58件中 11 - 20件表示
  • シルヴィア (映画)

    シルヴィア (映画)から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ダニエル・クレイグ(テッド・ヒューズ)シルヴィア (映画) フレッシュアイペディアより)

  • フラッシュバック (2008年の映画)

    フラッシュバック (2008年の映画)から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    『フラッシュバック』(Flashbacks of a Fool)は、ダニエル・クレイグ製作総指揮・主演による2008年のイギリス映画である。日本劇場未公開。日本ではDVDが2009年6月3日に発売された。フラッシュバック (2008年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の映画

    2005年の映画から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    10月4日、ダニエル・クレイグが次の『007』シリーズでジェームズ・ボンドを演じることが発表された。2005年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • Q (ジェームズ・ボンド)

    Q (ジェームズ・ボンド)から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    2006年の『カジノ・ロワイヤル』及びその続編の『慰めの報酬』(2008年)ではQは登場しなかった。ボンドを演じたダニエル・クレイグはキャラクターが登場しないことに対する懸念を表明し、『スカイフォール』でQを復活させるという希望を表明した。2011年11月、ベン・ウィショーがQ役に決まったことが発表された。ウィショーは2012年時点で31歳であり、歴代のQ俳優では最年少となる。Q (ジェームズ・ボンド) フレッシュアイペディアより)

  • ルネッサンス (映画)

    ルネッサンス (映画)から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ダニエル・クレイグ:バーテレミー・カラスルネッサンス (映画) フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・ブロッコリ

    バーバラ・ブロッコリから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    17歳のとき、『007 私を愛したスパイ』で初めて『007』シリーズに関与する。6年後、『007 オクトパシー』(1983年)で初めて助監督の一人を務める。さらにその後『007 リビング・デイライツ』(1987年)ではアソシエイトプロデューサーを務めた。『007 ゴールデンアイ』からは製作者としてクレジットされており、以後ピアース・ブロスナンとダニエル・クレイグの『007』をすべて手掛けている。バーバラ・ブロッコリ フレッシュアイペディアより)

  • イェスパー・クリステンセン

    イェスパー・クリステンセンから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ダニエル・クレイグ版『007』シリーズでは、ミスター・ホワイト役で出演している。イェスパー・クリステンセン フレッシュアイペディアより)

  • カポーティ

    カポーティから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    2006年秋、豪華キャストを迎えたもう一つのカポーティ映画 『Infamous』 が公開となった。こちらも題材は同じであるが、原作は異なる。出演はトビー・ジョーンズ、サンドラ・ブロック、ダニエル・クレイグ、グウィネス・パルトロー、シガニー・ウィーバー、ジェフ・ダニエルズ、ホープ・デイヴィス。監督・脚本はダグラス・マクグラス。カポーティ フレッシュアイペディアより)

  • ライラの冒険

    ライラの冒険から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ロード・オブ・ザ・リングを手がけたニュー・ライン・シネマによって映画化。『ライラの冒険 黄金の羅針盤』は、2007年12月7日、日本では2008年3月1日に公開。監督・脚本は『アバウト・ア・ボーイ』のクリス・ワイツ、撮影はヘンリー・ブラハム、音楽はアレクサンドル・デプラ、出演者は新人のダコタ・ブルー・リチャーズ(ライラ)、ニコール・キッドマン(コールター夫人)、ダニエル・クレイグ(アスリエル卿)、エヴァ・グリーン(セラフィナ・ペカーラ)、サム・エリオット(リー・スコーズビー)等。ライラの冒険 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの映画

    イギリスの映画から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    2006年にはダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドに選ばれ、21本目のボンド映画である『007 カジノ・ロワイヤル』に出演した。この作品は英国アカデミー賞にノミネートされるなど、高い評価を得た。イギリスの映画 フレッシュアイペディアより)

58件中 11 - 20件表示

「ダニエル・クレイグ」のニューストピックワード