にはこの特徴は明らかに認識されており、市販のトリクロロエチレンには添加剤が加えられていた。高温では不安定性がさらに増すため、還流冷却管を使用して沸点まで加熱し、分解を観測することによる安定剤の研究が行われた。最初に広く使われた安定剤はジオキサンであったが、その利用法に関してダウケミカルが特許を取得し独占してしまった。他の安定剤を求め、1960年代に大規模な研究が行われた。効果を発揮することがわかった主な化合物はメチルエチルケトンなどのケトン類であった。この種のケトンに関して、カンザス州ウィチタのフロンティアケミカル (Frontier Chemical Company) が加熱還流による研究を広く行った。トリクロロエチレン フレッシュアイペディアより)

  • 塩酸

    塩酸から見たダウケミカルダウ・ケミカル

    主要な製造企業はダウケミカル社(塩化水素ガスとして2メガトン/年)、フォルモサプラスティック(台湾プラスティック)社、ジョージア・ガルフ社、東ソー、アクゾノーベル社、テッセンデルロ社(それぞれ0.5から1.5メガトン/年)である。全世界での製造量は(比較のため)塩化水素としておよそ20メガトン/年で、うち3メガトン/年が直接合成によるものである。大部分は製造者によってそのまま使用される。全世界での流通量はおよそ5メガトン/年である。塩酸 フレッシュアイペディアより)

  • 北広島市

    北広島市から見たダウ化工ダウ・ケミカル

    ダウ化工 札幌工場(2008年(平成20年)9月30日閉鎖→2012年夏再稼動予定)北広島市 フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見たダウケミカルダウ・ケミカル

    日本ユニカー - 上記に同じく化学メーカー。主要株主は上記の東燃化学とユニオンカーバイド(米国のカーバイドメーカー、ダウケミカル傘下)の両社の対象出資。元は日東化学工業(現在の三菱レイヨンの化学・化学品部門の一部)との合弁で設立したユニオンカーバイドの日本法人。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • ミシガン州

    ミシガン州から見たダウケミカルダウ・ケミカル

    ミッドランド - サギノーの北西。ダウ・ケミカル・カンパニーが本部を置く。ミシガン州 フレッシュアイペディアより)

65件中 51 - 60件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード