81件中 41 - 50件表示
  • 2012年ロンドンオリンピック

    2012年ロンドンオリンピックから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    スタジアムの電光掲示板にフィルム映像が映し出され、エリザベス女王がタキシード姿の当代ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグにエスコートされながらバッキンガム宮殿を出てヘリコプターに搭乗。ヘリがスタジアムに向かって離陸、飛行する映像が流されると、『ジェームズボンドのテーマ』がスタジアムに流される中、上空にヘリが飛来。女王とボンド(いずれもスタントマン)がヘリから飛び降りユニオンフラッグがプリントされたパラシュートでスタジアムに降下した。「ジェームズ・ボンドにエスコートされた空飛ぶ女王陛下」の演出に観衆が驚く中、エリザベス女王本人が貴賓席に登場した。その後イギリス国旗が入場し、聴覚障害の子供たちが手話によってイギリス国歌を合唱する中、国旗が掲揚された。2012年ロンドンオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • ライラの冒険

    ライラの冒険から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    『ロード・オブ・ザ・リング』を手がけたニュー・ライン・シネマによって映画化。『ライラの冒険 黄金の羅針盤』は、2007年12月7日、日本では2008年3月1日に公開。監督・脚本は『アバウト・ア・ボーイ』のクリス・ワイツ、撮影はヘンリー・ブラハム、音楽はアレクサンドル・デプラ、出演者は新人のダコタ・ブルー・リチャーズ(ライラ)、ニコール・キッドマン(コールター夫人)、ダニエル・クレイグ(アスリエル卿)、エヴァ・グリーン(セラフィナ・ペカーラ)、サム・エリオット(リー・スコーズビー)等。小道具の製作に(例えば羅針盤だけで)実際の鍛冶まで用意し非常に潤沢な予算をかけた。ライラの冒険 フレッシュアイペディアより)

  • エヴァ・グリーン

    エヴァ・グリーンから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    2006年にはダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる『007』新シリーズ『007 カジノ・ロワイヤル』で、ボンドガールに選ばれる(フランス人女優として5人目)。この年の英国アカデミー賞のライジング・スター賞を受賞した。エヴァ・グリーン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    2000年にデビュー。2004年公開のオーストラリア映画『Somersault』でオーストラリア映画協会賞主演男優賞を受賞。2002年公開の『ジャスティス』以降、ハリウッドでも活躍するようになる。ピアース・ブロスナンの後任となるジェームズ・ボンド役の最終候補のひとりにダニエル・クレイグやヘンリー・カヴィルと共に挙げられていた。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • 田村英里子

    田村英里子から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ダニエル・クレイグ・インタビュー(2006年5月19日放送)田村英里子 フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・ブロッコリ

    バーバラ・ブロッコリから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    17歳のとき、『007 私を愛したスパイ』で初めて『007』シリーズに関与する。6年後、『007 オクトパシー』(1983年)で初めて助監督の一人を務める。さらにその後『007 リビング・デイライツ』(1987年)ではアソシエイトプロデューサーを務めた。『007 ゴールデンアイ』からは製作者としてクレジットされており、以後ピアース・ブロスナンとダニエル・クレイグの『007』をすべて手掛けている。バーバラ・ブロッコリ フレッシュアイペディアより)

  • ネバーセイ・ネバーアゲイン

    ネバーセイ・ネバーアゲインから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ケヴィン・マクローリーに力を貸し、本作の製作に携わったワーナーのジョン・キャリーは、その後ワーナーを辞め、MGM傘下となったユナイテッド・アーティスツの社長に就任。1995年、本家イオン・プロの007シリーズの新ボンドにピアース・ブロスナンを抜擢し『ゴールデンアイ』を大成功させる。人気に陰りを見せていた1990年代の007シリーズはこれで息を吹き返した。。この経緯で、とりわけ『ネバーセイ・ネバーアゲイン』と『ゴールデンアイ』には演出やプロット、キャラクターや小道具の設定などに共通点が多い。さらにキャリーはその後、1996年にソニー・ピクチャーズに引き抜かれ、マクローリーと共に『カジノ・ロワイヤル』、『サンダーボール作戦』の映画化権とスペクター及び、ブロフェルドのキャラクター権を行使した新たなボンドシリーズ(『SPECTRE』シリーズ)の立ち上げを試みたが、当然の如くMGMと訴訟になった。この裁判はソニーとMGMが当時、それぞれ独自にバラバラに映画化権が売却されていた『スパイダーマン』の権利回収作業からMGMが手を引き、また、MGMが回収した『スパイダーマン』の権利とソニーが保有する『カジノ・ロワイヤル』の権利を交換し、シリーズの製作を中止することで和解した。マクローリーは一人蚊帳の外で梯子をはずされた格好となる。MGMは(やる気満々だった)ブロスナン主演の『カジノ・ロワイヤル』を映画化する前にソニーに買収され、結果的に『スパイダーマン』と『007』の2大シリーズはソニーの手中に収まる。キャリーはソニー・ピクチャーズ社長に就任、ダニエル・クレイグ主演でシリーズをリブートし、『カジノ・ロワイヤル』を大ヒットさせる。マクローリーは同作公開4日後の2006年11月20日に悲願を成就させることなく世を去る。ネバーセイ・ネバーアゲイン フレッシュアイペディアより)

  • コペンハーゲン (戯曲)

    コペンハーゲン (戯曲)から見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    2002年にはダニエル・クレイグがハイゼンベルク役、スティーヴン・レイがニールス・ボーア役、フランチェスカ・アニスがマルグレーテ役で、BBCとアメリカ公共放送サービスによるテレビ版が制作された。コペンハーゲン (戯曲) フレッシュアイペディアより)

  • ダーレン・アロノフスキー

    ダーレン・アロノフスキーから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    。これは当時、ワイズは映画撮影で親しくなったイギリスを代表する大物俳優のダニエル・クレイグとの交際がマスコミに発覚し、大々的に報道されたことを受けた発表であり、このスキャンダルによりアロノフスキーとの事実婚は解消され、その翌年人気スター同士のクレイグとワイズのビッグカップルの電撃結婚は世間の話題をさらった。ダーレン・アロノフスキー フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド

    エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドから見たダニエル・クレイグダニエル・クレイグ

    ダニエル・クレイグが演じるボンドシリーズにおいて直接登場するのは『スペクター』のみだが、同作において『007 カジノ・ロワイヤル』『007 慰めの報酬』『007 スカイフォール』における出来事すべてに関わっていたことが明かされている。エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「ダニエル・クレイグ」のニューストピックワード