51件中 31 - 40件表示
  • アレクサンドラ・ドゥルゲル

    アレクサンドラ・ドゥルゲルから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2009年のワルシャワ大会では、世界ランキング201位で予選から勝ち上がり、準決勝でダニエラ・ハンチュコバを 6-4, 6-7(2), 6-1 、決勝でアリョーナ・ボンダレンコを 7-6(3), 3-6, 6-0 で破りツアー初優勝を果たした。全米オープンで4大大会に初出場。1回戦でビクトリア・アザレンカに 1-6, 1-6, で敗れた。アレクサンドラ・ドゥルゲル フレッシュアイペディアより)

  • クリスティナ・ムラデノビッチ

    クリスティナ・ムラデノビッチから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2008年全仏オープン女子ダブルスに主催者推薦で4大大会に初出場。エミリー・ロワと組み1回戦で杉山愛&ダニエラ・ハンチュコバ組に 5?7, 5?7 で敗れた。クリスティナ・ムラデノビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年ウィンブルドン選手権女子ダブルス

    2013年ウィンブルドン選手権女子ダブルスから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバ / マリア・キリレンコ (2回戦, 棄権)2013年ウィンブルドン選手権女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    女子シングルス1回戦では、全仏過去4度優勝の第22シードジュスティーヌ・エナンが、ツベタナ・ピロンコバをストレートで順当に下した他、ヤニナ・ウィックマイヤー、マリア・シャラポワ、ベラ・ズボナレワ、アナスタシア・パブリュチェンコワ、ダニエラ・ハンチュコバ、シャハー・ピアー、鄭潔、マリオン・バルトリらが順当に1回戦を勝ち上がったが、全仏2年連続準優勝の第9シードディナラ・サフィナは、1996年全仏オープン以来14年ぶりに全仏オープンシングルス本戦へ出場してきた大会最年長39歳のクルム伊達公子にフルセットで敗れ、クルム伊達に1996年ウィンブルドン選手権以来14年ぶりのグランドスラムシングルス本戦勝利、並びにWTAツアーにおけるシングルストップ10選手を破った最年長記録更新を献上する大波乱となった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    その後ダニエラ・ハンチュコバと組み、2006年の全仏オープンで決勝に進出したが、リサ・レイモンド&サマンサ・ストーサー組に敗れて準優勝になった。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・ダベンポート

    リンゼイ・ダベンポートから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2003年4月25日に結婚した夫のジョナサン・リーチは元プロテニス選手で、かつてのダブルスの名選手であったリック・リーチの末弟であり、その後投資銀行勤務のビジネスマンになった人である。ダベンポートは2006年12月に妊娠のため出産休養に入ったが、2007年6月10日に第1子の長男を出産した後、ツアー復帰を宣言した。9月16日、インドネシア・バリ島大会のシングルス決勝でダニエラ・ハンチュコバを破り、復帰第1戦を優勝で飾る。出産からの復帰後、彼女はツアーでシングルス4勝・ダブルス1勝を加え、2008年北京五輪の女子ダブルスにもリーゼル・フーバーとのコンビで出場した。2008年全米オープン3回戦でマリオン・バルトリ(フランス)に敗れた試合を最後に、ツアーから再度遠ざかり2009年6月、彼女は第2子の長女を出産した。リンゼイ・ダベンポート フレッシュアイペディアより)

  • マルチナ・ヒンギス

    マルチナ・ヒンギスから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2013年にヒンギスは国際テニス殿堂入りを果たした。32歳での殿堂入りは4番目の若さである。そして8月の南カリフォルニア・オープンからダニエラ・ハンチュコバとのダブルスで現役復帰することを発表した。シングルスへの出場は考えていないと話している。マルチナ・ヒンギス フレッシュアイペディアより)

  • 伊達公子

    伊達公子から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2009年、4大大会にも13年ぶりの再挑戦を始め、全豪オープンで予選会を通過した。本戦1回戦では第25シードのカイア・カネピ(エストニア)に 6-4, 4-6, 6-8 で競り負け、初戦敗退。全仏オープンでは、故障で予選1回戦を途中棄権している。ウィンブルドンにおいて、主催者推薦(ワイルドカード)で13年ぶりの出場を果たしたが、第9シードの18歳、キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に 7-5, 3-6, 1-6 で逆転負けし、初戦突破はならなかった。復帰後WTAツアーレベルでは接戦の試合も見せながらも9戦全敗と、ツアー初勝利の壁に弾かれていたが、そんな中出場したハンソル韓国オープン1回戦において地元のYe-Ra Leeを 6-3, 6-4 のスコアで下し復帰後ツアー初勝利を挙げると、2回戦で第5シードのアリサ・クレイバノワ(ロシア)には第2セット第9ゲームでマッチポイントを握られるも 4-6, 7-6(4), 6-3 の大逆転で、準々決勝では第一シードのダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)を 7-6(3), 4-6, 6-4 で、準決勝では前年大会優勝者のマリア・キリレンコ(ロシア)を 3-6, 6-2, 6-4 でのスコアでそれぞれ下し決勝戦に進出。決勝ではアナベル・メディナ・ガリゲス(スペイン)6-3, 6-3のストレートで下し、96年のトーシバ・クラシック以来13年振り8度目のWTAツアーシングルス優勝を果たした。38歳11ヶ月30日での優勝は1983年のイギリス・バーミンガム大会で当時39歳7ヶ月23日でシングルス優勝を果たしたビリー・ジーン・キング(アメリカ)の記録に次ぐ歴代2位の年長優勝記録となった。伊達公子 フレッシュアイペディアより)

  • サマンサ・ストーサー

    サマンサ・ストーサーから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2006年の全豪オープンで、サマンサ・ストーサーは初めて4大大会の女子シングルス4回戦に進出したが、この年から3年ぶりに現役復帰したばかりのマルチナ・ヒンギスに 1-6, 6-7 で敗れた。この大会ではレイモンドと組んだ女子ダブルスでも、中国ペアの鄭潔&晏紫組に 6-2, 6-7, 3-6 の逆転で敗れて準優勝に終わった。しかし、翌週に日本の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」で優勝する。2006年全仏オープンではレイモンドとのペアで、第5シードの杉山愛&ダニエラ・ハンチュコバ組を 6-3, 6-2 で圧倒し、4大大会女子ダブルス2勝目を挙げた。サマンサ・ストーサー フレッシュアイペディアより)

  • カイア・カネピ

    カイア・カネピから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2012年の開幕戦ブリスベン国際ではノーシードから決勝に進出し、ダニエラ・ハンチュコバに 6?2, 6?1 で快勝しツアー2勝目を挙げた。5月のエストリル大会では決勝でカルラ・スアレス・ナバロを 3?6, 7?6(8?6),6?4 で破りツアー3勝目を挙げた。全仏オープンでは4年ぶりのベスト8に進出したが、足の怪我によりウィンブルドンとロンドン五輪、全米オープンを欠場した。4か月ぶりに復帰したソウル大会では決勝に進出したがキャロライン・ウォズニアッキに 1?6, 0?6 で完敗した。カイア・カネピ フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「ダニエラ・ハンチュコバ」のニューストピックワード