88件中 51 - 60件表示
  • ダンベリー (コネチカット州)

    ダンベリー (コネチカット州)から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ユニオンカーバイド、1983年にダンベリーに本社を置いた。20年以上そのままだったが、その後ダウ・ケミカルと合併したダンベリー (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • 放射線ホルミシス

    放射線ホルミシスから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    2005年に国際ホルミシス学会(International Dose-Response Society)が発足され、学術雑誌としてDose Response誌を発行している。Dose Response誌の2011年現在の編集長は、マサチューセッツ大学のホルミシス研究者、エドワード・キャラブレス(Edward J. Calabrese)とバーバラ・キャラハン(Barbara G. Callahan)が勤める。編集委員には規制当局側のEPAやFDAの他に、ダウ・ケミカルやR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニー、シンジェンタ(Syngenta Central Toxicology Laboratory)などの企業からも受け入れている。共同編集者にはモンサント社や米国エネルギー省、アメリカ空軍などのメンバーも含む。編集長のキャラブレスは、化学物質に対して、高用量で有害な影響を持つものでも、低用量では有益な影響を有するホルミシス効果があるとして、低用量で有益なら厳しい規制の必要性はなく、健康基準に関しても緩和すべきだとの主張を行っているため批判もある。キャラブレスの研究は、国防省から研究資金を受けているとの指摘もある。放射線ホルミシス フレッシュアイペディアより)

  • アルケマ

    アルケマから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    2004年10月、フランスに本拠を置く石油メジャーのトタルの化学品部門が分離する形で設立された。2006年5月にユーロネクスト・パリに上場、2007年10月、レオロジーコントロール剤の世界的メーカーであるを買収し子会社化、2010年1月、アメリカのダウ・ケミカルから、アクリルモノマー・エマルション事業を買収した。アルケマ フレッシュアイペディアより)

  • エピクロロヒドリン

    エピクロロヒドリンから見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    全世界で一年に生産されるエピクロロヒドリンは約 90.3 万トンで、そのうち半分をダウ・ケミカルが生産している。2008年度日本国内生産量は 106,943t、消費量は 9,556t である。エピクロロヒドリン フレッシュアイペディアより)

  • ウィスコンシン大学

    ウィスコンシン大学から見たダウケミカルダウ・ケミカル

    ベトナム戦争中のダウケミカルの学内リクルートに端を発した反戦運動が、全米に拡大し、ベトナム戦争の終結を早めたといわれる。ウィスコンシン大学 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ8300形貨車

    国鉄タキ8300形貨車から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    落成時の所有者は、野村貿易、ダウ・ケミカル・インターナショナル・リミテッド(その後社名は「旭ダウ」、「旭化成工業」と変遷を重ねた)の2社であった。国鉄タキ8300形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • ミッドランド (ミシガン州)

    ミッドランド (ミシガン州)から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーは1897年にミッドランドで設立され、その世界本社が今も残っている。ダウ・ケミカルが日本の愛知県半田市に工場を開設したことを通じて、ミッドランド市と半田市は姉妹都市関係を結んでいる。ダウコーニング・コーポレーションとケミカル銀行もミッドランドに本社を置いている。ミッドランド (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

  • 東燃ゼネラル石油

    東燃ゼネラル石油から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    1月31日 - ダウ・ケミカル社の100%子会社であるユニオンカーバイド社と東燃ゼネラル石油社がそれぞれ50%ずつ出資していた日本ユニカー社(現・株式会社NUC)の株式全持分を取得し合弁関係を解消することを発表。東燃ゼネラル石油 フレッシュアイペディアより)

  • 林信秀

    林信秀から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ニューヨークと香港に合計10年以上駐在するなど国際派で知られ、英蘭系の日用品大手ユニリーバや、化学大手の米ダウ・ケミカルのトップとも対等に渡り合ってきた人脈を誇る。その一方で国内リテール業務には必ずしも精通しているとはみなされてはおらず、手腕は未知数だとも報じられている。林信秀 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ミード・ハンツマン (シニア)

    ジョン・ミード・ハンツマン (シニア)から見たダウ・ケミカルダウ・ケミカル

    ハンツマンは1982年までダウ・ケミカル社に勤務した。ハンツマンは1982年にプラスチック包装製品の製造を扱うハンツマン・コンテナ・コーポレーション社を起業し、兄ブレインと共同で経営を始めた。ハンツマン・コンテナ・コーポレーション社は間もなく会社名をハンツマン・コーポレーション社へと改称した。ハンツマン・コーポレーションは急成長を遂げ、20年後には年間数十億米ドルを売り上げる巨大企業へと発展した。ハンツマンは旧ソビエト連邦に拠点を置く企業の経営に関与した最初のアメリカ人でもあった。ジョン・ミード・ハンツマン (シニア) フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示

「ダウ・ケミカル」のニューストピックワード