ダニエレ・デ・ロッシ ニュース&Wiki etc.

ダニエレ・デ・ロッシ(Daniele De Rossi, 1983年7月24日 - )は、イタリア・ローマ(オスティア地区)出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。セリエAのASローマ所属。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ダニエレ・デ・ロッシ」のつながり調べ

  • エメルソン・パルミエリ・ドス・サントス

    エメルソン・パルミエリ・ドス・サントスから見たダニエレ・デ・ロッシ

    2016年8月23日のFCポルトとのUEFAチャンピオンズリーグプレーオフ2ndレグではダニエレ・デ・ロッシに続いてレッドカードを出され退場、ローマ敗退の原因となった。しかしその後は新加入のマリオ・ルイの負傷離脱もあり左サイドバックのレギュラーに定着。12月4日のナポリ戦でシーズン12試合出場に達し、先述の買い取りオプション行使が決定、ローマへ完全移籍した。2017年2月16日のUEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのビジャレアルCF戦では利き足とは逆の右足でミドルシュートを決め、アウェーでの4-0の大勝に貢献した。2016-17シーズンは後述のとおりイタリア代表に招集されるなど飛躍のシーズンとなったが、シーズン最終戦のジェノアCFC戦で左膝の前十字靱帯を断裂してしまった。(エメルソン・パルミエリ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・スパレッティ

    ルチアーノ・スパレッティから見たダニエレ・デ・ロッシ

    ASローマでは、トップ下の攻撃的MFとして地位を固めていたフランチェスコ・トッティをセンター・フォワード(CF)にコンバートし、代わりにシモーネ・ペッロッタにトップ下を任せた。さらにダニエレ・デ・ロッシやアルベルト・アクイラーニといった若手を積極的に起用、チームの再建を成功させた。生粋のストライカーを起用せず細かなパス回しとMFの走り込みを組み合わせた攻撃サッカーは、0トップと呼ばれ、セリエAで最も美しいサッカーと言われた。そしてその新戦術はFCバルセロナなど現在の強豪クラブにも大きな影響を与えている。(ルチアーノ・スパレッティ フレッシュアイペディアより)

「ダニエレ・デ・ロッシ」のニューストピックワード