43件中 31 - 40件表示
  • ファブリス・サントロ

    ファブリス・サントロから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2002年の全豪オープンで、サントロは8歳年下のフランスのミカエル・ロドラとペアを組み、初めて4大大会の男子ダブルス決勝に進出した。その決勝戦ではダニエル・ネスター(カナダ)&マーク・ノールズ(バハマ)組に 6-7, 3-6 で敗れたが、これをきっかけにサントロはロドラとダブルスを組むことが多くなり、全豪オープンでは2004年まで3年連続で決勝に進出した。2003年の全豪ダブルス決勝で、サントロ&ロドラ組は前年と同じネスター&ノールズ組を 6-4, 3-6, 6-3 で破り、4大大会ダブルス初優勝を飾る。2004年ではアメリカのボブ・ブライアンとマイク・ブライアンの「ブライアン兄弟」を 7-6, 6-3 で破り、全豪ダブルス2連覇を達成した。また、同じ2004年全仏オープンでも初の決勝に進出したが、ベルギーのオリビエ・ロクス&グザビエ・マリス組に 5-7, 5-7 で敗れ、地元の大会での優勝を逃した。翌2005年の全仏オープンでは、混合ダブルスでスロバキアのダニエラ・ハンチュコバとペアを組み、決勝でリーンダー・パエス(インド)&マルチナ・ナブラチロワ組を 3-6, 6-3, 6-2 で破り、4大大会の混合ダブルス部門で初優勝を飾った。ファブリス・サントロ フレッシュアイペディアより)

  • マリア・キリレンコ

    マリア・キリレンコから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    キリレンコはこれまで、4大大会女子シングルスでは3回戦止まりの成績だったが、2008年全豪オープンの3回戦で第6シードのアンナ・チャクベタゼ(同じロシアの選手、年齢もキリレンコと同じ)に 6-7, 6-1, 6-2 で勝ち、初めての4回戦に勝ち進んだ。4回戦では第9シードのダニエラ・ハンチュコバに 6-1, 4-6, 4-6 の逆転で敗れ、ベスト8入りを逃した。マリア・キリレンコ フレッシュアイペディアより)

  • サマンサ・ストーサー

    サマンサ・ストーサーから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2006年の全豪オープンで、サマンサ・ストーサーは初めて4大大会の女子シングルス4回戦に進出したが、この年から3年ぶりに現役復帰したばかりのマルチナ・ヒンギスに 1-6, 6-7 で敗れた。この大会ではレイモンドと組んだ女子ダブルスでも、中国ペアの鄭潔&晏紫組に 6-2, 6-7, 3-6 の逆転で敗れて準優勝に終わった。しかし、翌週に日本の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」で優勝する。2006年全仏オープンではレイモンドとのペアで、第5シードの杉山愛&ダニエラ・ハンチュコバ組を 6-3, 6-2 で圧倒し、4大大会女子ダブルス2勝目を挙げた。サマンサ・ストーサー フレッシュアイペディアより)

  • アンナ=レナ・グローネフェルド

    アンナ=レナ・グローネフェルドから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2008年全米オープンで、グローネフェルドに再起の機会がやってくる。この大会で予選3試合を勝ち抜いた彼女は、1年ぶりに戻ってきた4大大会本戦1回戦で、第11シードのダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)に 6-4, 6-2 のストレート勝ちを収めた。2回戦でワイルドカード(主催者推薦出場)のジェシカ・ムーア(オーストラリア)、3回戦で第17シードのアリーゼ・コルネ(フランス)を破って勝ち進んだ彼女は、4回戦で当年度の全仏オープン準優勝者ディナラ・サフィナ(ロシア)に 5-7, 0-6 で敗れ、2006年全仏オープン以来の8強入りを逃した。アンナ=レナ・グローネフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ザビーネ・リシキ

    ザビーネ・リシキから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2010年は、長引いた左足の関節の負傷により3月末から8月初めまで大会に出場できなかったため、ランキングが23位から179位に大幅に落ちてしまった。2011年の全豪オープンは予選で敗退した。4月のポルシェ・テニス・グランプリではサマンサ・ストーサーと組み初めてのダブルスタイトルを獲得した。全仏オープンは予選を勝ち上がったが2回戦でベラ・ズボナレワに 6-4, 5-7, 5-7 で逆転負けを喫した。全仏後のバーミンガム大会では、ツアー4度目の決勝に進出し、ダニエラ・ハンチュコバを 6?1, 6?4 で破りシングルスツアー2勝目を挙げた。ザビーネ・リシキ フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    その後ダニエラ・ハンチュコバと組み、2006年の全仏オープンで決勝に進出したが、リサ・レイモンド&サマンサ・ストーサー組に敗れて準優勝になった。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • クルム伊達公子

    クルム伊達公子から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2009年、4大大会にも13年ぶりの再挑戦を始め、全豪オープンで予選会を通過した。本戦1回戦では第25シードのカイア・カネピ(エストニア)に 6-4, 4-6, 6-8 で競り負け、初戦敗退。全仏オープンでは、故障で予選1回戦を途中棄権している。ウィンブルドンにおいて、主催者推薦(ワイルドカード)で13年ぶりの出場を果たしたが、第9シードの18歳、キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に 7-5, 3-6, 1-6 で逆転負けし、初戦突破はならなかった。復帰後WTAツアーレベルでは接戦の試合も見せながらも9戦全敗と、ツアー初勝利の壁に弾かれていたが、そんな中出場したハンソル韓国オープン1回戦において地元のYe-Ra Leeを 6-3, 6-4 のスコアで下し復帰後ツアー初勝利を挙げると、2回戦で第5シードのアリサ・クレイバノワ(ロシア)には第2セット第9ゲームでマッチポイントを握られるも 4-6, 7-6(4), 6-3 の大逆転で、準々決勝では第一シードのダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)を 7-6(3), 4-6, 6-4 で、準決勝では前年大会優勝者のマリア・キリレンコ(ロシア)を 3-6, 6-2, 6-4 でのスコアでそれぞれ下し決勝戦に進出。決勝ではアナベル・メディナ・ガリゲス(スペイン)6-3, 6-3のストレートで下し、96年のトーシバ・クラシック以来13年振り8度目のWTAツアーシングルス優勝を果たした。38歳11ヶ月30日での優勝は1983年のイギリス・バーミンガム大会で当時39歳7ヶ月23日でシングルス優勝を果たしたビリー・ジーン・キング(アメリカ)の記録に次ぐ歴代2位の年長優勝記録となった。クルム伊達公子 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年コモンウェルス・バンク・テニス・クラシックダブルス

    2008年コモンウェルス・バンク・テニス・クラシックダブルスから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバ / フラビア・ペンネッタ ''(ベスト8)2008年コモンウェルス・バンク・テニス・クラシックダブルス フレッシュアイペディアより)

  • 謝淑薇

    謝淑薇から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダブルスでは彭帥と固定ペアを組んで臨んだシーズンとなり、彭と組んでノーシードで出場した1月のメディバンク国際で全試合ストレート勝ちで優勝し早くも結果を残すと、続いて大会第16シードで出場した全豪オープンでは、3回戦で大会第2シードのアナベル・メディナ・ガリゲス&ビルヒニア・ルアノ・パスクアルを6-0,6-1ストレートで破る活躍で初の準々決勝に進出し、大会第10シードのビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズに挑戦。ダブルスでもキャリア・グランドスラムを達成した実績を誇るウィリアムズ姉妹相手にフルセットに持ち込む健闘を見せるも、2-6,6-4,3-6のスコアで惜敗した。5月は大会第7シードで出場したBNLイタリア国際でクレーコート大会初優勝を果たすと、大会第9シードで出場した全仏オープンでは3回戦で大会第7シードのダニエラ・ハンチュコバ&杉山愛組を6-3,7-5のストレートで、準々決勝でノーシードのアグニエシュカ・ラドワンスカ&ウルシュラ・ラドワンスカ組を2-6,6-4,7-5のフルセットでそれぞれ破り、自身初となるグランドスラムダブルス準決勝に進出する。準決勝では大会第12シードのビクトリア・アザレンカ&エレーナ・ベスニナ組と対戦したが、3-6,5-7のストレートで敗れ、2007年の全豪オープンと全米オープンでそれぞれ準優勝した荘佳容&詹詠然組以来となるグランドスラム決勝進出を逃した。更に第5シードで出場した10月のチャイナ・オープンでも優勝する等謝にとってダブルスキャリア最高のシーズンとなり、年度末ランキングも台湾人トップとなる9位と、自己最高位を大きく更新して終了した。謝淑薇 フレッシュアイペディアより)

  • 4月23日

    4月23日から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    1983年 - ダニエラ・ハンチュコバ、テニス選手4月23日 フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示

「ダニエラ・ハンチュコバ」のニューストピックワード