22件中 11 - 20件表示
  • リッカルド・モントリーヴォ

    リッカルド・モントリーヴォから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    アタランタ所属時はトレクァルティスタの選手として育てられてきたが、フォワード的な資質に乏しいことや、後方からのオフザボールの動きや、ドリブルで攻め上がるという本来の持ち味を出せないため、フィオレンティーナに移籍後は徐々にポジションを下げる。こういった経歴や前述のようなプレースタイルから、アンドレア・ピルロの後継者と呼ぶ声もあった。しかし本人はピルロを手本としているとしながらも、スティーヴン・ジェラードやダニエレ・デ・ロッシといった、よりプレーエリアの広いオールマイティな選手を目指していると話す。リッカルド・モントリーヴォ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・マクブライド

    ブライアン・マクブライドから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2006年5月2日にワールドカップの一員に選出されて自身3連続目となる出場を果たしたが、グループリーグのイタリア戦で相手のダニエレ・デ・ロッシから顔に肘打ちをされたことで血まみれとなって3針を必要とした。なお、デ・ロッシにはFIFAから4試合の出場停止(当初は5試合であり、デ・ロッシの謝罪で減刑)と罰金1万スイス・フランが科された。同大会終了後の7月26日に代表引退を表明した。ブライアン・マクブライド フレッシュアイペディアより)

  • ボージャン・クルキッチ

    ボージャン・クルキッチから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2011年7月22日、出場機会を求めてルイス・エンリケ率いるASローマに1200万ユーロで移籍。なお、この移籍契約には2012-13シーズン終了後にFCバルセロナが1300万ユーロで義務的買戻しを実行する条項が含まれている。 この買戻しはASローマによって阻止することは可能だが、その場合は移籍金の総額が4000万ユーロへと増額される。10月1日、アタランタBC戦においてダニエレ・デ・ロッシからのアシストで移籍後初ゴールを記録した。ボージャン・クルキッチ フレッシュアイペディアより)

  • ローマ

    ローマから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ローマで最も人気のあるスポーツはサッカーである。スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマでは1990 FIFAワールドカップ決勝試合が行われ、現在はセリエA屈指の強豪ASローマや他にもSSラツィオ、セリエC1のアトレティコ・ローマの本拠地として使用されている。各チーム間には猛烈なライバル意識があり、ローマのスポーツ文化として定着している。ASローマのフランチェスコ・トッティやダニエレ・デ・ロッシを初めとし、各チームでは有名選手が在籍、また有名選手が誕生しやすい傾向がある。ローマ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・バロテッリ

    マリオ・バロテッリから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2009-10シーズンはUEFAチャンピオンズリーグのFCルビン・カザン戦で1点目をアシストし、さらに長距離からの無回転フリーキックを決めるなど試合に出れば活躍も見せる一方で、問題行動が目立つようになった。監督のジョゼ・モウリーニョはバロテッリがチームの規律を乱すとして度々招集外とし、最大で6試合連続で招集外は続いた。また罰金はバロテッリのためにならないと、サテライトチームへ降格させたこともあった。2010年1月6日のキエーヴォ・ヴェローナ戦でキエーヴォサポーターへ挑発的な拍手をしたとして処分された。この背景にはキエーヴォサポーターからの人種差別があったとされ、処分については疑問の声も上がった。モウリーニョとの対立が深くなる中で、3月にイタリアのテレビ番組に出演した際にはインテルのライバルであるACミランのユニフォームに袖を通し批判された。チームから謹慎処分を受けたものの、バロテッリはインテルのホームページ上で謝罪し、復帰した4月2日のボローニャFC戦では得点も挙げた。しかし2010年4月20日のFCバルセロナ戦では、彼のパフォーマンスに満足せずブーイングしたファンへの抗議として、試合終了後にユニフォームを地面に投げつけた。5月5日のコッパ・イタリアの決勝戦では、ASローマのフランチェスコ・トッティから後ろから蹴り飛ばされる悪質なファウルを受けた。このプレーでトッティは退場処分を受けている。後にトッティは自身の過ちを認め、試合後には握手を交した一方で「バロテッリはローマとローマの人々を侮辱した」とコメントし、ダニエレ・デ・ロッシやルカ・トーニも「トッティはバロテッリから侮辱され、酷いファウルを浴びていた」と証言し、物議を醸した。マリオ・バロテッリ フレッシュアイペディアより)

  • エメルソン・パルミエリ・ドス・サントス

    エメルソン・パルミエリ・ドス・サントスから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2016年8月23日のFCポルトとのUEFAチャンピオンズリーグプレーオフ2ndレグではダニエレ・デ・ロッシに続いてレッドカードを出され退場、ローマ敗退の原因となった。しかしその後は新加入のマリオ・ルイの負傷離脱もあり左サイドバックのレギュラーに定着。12月4日のナポリ戦でシーズン12試合出場に達し、先述の買い取りオプション行使が決定、ローマへ完全移籍した。2017年2月16日のUEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのビジャレアルCF戦では利き足とは逆の右足でミドルシュートを決め、アウェーでの4-0の大勝に貢献した。2016-17シーズンは後述のとおりイタリア代表に招集されるなど飛躍のシーズンとなったが、シーズン最終戦のジェノアCFC戦で左膝の前十字靱帯を断裂してしまった。エメルソン・パルミエリ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • 7月24日

    7月24日から見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    1983年 - ダニエレ・デ・ロッシ、サッカー選手7月24日 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    7月24日 - ダニエレ・デ・ロッシ、サッカー選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • 徳永悠平

    徳永悠平から見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2004年にはアテネオリンピックに臨むU-23日本代表に選出。しかしイタリア戦でデ・ロッシとの接触によって負傷退場し不完全燃焼に終わった。高校・大学時代を通じ常に各年代の日本代表に選出されており、U-22・U-23日本代表監督の山本昌邦からも絶大な信頼を寄せられ、トップクラスの出場時間を得ていた。在学中からA代表入りも期待されるほど大学サッカー界では突出した存在だった。徳永悠平 フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ハブレ

    ヤン・ハブレから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    U-19チェコ代表ではキャプテンを務めた。18歳でイタリアのACFフィオレンティーナに移籍する際には、チェコのデ・ロッシと紹介された。かつてはアイスホッケーの選手を兼ねていたが、同じチェコ人でアイドルだったトマーシュ・ウイファルシとの競演を夢見て、サッカーに専念したという。ヤン・ハブレ フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示

「ダニエレ・デ・ロッシ」のニューストピックワード