前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • デ・ロッシ

    デ・ロッシから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ダニエレ・デ・ロッシ - イタリアのサッカー選手デ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエレ・デロッシ

    ダニエレ・デロッシから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ダニエレ・デロッシ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヘニンク・エブレベ

    トム・ヘニンク・エブレベから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    エブレベはUEFA欧州選手権2008における主審に選出された。彼がヨーロッパレベルでの大規模な大会において主審を務めるのはこれが初めてであった。彼はグループBにおける開幕戦であったドイツ対ポーランド戦を担当し、さらに1-1の引き分けに終わったイタリア対ルーマニア戦でも主審を務めた。イタリアサッカー協会はこの試合においてルカ・トニのゴールがオフサイドであるとして取り消されたことに関し、UEFAに謝罪を要求している。このプレーのほかにもルーマニアに対して与えられたペナルティー・キックとダニエレ・デ・ロッシへのイエローカードの判定についても疑問が持たれた。エブレベは試合後にミスがあったことを認めた。この試合後には主審を担当することはなかった。.トム・ヘニンク・エブレベ フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ハブレ

    ヤン・ハブレから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    U-19チェコ代表ではキャプテンを務めた。18歳でイタリアのACFフィオレンティーナに移籍する際には、チェコのデ・ロッシと紹介された。かつてはアイスホッケーの選手を兼ねていたが、同じチェコ人でアイドルだったトマーシュ・ウイファルシとの競演を夢見て、サッカーに専念したという。ヤン・ハブレ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決

    サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決から見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    予選に引き続き、UEFA欧州選手権2008のグループリーグでもイタリアとフランスは同組となった。オランダとルーマニアも同組となり、イタリア、フランスを合わせたグループCは「死の組」と呼ばれた。2戦を終えてオランダが2勝で首位、ルーマニアが2分で2位、イタリアとフランスが1分1敗で3位であった。グループリーグ突破を懸けた第3戦で両国が対戦したが、ピルロのPKによる先制点とダニエレ・デ・ロッシの追加点で、イタリアが2-0と快勝した。ルーマニアはオランダに敗れたため、イタリアが2位に浮上して決勝トーナメント進出を決め、フランスは最下位でグループリーグ敗退に終わった。サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンドメニコ・メスト

    ジャンドメニコ・メストから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2004年のアテネオリンピック代表に選出され、ダニエレ・デ・ロッシ、アルベルト・ジラルディーノらと共に銅メダルを獲得。イタリア代表には2005年より選出されている。ジャンドメニコ・メスト フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・カモラネージ

    マウロ・カモラネージから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    そして2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会では、同年にカルチョ・スキャンダルが発覚し、所属するユヴェントスやイタリアサッカー界が暗いムードに包まれる中、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、アンドレア・ピルロ、ダニエレ・デ・ロッシらとトリプルボランチを形成。自身が飛躍するきっかけとなったリッピ監督の下で4度目のワールドカップ制覇に貢献した。マウロ・カモラネージ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーイタリア代表

    サッカーイタリア代表から見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    EURO 2004終了後に代表監督に就任した名将マルチェロ・リッピは、「カテナチオからの脱却」を掲げ攻撃的なチーム作りに着手。同年のアテネ五輪で銅メダルを獲得したU-23代表からダニエレ・デ・ロッシ、アルベルト・ジラルディーノらを招集。またルカ・トーニ、ファビオ・グロッソら遅咲きの選手を主力として起用していった。サッカーイタリア代表 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ドナデル

    マルコ・ドナデルから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ミランユース出身のイタリア人選手。アンダー世代レベルではイタリア代表に何度も招集され、U-21では主将を務めた。名門の下部組織で育ったが、ビッグクラブの慣例によりプロビンチャを転々する。キャプテンシーにも優れており、運動量が豊富でかつ試合の流れを冷静に見られる選手である。10代の頃はレジスタとしての成長が期待されていたが、パス精度よりも運動量と積極的な守備意識に対する評価が高く、20代になってからは徐々に守備的なミッドフィールダーとして周囲に認知されるようになった。フル代表に招集されていないことから知名度としては地味ながらも、このタイプの選手としては、セリエAで活躍するエステバン・カンビアッソやダニエレ・デ・ロッシに次ぐレベルにあると見られている。中盤であれば純粋なウィング以外のどのポジションもこなし、前述の守備的なポジション以外にも前目のセンターハーフとしてプレーするときには、積極的な飛び出しや、強烈で正確にコントロールされたミドルシュートを放つ。マルコ・ドナデル フレッシュアイペディアより)

  • ボージャン・クルキッチ

    ボージャン・クルキッチから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    。10月1日、アタランタBC戦においてダニエレ・デ・ロッシからのアシストで移籍後初ゴールを記録した。ボージャン・クルキッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示

「ダニエレ・デ・ロッシ」のニューストピックワード