51件中 41 - 50件表示
  • ソラナ・チルステア

    ソラナ・チルステアから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    チルステアはシュテフィ・グラフに憧れて、4歳からテニスを始めた。2006年に16歳でプロ入り。2007年4月、当時17歳のチルステアはハンガリー・ブダペスト大会で初の女子ツアー決勝戦に進出した。2回戦で第2シードのマルチナ・ミュラー、準々決勝で第5シードのエレニ・ダニリドゥを下した後、第6シードのヒセラ・ドゥルコとの決勝戦に駒を進めた。決勝ではドゥルコに 7-6, 2-6, 2-6 のフルセットで敗れたが、この準優勝で世界ランキングを大幅に上昇させる。同年9月のインドネシア・バリ大会では、2回戦で第8シードのパティ・シュナイダーを下し、第2シードのダニエラ・ハンチュコバとの準決勝まで進出した。ソラナ・チルステア フレッシュアイペディアより)

  • アナスタシア・パブリュチェンコワ

    アナスタシア・パブリュチェンコワから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2010年5月、パブリュチェンコワはメキシコ・モンテレイ大会でダニエラ・ハンチュコバを 1-6, 6-1, 6-0で破りシングルス初優勝する。2010年全米オープンでは4大大会初の4回戦進出を果たした。アナスタシア・パブリュチェンコワ フレッシュアイペディアより)

  • アリソン・リスク

    アリソン・リスクから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2013年全米オープンでは1回戦でツベタナ・ピロンコバ、2回戦で第28シードのモナ・バルテル、3回戦で第7シードのペトラ・クビトバを 6-3, 6-0 で破り4回戦に進出した。4回戦でダニエラ・ハンチュコバに 3-6, 7-5, 2-6 で敗れた。アリソン・リスク フレッシュアイペディアより)

  • ビーナス・ウィリアムズ

    ビーナス・ウィリアムズから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    姉妹の4大大会ダブルス優勝は14度あり、シドニー五輪と北京五輪、ロンドン五輪のダブルス金メダルも獲得した。初めて姉妹ダブルスで4大大会に出場した1998年全豪オープンでは、3回戦で日本の雉子牟田直子&宮城ナナ組に敗れている。1999年全仏オープンの女子ダブルス決勝でマルチナ・ヒンギス&アンナ・クルニコワ組を破って初優勝して以来、無敵の強さを誇ってきた。しかし、2003年のウィンブルドン女子ダブルス3回戦で、姉妹はロシアペアのエレーナ・デメンチェワ&リナ・クラスノルツカヤ組に敗退して以降、姉妹のどちらかの体調不良により、姉妹でエントリーできないことが多かった。5年後の2008年ウィンブルドンで、リサ・レイモンド(アメリカ)&サマンサ・ストーサー(オーストラリア)組を 6-2, 6-2 で圧倒、姉妹で6年ぶり3度目の女子ダブルス優勝を果たした。同年の北京五輪の女子ダブルスでも、2大会ぶり2個目の金メダルを獲得した。2009年全豪オープンでは、姉妹は決勝で杉山愛&ダニエラ・ハンチュコバ組を 6-3, 6-3 で破り、6年ぶり3度目の優勝を果たした。その後2009年ウィンブルドンから2010年全仏オープンまで4大大会女子ダブルス4連勝を達成。その後、2012年ウィンブルドンでは、3年ぶり5度目の優勝を果たした。同年、同地で行われたロンドン五輪においても、2大会連続3個目の金メダルを獲得。これにより姉妹とも五輪通算4個の金メダルを獲得、これは男女通じてテニス選手で史上最多である。ビーナス・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のスポーツ

    1983年のスポーツから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    4月23日 - ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア、テニス)1983年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・リホフツェワ

    エレーナ・リホフツェワから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    混合ダブルスでのリホフツェワは、2002年ウィンブルドンと2007年全豪オープンで優勝がある。2002年のウィンブルドンではインドのマヘシュ・ブパシとペアを組み、決勝でケビン・ウリエット(ジンバブエ)&ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)組を 6-4, 1-6, 6-1 で破り、初めての4大大会タイトルをここで獲得した。その後、リホフツェワは混合ダブルスでカナダのダニエル・ネスターと組む機会が多くなったが、2006年全豪オープンと2006年全仏オープンで2大会連続の混合ダブルス準優勝があった。2人は2007年全豪オープンの混合ダブルス決勝で、ベラルーシペアのマックス・ミルヌイ&ビクトリア・アザレンカ組を 6-4, 6-4 で破って優勝した。こうして、リホフツェワは5年ぶり2度目の4大大会混合ダブルス優勝を果たした。エレーナ・リホフツェワ フレッシュアイペディアより)

  • 土居美咲

    土居美咲から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2015年4月からコーチを務めるクリスチャン・ザハルカの方針の下で積極的にWTAツアーを転戦。全米オープンでダニエラ・ハンチュコバに6-3, 6-3で勝利し、全米初勝利。10月のBGLルクセンブルク・オープンでは強豪シード選手を次々と破り、自身初のツアー決勝に進出すると、モナ・バルテルを6-4, 6-7(7), 6-0のフルセットで下し、WTAツアーシングルスで初優勝を果たした。日本の女子シングルスでは10人目となるツアー優勝で、大会後の世界ランキングは60位となり、自身の最高位を大きく更新した。その後WTA 125Kシリーズの台北オープンで準優勝し、11月23日付のランキングでは54位に上がった。土居美咲 フレッシュアイペディアより)

  • 4月23日

    4月23日から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    1983年 - ダニエラ・ハンチュコバ、テニス選手4月23日 フレッシュアイペディアより)

  • マヘシュ・ブパシ

    マヘシュ・ブパシから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    その後も混合ダブルスでの強さは健在で、2005年ウィンブルドン選手権でマリー・ピエルス、全米オープンでダニエラ・ハンチュコバと組んで優勝している(ハンチュコバはこれで混合ダブルスのキャリア・グランドスラムを達成)。2006年全豪オープン混合ダブルスで、ブパシは現役復帰を果たしたマルチナ・ヒンギスとペアを組んで優勝した。こうして、ブパシも混合ダブルスのキャリア・グランドスラムを達成した。2009年全豪オープンと2012年全仏オープンでもサニア・ミルザと組んで優勝し、4大大会混合ダブルス8勝目を挙げた。マヘシュ・ブパシ フレッシュアイペディアより)

  • 謝淑薇

    謝淑薇から見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    ダブルスでは彭帥と固定ペアを組んで臨んだシーズンとなり、彭と組んでノーシードで出場した1月のメディバンク国際で全試合ストレート勝ちで優勝し早くも結果を残すと、続いて大会第16シードで出場した全豪オープンでは、3回戦で大会第2シードのアナベル・メディナ・ガリゲス&ビルヒニア・ルアノ・パスクアルを6-0,6-1ストレートで破る活躍で初の準々決勝に進出し、大会第10シードのビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズに挑戦。ダブルスでもキャリア・グランドスラムを達成した実績を誇るウィリアムズ姉妹相手にフルセットに持ち込む健闘を見せるも、2-6,6-4,3-6のスコアで惜敗した。5月は大会第7シードで出場したBNLイタリア国際でクレーコート大会初優勝を果たすと、大会第9シードで出場した全仏オープンでは3回戦で大会第7シードのダニエラ・ハンチュコバ&杉山愛組を6-3,7-5のストレートで、準々決勝でノーシードのアグニエシュカ・ラドワンスカ&ウルシュラ・ラドワンスカ組を2-6,6-4,7-5のフルセットでそれぞれ破り、自身初となるグランドスラムダブルス準決勝に進出する。準決勝では大会第12シードのビクトリア・アザレンカ&エレーナ・ベスニナ組と対戦したが、3-6,5-7のストレートで敗れ、2007年の全豪オープンと全米オープンでそれぞれ準優勝した荘佳容&詹詠然組以来となるグランドスラム決勝進出を逃した。更に第5シードで出場した10月のチャイナ・オープンでも優勝する等謝にとってダブルスキャリア最高のシーズンとなり、年度末ランキングも台湾人トップとなる9位と、自己最高位を大きく更新して終了した。謝淑薇 フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「ダニエラ・ハンチュコバ」のニューストピックワード