1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示
  • リンゼイ・ダベンポート

    リンゼイ・ダベンポートから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    2003年4月25日に結婚した夫のジョナサン・リーチは元プロテニス選手で、かつてのダブルスの名選手であったリック・リーチの末弟であり、その後投資銀行勤務のビジネスマンになった人である。ダベンポートは2006年12月に妊娠のため出産休養に入ったが、2007年6月10日に第1子の長男を出産した後、ツアー復帰を宣言した。9月16日、インドネシア・バリ島大会のシングルス決勝でダニエラ・ハンチュコバを破り、復帰第1戦を優勝で飾る。出産からの復帰後、彼女はツアーでシングルス4勝・ダブルス1勝を加え、2008年北京五輪の女子ダブルスにもリーゼル・フーバーとのコンビで出場した。2008年全米オープン3回戦でマリオン・バルトリ(フランス)に敗れた試合を最後に、ツアーから再度遠ざかり2009年6月、彼女は第2子の長女を出産した。リンゼイ・ダベンポート フレッシュアイペディアより)

  • 浅越しのぶ

    浅越しのぶから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    その後しばらく伸び悩んだが、2002年にWTAツアー大会のダブルスで2勝を挙げる。2003年から急成長を果たし、ウィンブルドン直前の前哨戦である「DFSクラシック」で準優勝。ウィンブルドンでは2回戦で第9シードのダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)と対戦し、第1セットを 0-6 で失った後、第2セットを 6-4 で奪い返し、さらに最終第3セットには相手のマッチポイント(このポイントを取れば勝利が決まる)を3回跳ね返し、セットを 12-10 で勝ち取り熱闘を制した。その勢いでノーシードながら4回戦(ベスト16)に進出し、注目を浴びる。この後全米オープンでも初戦で第10シードのマグダレナ・マレーバ(ブルガリア)を撃破し、3回戦まで進出した。浅越しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • ビーナス・ウィリアムズ

    ビーナス・ウィリアムズから見たダニエラ・ハンチュコバダニエラ・ハンチュコバ

    姉妹の4大大会ダブルス優勝は13度あり、シドニー五輪と北京五輪、ロンドン五輪のダブルス金メダルも獲得した。初めて姉妹ダブルスで4大大会に出場した1998年全豪オープンでは、3回戦で日本の雉子牟田直子&宮城ナナ組に敗れている。1999年全仏オープンの女子ダブルス決勝でマルチナ・ヒンギス&アンナ・クルニコワ組を破って初優勝して以来、姉妹で組めば無敵の強さを誇ってきた。しかし、2003年のウィンブルドン女子ダブルス3回戦で、姉妹はロシアペアのエレーナ・デメンチェワ&リナ・クラスノルツカヤ組に敗退した。その後は姉妹のどちらかが体調不良となる大会が多く、なかなかこのペアで試合にエントリーできなくなっていた。5年後の2008年ウィンブルドンで、姉妹は6年ぶり3度目の女子ダブルス優勝を果たし、リサ・レイモンド(アメリカ)&サマンサ・ストーサー(オーストラリア)組を 6-2, 6-2 で圧倒した。同年の北京五輪の女子ダブルスでは第2シードから勝ち上がり、2大会ぶり2個目の金メダルを獲得した。2009年全豪オープンでは、姉妹は決勝で杉山愛&ダニエラ・ハンチュコバ組を 6-3, 6-3 で破り、6年ぶり3度目の全豪女子ダブルス優勝を決めた。その後2009年ウィンブルドンから2010年全仏オープンまで4大大会女子ダブルス4連勝を達成。2012年ウィンブルドンでは3年ぶり5度目のウィンブルドン女子ダブルス優勝を決めた。同年、同地で行われたロンドン五輪では、2大会連続3個目の金メダルを獲得。これにより姉妹とも五輪通算4個の金メダルを獲得したことになり、これは男女通じてテニス選手としては史上最多である。ビーナス・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示

「ダニエラ・ハンチュコバ」のニューストピックワード