109件中 11 - 20件表示
  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見たホンジャマカホンジャマカ

    出演:ダチョウ倶楽部、シティボーイズ、ホンジャマカ、大川興業 、星セント・ルイス、チャーリーカンパニー、中田ダイマル・ラケット、正司敏江・玲児、コント松竹梅、モロ師岡、かしまし娘ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た忌野清志郎

    作詞:秋元康 作曲:忌野清志郎 編曲:藤原いくろうダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見たナインティナイン

    逆さバンジージャンプなどのスタントをやる人を決める際、ナインティナイン・石塚英彦らとともにこのギャグを演じる。当時はいわば「ナイナイナ」限定のギャグだったが、「ナイナイナ」終了後は他の芸人とも一緒にやるようになった。また上島の代表的な芸として認知されているため、上島しかいない場合でも他の芸人やタレントから彼に対して振られることもしばしばある。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た土田晃之土田 晃之

    土田晃之が「ダウンタウンDX」出演時に、「この3人はそれぞれが面白いエピソードをたくさん持っている。だけどトーク番組などで、この3人から面白いエピソードをあまり聞かない。その理由は、3人が全員、そのエピソードを話す話術を持っていないから。つまりダチョウ倶楽部という人たちは、話術を持っていない3人が集まったグループである。」と評したことがある。当人たちにもその意識があるようで、上島が「アメトーーク」(芸人ドラフト会議)に出演した際に、「(トークについては)俺もリーダーも土田に生かされている」とコメントしている。また、土田は「ダチョウ倶楽部ってのは、変わり者1人(寺門)にバカ2人(肥後&上島)のグループ」と評している一方、雑誌のインタビューで「上島、肥後が僕らの位置まで下りてきてくれて、何でも言いやすいような空気を作ってくれたから。そこが、あの人たちの唯一いいところで偉大なところ」とも評している。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た吉田美和

    1993年10月からは初めてゴールデンタイムで『王道バラエティ つかみはOK!』のメイン司会を担当するが、視聴者から抗議が殺到し(特に上島のドリカム・吉田美和のモノマネは大顰蹙を買った)、視聴率も苦戦した事から半年で打ち切られる(次番組は『クイズ悪魔のささやき』)。以後テレビではメインではなくサブとしての出演が中心となる。なお、台湾で『つかみはOK!』を放送していた頃、彼らをパクった「アヒル倶楽部」なる細身2人にデブ1人という男性3人組お笑いグループがいた。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た有吉弘行有吉 弘行

    最近では、ダチョウが下記のギャグをやろうとする流れになると、他のタレントによって「例の“キス”だろ?」などと言われて成立しなくなる(そこで笑いになる)パターンも出てきている(とくに有吉弘行などが使う)。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見たDREAMS COME TRUE

    1993年10月からは初めてゴールデンタイムで『王道バラエティ つかみはOK!』のメイン司会を担当するが、視聴者から抗議が殺到し(特に上島のドリカム・吉田美和のモノマネは大顰蹙を買った)、視聴率も苦戦した事から半年で打ち切られる(次番組は『クイズ悪魔のささやき』)。以後テレビではメインではなくサブとしての出演が中心となる。なお、台湾で『つかみはOK!』を放送していた頃、彼らをパクった「アヒル倶楽部」なる細身2人にデブ1人という男性3人組お笑いグループがいた。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た正司敏江・玲児

    出演:ダチョウ倶楽部、シティボーイズ、ホンジャマカ、大川興業 、星セント・ルイス、チャーリーカンパニー、中田ダイマル・ラケット、正司敏江・玲児、コント松竹梅、モロ師岡、かしまし娘ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た渡辺正行渡辺 正行

    肥後は商業デザイナーから転身してコメディアンの杉兵助に弟子入りし、渋谷道頓堀劇場でお笑い芸人として活動しており、寺門と上島は劇団テアトル・エコー附属養成所に所属する役者志望だった。彼らが知り合ったのはテアトル・エコーの先輩・渡辺正行の紹介である。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部から見た出川哲朗出川 哲朗

    出川哲朗らと並んで、俗に言う「リアクション芸人」の代表格である。「ヤー!!」、「ムッシュムラムラ」など同じ言葉を連呼するギャグ、ものまねなどを得意とする。ダチョウ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

109件中 11 - 20件表示

「ダチョウ倶楽部」のニューストピックワード

  • レギュラー化期待

  • これが実話だということに衝撃を受けた。何てひどい話なのだろうというのが第一印象。

  • 本当にあった女の人生ドラマ