前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 2002年全豪オープン

    2002年全豪オープンから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    マルチナ・ヒンギス / アンナ・クルニコワ def. アランチャ・サンチェス・ビカリオ / ダニエラ・ハンチュコバ, 6?2, 6?7, 6?12002年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2008年全豪オープンで、ラドワンスカは第29シードから初のベスト8に進出し、準々決勝で第9シードのダニエラ・ハンチュコバに 2-6, 2-6 で敗れた。この大会ではマルタ・ドマホフスカも4回戦まで進み、ポーランドの女子選手が2人ベスト16に勝ち残る快挙を見せた。ウィンブルドンでは、2回戦でラドワンスカとドマホフスカの“ポーランド対決”を実現させた後、4回戦でスベトラーナ・クズネツォワに 6-4, 1-6, 7-5 で競り勝ち、この大会でも初のベスト8入りを決めた。ポーランド女性によるウィンブルドン8強進出は、1939年のヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ以来「69年ぶり」の快挙となる。準々決勝では第6シードのセリーナ・ウィリアムズに 4-6, 0-6 で敗れた。S・ウィリアムズは2回戦で、4大大会本戦に初出場した妹のウルシュラに 6-4, 6-4 で勝っていたため、同一大会でラドワンスカ姉妹を連破したことになる。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・ロブソン

    ローラ・ロブソンから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ロイヤル・ダッチ・シェルの幹部を務める父アンドリューと、元プロバスケットボール選手でスポーツ監督の母キャシー の間に、2人兄妹の長女としてオーストラリアのメルボルンで生まれる。ローラが1歳半の頃、家族はシンガポールに移住。ローラが6歳になると今度はイギリスに移住し、後に同国に帰化。ロンドン・ウィンブルドン地区のオールイングランド・クラブから徒歩5分足らずの場所に居を構えた。母キャシーは、この頃には既にいつもラケットを手放さずテニスを楽しんでいた娘に才能の片鱗を感じ取っていたという。7歳になるとサリー州にあるジュニア・テニスアカデミーに入学。10歳で世界的なスポーツマネジメント会社の一つとして知られるオクタゴン・ワールドワイドと専属マネジメント契約を結び、11歳でアディダスと契約。この時点で既にウイルソンとのラケット使用契約を交わし、2009年3月には同社と全面的な用具使用契約を締結している。イギリスのテニス協会であるから派遣された協会の代表カール・メイズら複数のコーチの指導を受けた後、2007年に現在のコーチであるオランダ人のマタイン・ボークと指導契約を結んだ。ボークはロブソンのテニスを初めて見た当時を振り返り、「試合中に感情の制御が効かなかったり、また幾つかの欠点もあったが、それ以上に彼女に多くの可能性を感じた」と語っている。この年からロブソンは協会が新設したナショナルトレーニングセンターでメイズ、ボーク、協会女子テニス部門責任者のナイジェル・シアーズ(アマンダ・クッツァー、ダニエラ・ハンチュコバ、バルバラ・シェットらのコーチを歴任してきた人物)の下で訓練を受けるようになり、テニスに専念するため学校には通わずホームスクーリングで学業を行うようになる。ローラ・ロブソン フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチェコバ

    ダニエラ・ハンチェコバから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチェコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンツコーバ

    ダニエラ・ハンツコーバから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンツコーバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチコバ

    ダニエラ・ハンチコバから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンツコーヴァ

    ダニエラ・ハンツコーヴァから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンツコーヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンツコーワ

    ダニエラ・ハンツコーワから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンツコーワ フレッシュアイペディアより)

  • 浅越しのぶ

    浅越しのぶから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    その後しばらく伸び悩んだが、2002年にWTAツアー大会のダブルスで2勝を挙げる。2003年から急成長を果たし、ウィンブルドン直前の前哨戦である「DFSクラシック」で準優勝。ウィンブルドンでは2回戦で第9シードのダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)と対戦し、第1セットを 0-6 で失った後、第2セットを 6-4 で奪い返し、さらに最終第3セットには相手のマッチポイント(このポイントを取れば勝利が決まる)を3回跳ね返し、セットを 12-10 で勝ち取り熱闘を制した。その勢いでノーシードながら4回戦(ベスト16)に進出し、注目を浴びる。この後全米オープンでも初戦で第10シードのマグダレナ・マレーバ(ブルガリア)を撃破し、3回戦まで進出した。浅越しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリエッタ・ナギョワ

    ヘンリエッタ・ナギョワから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2002年は、スロバキアがフェドカップで初優勝を果たした年である。それまで8年間スロバキア・チームの代表選手を務めてきたナギョワも、この優勝メンバーの一員であった。この年にテニス成績を伸ばしたダニエラ・ハンチュコバだけでなく、ナギョワやヤネッテ・フサロバも大きな役割を果たし、11月2日-3日の「ワールドグループ」決勝でスペインを「3勝1敗」で破って初優勝を決めた。ナギョワ自身は、2003年11月のタイ・パタヤ市大会が現役最後の優勝になった。2006年7月、ヘンリエッタ・ナギョワは27歳で現役を引退した。ヘンリエッタ・ナギョワ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「ダニエラ・ハンチュコバ」のニューストピックワード