45件中 31 - 40件表示
  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見たイタリア

    2009年、ハンチュコバは杉山愛とのコンビを復活させた。この年は全豪オープンの女子ダブルス決勝進出があったが、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 3-6, 3-6 で敗れた。杉山は2009年度を最後に、34歳で現役を引退する。彼女の現役最後のトーナメントは、9月末の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントであった。ここでもハンチュコバがダブルス・パートナーとなり、決勝まで勝ち進んだが、アリサ・クレイバノワ(ロシア)&フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)組に 4-6, 2-6 で敗れた。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見た東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント

    2009年、ハンチュコバは杉山愛とのコンビを復活させた。この年は全豪オープンの女子ダブルス決勝進出があったが、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 3-6, 3-6 で敗れた。杉山は2009年度を最後に、34歳で現役を引退する。彼女の現役最後のトーナメントは、9月末の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントであった。ここでもハンチュコバがダブルス・パートナーとなり、決勝まで勝ち進んだが、アリサ・クレイバノワ(ロシア)&フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)組に 4-6, 2-6 で敗れた。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見た2006年全豪オープン

    ダニエラ・ハンチュコバは2005年の全仏オープンとウィンブルドン、2006年の全豪オープンと全仏オープン女子ダブルスで、日本の杉山愛とペアを組んだ。2006年全仏オープンの女子ダブルス決勝で、ハンチュコバと杉山は第1シードのリサ・レイモンド(アメリカ)&サマンサ・ストーサー(オーストラリア)組に 3-6, 2-6 で敗れて準優勝した。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見たセルビア

    2007年3月、ハンチュコバはインディアンウェルズ・マスターズ決勝でスベトラーナ・クズネツォワを 6-3, 6-4 で破り、同大会で5年ぶり2度目の優勝を飾った。ハンチュコバの女子ツアー大会シングルス優勝も、これが5年ぶりの2勝目になる。2008年全豪オープンで、ハンチュコバは準々決勝でアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を破った後、続く準決勝でアナ・イバノビッチ(セルビア)に 6-0, 3-6, 4-6 の逆転で敗れ、初の決勝進出を逃した。それまでのハンチュコバは、4大大会女子シングルスではベスト8止まりの成績だったが、この大会で自己最高成績を更新したことになる。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見たスロバキア

    ダニエラ・ハンチュコバ(Daniela Hantuchová, 1983年4月23日 - )は、スロバキア・ポプラト出身の女子プロテニス選手。身長181cm、62kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス5位、ダブルス5位。これまでにWTAツアーでシングルス4勝、ダブルスで9勝を挙げている。(彼女の姓の日本語転写は様々で、ハンチェコバ、ハンチコバ、ハンチュコワ、ハンツコーワ、ハンツコーヴァなどとも表記されるが、最も原語の発音に近い表記をするならば「ハントゥホヴァー」[http://ja.forvo.com/word/daniela_hantuchova/ ??antux?va? ]である。)ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見たBNPパリバ・オープン

    1999年5月にプロ入り。2002年3月の「パシフィック・ライフ・オープン」でWTAツアー初優勝。決勝でマルチナ・ヒンギスを 6-3, 6-4 で下した。この年は女子テニス国別対抗戦・フェドカップでも、スロバキア・チームを初優勝に導いている。スペイン・チームとの決勝では、ハンチュコバはシングルス2試合とダブルス戦すべてに勝利した 。2002年ウィンブルドンから2003年全豪オープンまで、ハンチュコバは4大大会の女子シングルスに3大会連続でベスト8入りした。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見た2009年全豪オープン

    2009年、ハンチュコバは杉山愛とのコンビを復活させた。この年は全豪オープンの女子ダブルス決勝進出があったが、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 3-6, 3-6 で敗れた。杉山は2009年度を最後に、34歳で現役を引退する。彼女の現役最後のトーナメントは、9月末の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントであった。ここでもハンチュコバがダブルス・パートナーとなり、決勝まで勝ち進んだが、アリサ・クレイバノワ(ロシア)&フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)組に 4-6, 2-6 で敗れた。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見た2011年全仏オープン

    2011年2月、パタヤ大会の決勝でサラ・エラニ(イタリア)を 6-0, 6-2 で破り4年ぶりのシングルス4勝目を挙げた。全仏オープンでは3回戦で第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を 6-1, 6-3 で破る殊勲を挙げた。2012年のパタヤ大会の決勝でマリア・キリレンコ(ロシア)を 6?7(4), 6?3, 6?3 で破り連覇を果たした。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見たポーランド

    2007年3月、ハンチュコバはインディアンウェルズ・マスターズ決勝でスベトラーナ・クズネツォワを 6-3, 6-4 で破り、同大会で5年ぶり2度目の優勝を飾った。ハンチュコバの女子ツアー大会シングルス優勝も、これが5年ぶりの2勝目になる。2008年全豪オープンで、ハンチュコバは準々決勝でアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を破った後、続く準決勝でアナ・イバノビッチ(セルビア)に 6-0, 3-6, 4-6 の逆転で敗れ、初の決勝進出を逃した。それまでのハンチュコバは、4大大会女子シングルスではベスト8止まりの成績だったが、この大会で自己最高成績を更新したことになる。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見た2005年ウィンブルドン選手権

    ダニエラ・ハンチュコバは2005年の全仏オープンとウィンブルドン、2006年の全豪オープンと全仏オープン女子ダブルスで、日本の杉山愛とペアを組んだ。2006年全仏オープンの女子ダブルス決勝で、ハンチュコバと杉山は第1シードのリサ・レイモンド(アメリカ)&サマンサ・ストーサー(オーストラリア)組に 3-6, 2-6 で敗れて準優勝した。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「ダニエラ・ハンチュコバ」のニューストピックワード