2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
109件中 101 - 109件表示
  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見たダウンタウンDX

    土田晃之が「ダウンタウンDX」出演時に、「この3人はそれぞれが面白いエピソードをたくさん持っている。だけどトーク番組などで、この3人から面白いエピソードをあまり聞かない。その理由は、3人が全員、そのエピソードを話す話術を持っていないから。つまりダチョウ倶楽部という人たちは、話術を持っていない3人が集まったグループである。」と評したことがある。当人たちにもその意識があるようで、上島が「アメトーーク」(芸人ドラフト会議)に出演した際に、「(トークについては)俺もリーダーも土田に生かされている」とコメントしている。また、土田は「ダチョウ倶楽部ってのは、変わり者1人(寺門)にバカ2人(肥後&上島)のグループ」と評している一方、雑誌のインタビューで「上島、肥後が僕らの位置まで下りてきてくれて、何でも言いやすいような空気を作ってくれたから。そこが、あの人たちの唯一いいところで偉大なところ」とも評している。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た野戦築城

    「織田信長」(高橋英樹主演)への客演時にも、出演シーン(長篠の戦いに際し野戦築城の材を担いで行軍する場面)での台詞に反映されている。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見たハッピーターン

    これには続きがあり、上島が熱湯風呂に突き落とされ溺れ助け出された後、仰向けにされ、心臓マッサージの要領でおなかをさすられると、噴水のように水を口から出す。そして目を覚ました後不意に立ち上がり、カメラに向かって一言ネタでオチをつける。なぜか「ハッピーターン」が使われやすい。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た心肺蘇生法

    これには続きがあり、上島が熱湯風呂に突き落とされ溺れ助け出された後、仰向けにされ、心臓マッサージの要領でおなかをさすられると、噴水のように水を口から出す。そして目を覚ました後不意に立ち上がり、カメラに向かって一言ネタでオチをつける。なぜか「ハッピーターン」が使われやすい。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見たクイズ悪魔のささやき

    1993年10月からは初めてゴールデンタイムで『王道バラエティ つかみはOK!』のメイン司会を担当するが、視聴者から抗議が殺到し(特に上島のドリカム・吉田美和のモノマネは大顰蹙を買った)、視聴率も苦戦した事から半年で打ち切られる(次番組は『クイズ悪魔のささやき』)。以後テレビではメインではなくサブとしての出演が中心となる。なお、台湾で『つかみはOK!』を放送していた頃、彼らをパクった「アヒル倶楽部」なる細身2人にデブ1人という男性3人組お笑いグループがいた。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見たアメーバブログ

    ダチョウ倶楽部 オフィシャルブログ 「みんな仲良くわきあいあい!」 Powered by Ameba(2007年12月24日 - )ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見たバンジージャンプ

    逆さバンジージャンプなどのスタントをやる人を決める際、ナインティナイン・石塚英彦らとともにこのギャグを演じる。当時はいわば「ナイナイナ」限定のギャグだったが、「ナイナイナ」終了後は他の芸人とも一緒にやるようになった。また上島の代表的な芸として認知されているため、上島しかいない場合でも他の芸人やタレントから彼に対して振られることもしばしばある。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た長篠の戦い

    「織田信長」(高橋英樹主演)への客演時にも、出演シーン(長篠の戦いに際し野戦築城の材を担いで行軍する場面)での台詞に反映されている。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見たお笑い第三世代

    南部脱退後、事務所の指示で(戸籍上は)最年少ながら一番背の高い肥後がリーダーとなった(実際の最年少は寺門、詳細は当該項を参照)。フロントマン兼リーダーの南部脱退により、当時太田プロに在籍していた芸人の間では南部なしのダチョウ倶楽部の行く先が危ぶまれたという。その後ショーパブ、ライブなど経て、お笑い第三世代ブームでブレイクするが、ネタ番組では一本ネタはさせてもらえず、ショートコントばかりという扱いだった。「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(以下、「お笑いウルトラクイズ」と略す)にて後述するような独特な芸風(リアクション芸)を生かし再ブレイクする。かつてネタでは上島がツッコミ役だったが、笑福亭笑瓶の助言により、上島がボケ役に回った。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
109件中 101 - 109件表示

「ダチョウ倶楽部」のニューストピックワード