58件中 31 - 40件表示
  • ロンドンオリンピック (2012年)

    ロンドンオリンピック (2012年)から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    スタジアムの電光掲示板にフィルム映像が映し出され、エリザベス女王がタキシード姿の当代ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグにエスコートされながらバッキンガム宮殿を出てヘリコプターに搭乗。ヘリがスタジアムに向かって離陸、飛行する映像が流されると、『ジェームズボンドのテーマ』がスタジアムに流される中、上空にヘリが飛来。女王とボンド(いずれもスタントマン)がヘリから飛び降りユニオンフラッグがプリントされたパラシュートでスタジアムに降下した。「ジェームズ・ボンドにエスコートされた空飛ぶ女王陛下」の演出に観衆が驚く中、エリザベス女王本人が貴賓席に登場した。その後イギリス国旗が入場し、聴覚障害の子供たちが手話によってイギリス国歌を合唱する中、国旗が掲揚された。ロンドンオリンピック (2012年) フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・ビンダー

    モーリス・ビンダーから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ダニエル・クレイグ版…ここからガンバレル・シークエンスは映画の冒頭ではなくなり、お決まりもかなり払拭されることになる。初登場の「007 カジノ・ロワイヤル」ではオープニング前、ボンドが殺害したと思えた敵が起き上がり、床に転がっていた銃でボンドを撃とうとした瞬間、ボンドが振り返り持っていた銃を発射。その瞬間がガンバレル・シークエンスの構図になり、そのままオープニングに突入する。そして、「カジノ・ロワイヤル」の次回作、「007 慰めの報酬」からはエンドロール前にガンバレル・シークエンスが登場するようになった。モーリス・ビンダー フレッシュアイペディアより)

  • カウボーイ & エイリアン

    カウボーイ & エイリアンから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ユニバーサル・ピクチャーズとドリームワークス製作による実写映画が公開された。監督はジョン・ファヴローで、ダニエル・クレイグ、ハリソン・フォード、オリヴィア・ワイルド、サム・ロックウェル、ノア・リンガー、ポール・ダノ、アナ・デ・ラ・レゲラ、クランシー・ブラウンなどが出演する。カウボーイ & エイリアン フレッシュアイペディアより)

  • ハリウッド・ナイトメア

    ハリウッド・ナイトメアから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    同様にオムニバスドラマである『トワイライトゾーン』や『世にも不思議なアメージング・ストーリー』に比べホラー色が強く、オチの過激なエピソードが多いのも特徴。HBOで製作開始されてから7年間放送され、豪華なスターたち(ブラッド・ピット、ユアン・マクレガー、ベニチオ・デル・トロ、ダニエル・クレイグ、デミ・ムーア、トム・ハンクス、マイケル・J・フォックス、カーク・ダグラス、マーティン・シーン、アーノルド・シュワルツェネッガーなど)がゲスト出演を果たした。またロバート・ゼメキスやウォルター・ヒルなど、劇場用映画の第一線で活躍する巨匠が監督したエピソードも少なくない。ハリウッド・ナイトメア フレッシュアイペディアより)

  • ウォッチメン (映画)

    ウォッチメン (映画)から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    2004年7月、パラマウント映画が『ウォッチメン』を制作すると発表、ヘイターの脚本を使い、ダーレン・アロノフスキーを監督に選ぶ。ゴードンとレヴィンは引き続きこのプロジェクトに関わり、アロノフスキーのパートナーであるエリック・ワトソンと共同で動いていた。しかしアロノフスキーは『ファウンテン 永遠につづく愛』の製作のために降り、ポール・グリーングラス監督で2006年夏公開に向けて動き出す。このとき、サイモン・ペグがロールシャッハ役をオファーされており、他にダニエル・クレイグやジュード・ロウ、シガニー・ウィーヴァーもこのプロジェクトに関心を持っていた。グリーングラスはDr.マンハッタン役にホアキン・フェニックスを希望していた。映画の宣伝のため、パラマウントは掲示板があり、壁紙がダウンロードできるウェブサイトを開設した。テリー・ギリアムはヘイターが書いた脚本を読んで気に入ったが、こんな内容の暗い映画はスタジオが制作しないだろうとグリーングラスに語った。2005年3月、『ウォッチメン』を含む高予算のプロジェクトの予算がカットされるとの噂が流れる。パラマウントのCEO、ダニエル・デ・ラインはこのプロジェクトを始めるために予算をカットするように促した。ブラッド・グレイがパラマウントのCEOに就任した際、予算のカットを恐れたレヴィンは、予算削減のためにイギリス国外での制作を計画する。しかしこのプロジェクトも流れてしまった。ウォッチメン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像

    愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ダニエル・クレイグ:ジョージ・ダイアー愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像 フレッシュアイペディアより)

  • 007 スカイフォール

    007 スカイフォールから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    『007 スカイフォール』(原題:Skyfall)は、イーオン・プロダクションズ製作による映画『007』シリーズの23作目である。監督はサム・メンデス、ジェームズ・ボンド役は3度目となるダニエル・クレイグである。また、「M」役は7度目となるジュディ・デンチである。クレイグによると、『007 カジノ・ロワイヤル』及び『007 慰めの報酬』とは直接関係の無い物語となる。2012年10月23日にロンドンでプレミア上映され、同年12月7日までに世界各国で順次公開される。007 スカイフォール フレッシュアイペディアより)

  • 007 慰めの報酬

    007 慰めの報酬から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド2作品目。映画本編はシリーズ初の続編となっている。原題の「QUANTUM OF SOLACE」はイアン・フレミングの短篇集『007号の冒険』(新版は『007/薔薇と拳銃』)(創元推理文庫刊)に収録されている一篇(収録題「ナッソーの夜」)から取られているが、内容はまったくの別物である。007 慰めの報酬 フレッシュアイペディアより)

  • サラエヴォ

    サラエヴォから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    サラエヴォ映画祭はサラエヴォ中心部の国立劇場で開かれ、世界的に有名な俳優や映画監督、音楽家などがホストを務める。このホストをした人物には、スティーヴ・ブシェミ、ボノ、クーリオ、ジョン・マルコヴィッチ、ニック・ノルティ、ダニエル・クレイグ、ウィレム・デフォー、アンソニー・ミンゲラ、カトリン・カートリッジ、アレクサンダー・ペイン、ソフィー・オコネドー、スティーヴン・フリアーズなどが挙げられる。1995年にサラエヴォ映画祭が始まって以来、フェスティバルは多くの人々や有名人らをひきつけ、フェスティバルは国際的な水準へと昇華していった。サラエヴォ映画祭の第1回は紛争の続くサラエヴォで1995年に開かれた。サラエヴォ映画祭では2000年代に入り、バルカン半島で最大で最も著名な映画祭となった。第13回サラエヴォ映画祭では、ジュリエット・ビノシュ、ジェレミー・アイアンズ、スティーヴ・ブシェミ、マイケル・ムーアが審査員を務めた。サラエヴォ フレッシュアイペディアより)

  • 東地宏樹

    東地宏樹から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ライラの冒険 黄金の羅針盤(アスリエル卿〈ダニエル・クレイグ〉)※DVD版東地宏樹 フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「ダニエル・クレイグ」のニューストピックワード