43件中 21 - 30件表示
  • ヤネッテ・フサロバ

    ヤネッテ・フサロバから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2003年は故障に悩み、6年前に痛めた右膝の古傷に加えて、背筋痛で試合を棄権したこともあった。2004年はアテネ五輪で2度目のオリンピックに出場したが、ダニエラ・ハンチュコバとの女子ダブルスで1回戦敗退に終わっている。その後、2005年2月に日本の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」でエレーナ・リホフツェワと組んだ優勝がある。2006年は、7月後半にオランダのミハエラ・クライチェクと組んでダブルス2週連続優勝を記録した。ヤネッテ・フサロバ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリエッタ・ナギョワ

    ヘンリエッタ・ナギョワから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2002年は、スロバキアがフェドカップで初優勝を果たした年である。それまで8年間スロバキア・チームの代表選手を務めてきたナギョワも、この優勝メンバーの一員であった。この年にテニス成績を伸ばしたダニエラ・ハンチュコバだけでなく、ナギョワやヤネッテ・フサロバも大きな役割を果たし、11月2日-3日の「ワールドグループ」決勝でスペインを「3勝1敗」で破って初優勝を決めた。ナギョワ自身は、2003年11月のタイ・パタヤ市大会が現役最後の優勝になった。2006年7月、ヘンリエッタ・ナギョワは27歳で現役を引退した。ヘンリエッタ・ナギョワ フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックスロバキア選手団

    北京オリンピックスロバキア選手団から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバ - シングルス2回戦敗退、ダブルス1回戦敗退北京オリンピックスロバキア選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のスポーツ

    1983年のスポーツから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    4月23日 - ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア、テニス)1983年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ウリエット

    ケビン・ウリエットから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    混合ダブルスでのウリエットは、2002年全豪オープンでダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)と組んだ優勝がある。ケビン・ウリエット フレッシュアイペディアより)

  • アナスタシア・パブリュチェンコワ

    アナスタシア・パブリュチェンコワから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2010年5月、パブリュチェンコワはメキシコ・モンテレイ大会でダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)を 1-6, 6-1, 6-0で破りシングルス初優勝する。2010年全米オープンでは4大大会初の4回戦進出を果たした。アナスタシア・パブリュチェンコワ フレッシュアイペディアより)

  • ソラナ・チルステア

    ソラナ・チルステアから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    チルステアはシュテフィ・グラフに憧れて、4歳からテニスを始めた。2006年に16歳でプロ入り。2007年4月、当時17歳のチルステアはハンガリー・ブダペスト大会で初の女子ツアー決勝戦に進出した。2回戦で第2シードのマルチナ・ミュラー(ドイツ)、準々決勝で第5シードのエレニ・ダニリドゥ(ギリシャ)を下した後、第6シードのヒセラ・ドゥルコ(アルゼンチン)との決勝戦に駒を進めた。決勝ではドゥルコに 7-6, 2-6, 2-6 のフルセットで敗れたが、この準優勝で世界ランキングを大幅に上昇させる。同年9月のインドネシア・バリ大会では、2回戦で第8シードのパティ・シュナイダー(スイス)を下し、第2シードのダニエラ・ハンチュコバとの準決勝まで進出した。ソラナ・チルステア フレッシュアイペディアより)

  • アクグル・アマンムラドワ

    アクグル・アマンムラドワから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    アクグル・アマンムラドワの4大大会初出場は、2006年全豪オープンであった。ウズベキスタン出身の21歳は、1回戦でダリー・ランドリアンテフィー(マダガスカル)を 6-3, 2-6, 6-1 で破った後、2回戦でダニエラ・ハンチュコバに 4-6, 1-6 で敗れた。(ランドリアンテフィーはこの試合を最後に現役を引退した。)しかし、この後は全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープンともに予選会で敗退する。2007年全仏オープンで、アマンムラドワは初めて予選3試合を勝ち抜き、本戦でもニコル・バイディソバ(チェコ)との2回戦に進んだ。こうして彼女は2007年末の世界ランキングを96位に上げ、初めて世界トップ100位以内に入った。アクグル・アマンムラドワ フレッシュアイペディアより)

  • 浅越しのぶ

    浅越しのぶから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    その後しばらく伸び悩んだが、2002年にWTAツアー大会のダブルスで2勝を挙げる。2003年から急成長を果たし、ウィンブルドン直前の前哨戦である「DFSクラシック」で準優勝。ウィンブルドンでは2回戦で第9シードのダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)と対戦し、第1セットを 0-6 で失った後、第2セットを 6-4 で奪い返し、さらに最終第3セットには相手のマッチポイント(このポイントを取れば勝利が決まる)を3回跳ね返し、セットを 12-10 で勝ち取り熱闘を制した。その勢いでノーシードながら4回戦(ベスト16)に進出し、注目を浴びる。この後全米オープンでも初戦で第10シードのマグダレナ・マレーバ(ブルガリア)を撃破し、3回戦まで進出した。浅越しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・リホフツェワ

    エレーナ・リホフツェワから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    混合ダブルスでのリホフツェワは、2002年ウィンブルドンと2007年全豪オープンで優勝がある。2002年のウィンブルドンではインドのマヘシュ・ブパシとペアを組み、決勝でケビン・ウリエット(ジンバブエ)&ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)組を 6-4, 1-6, 6-1 で破り、初めての4大大会タイトルをここで獲得した。その後、リホフツェワは混合ダブルスでカナダのダニエル・ネスターと組む機会が多くなったが、2006年全豪オープンと2006年全仏オープンで2大会連続の混合ダブルス準優勝があった。2人は2007年全豪オープンの混合ダブルス決勝で、ベラルーシペアのマックス・ミルヌイ&ビクトリア・アザレンカ組を 6-4, 6-4 で破って優勝した。こうして、リホフツェワは5年ぶり2度目の4大大会混合ダブルス優勝を果たした。エレーナ・リホフツェワ フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「ダニエラ・ハンチュコバ」のニューストピックワード