前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • サッカーイタリア代表

    サッカーイタリア代表から見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    EURO 2004終了後に代表監督に就任した名将マルチェロ・リッピは、「カテナチオからの脱却」を掲げ攻撃的なチーム作りに着手。同年のアテネ五輪で銅メダルを獲得したU-23代表からダニエレ・デ・ロッシ、アルベルト・ジラルディーノらを招集。またルカ・トーニ、ファビオ・グロッソら遅咲きの選手を主力として起用した。サッカーイタリア代表 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエレ・デロッシ

    ダニエレ・デロッシから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ダニエレ・デロッシ フレッシュアイペディアより)

  • デ・ロッシ

    デ・ロッシから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ダニエレ・デ・ロッシ - イタリアのサッカー選手デ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヘニンク・エブレベ

    トム・ヘニンク・エブレベから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    エブレベはUEFA EURO 2008における主審に選出された。彼がヨーロッパレベルでの大規模な大会において主審を務めるのはこれが初めてであった。彼はグループBにおける開幕戦であったドイツ対ポーランド戦を担当し、さらに1-1の引き分けに終わったイタリア対ルーマニア戦でも主審を務めた。イタリアサッカー連盟はこの試合においてルカ・トーニのゴールがオフサイドであるとして取り消されたことに関し、UEFAに謝罪を要求している。このプレーのほかにもルーマニアに対して与えられたペナルティー・キックとダニエレ・デ・ロッシへのイエローカードの判定についても疑問が持たれた。エブレベは試合後にミスがあったことを認めた。この試合後には主審を担当することはなかった。.トム・ヘニンク・エブレベ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンドメニコ・メスト

    ジャンドメニコ・メストから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2004年のアテネオリンピック代表に選出され、ダニエレ・デ・ロッシ、アルベルト・ジラルディーノらと共に銅メダルを獲得。イタリア代表には2005年より選出されている。ジャンドメニコ・メスト フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ドナデル

    マルコ・ドナデルから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ACミランユース出身のイタリア人選手。アンダー世代レベルではイタリア代表に何度も招集され、U-21では主将を務めた。名門の下部組織で育ったが、ビッグクラブの慣例によりプロビンチャを転々する。キャプテンシーにも優れており、運動量が豊富でかつ試合の流れを冷静に見られる選手である。10代の頃はレジスタとしての成長が期待されていたが、パス精度よりも運動量と積極的な守備意識に対する評価が高く、20代になってからは徐々に守備的なミッドフィールダーとして周囲に認知されるようになった。フル代表に招集されていないことから知名度としては地味ながらも、このタイプの選手としては、セリエAで活躍するエステバン・カンビアッソやダニエレ・デ・ロッシに次ぐレベルにあると見られている。中盤であれば純粋なウィング以外のどのポジションもこなし、前述の守備的なポジション以外にも前目のセンターハーフとしてプレーするときには、積極的な飛び出しや、強烈で正確にコントロールされたミドルシュートを放つ。マルコ・ドナデル フレッシュアイペディアより)

  • チェーザレ・プランデッリ

    チェーザレ・プランデッリから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    イタリア代表では倫理規定を設けており、問題行動が多いバロテッリやダニエレ・デ・ロッシといった主力でさえも、直近の所属クラブの試合で問題を起こした場合、招集外になるケースが度々ある。チェーザレ・プランデッリ フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・スパレッティ

    ルチアーノ・スパレッティから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ASローマでは、トップ下の攻撃的MFとして地位を固めていたフランチェスコ・トッティをセンター・フォワード(CF)にコンバートし、代わりにシモーネ・ペッロッタにトップ下を任せた。さらにダニエレ・デ・ロッシやアルベルト・アクイラーニといった若手を積極的に起用、チームの再建を成功させた。生粋のストライカーを起用せず細かなパス回しとMFの走り込みを組み合わせた攻撃サッカーは、0トップと呼ばれ、セリエAで最も美しいサッカーと言われた。そしてその新戦術はFCバルセロナなど現在の強豪クラブにも大きな影響を与えている。ルチアーノ・スパレッティ フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・カモラネージ

    マウロ・カモラネージから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    そして2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会では、同年にカルチョ・スキャンダルが発覚し、所属するユヴェントスやイタリアサッカー界が暗いムードに包まれる中、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、アンドレア・ピルロ、ダニエレ・デ・ロッシらとトリプルボランチを形成。自身が飛躍するきっかけとなったリッピ監督の下で4度目のワールドカップ制覇に貢献した。マウロ・カモラネージ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ジラルディーノ

    アルベルト・ジラルディーノから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2000年7月1日にピアチェンツァとの共同保有の条件でエラス・ヴェローナFCへ移籍。2002-03シーズンにはパルマFCへ移籍。当初は出番が少なかったが、2002-03シーズン終了後にアドリアーノ、アドリアン・ムトゥらが移籍した事で出場機会が増えた。2003-04シーズンには定位置を確保し23得点を記録、アンドリー・シェフチェンコに次ぐ得点ランキング2位(イタリア人では1位)という結果で終え、その知名度が一気に高まる。2004年のUEFA U-21欧州選手権ではダニエレ・デ・ロッシらとともに出場して優勝し、大会最優秀選手に輝いた。2004年8月30日にはイタリア代表に初選出され、9月4日のノルウェー戦(パレルモ)で代表デビューを飾った。同年10月13日、ベラルーシ戦で代表初ゴールを記録した。アルベルト・ジラルディーノ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「ダニエレ・デ・ロッシ」のニューストピックワード