1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示
  • リッカルド・モントリーヴォ

    リッカルド・モントリーヴォから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    アタランタ所属時はトレクァルティスタの選手として育てられてきたが、フォワード的な資質に乏しいことや、後方からのオフザボールの動きや、ドリブルで攻め上がるという本来の持ち味を出せないため、フィオレンティーナに移籍後は徐々にポジションを下げる。こういった経歴や前述のようなプレースタイルから、アンドレア・ピルロの後継者と呼ぶ声もあった。しかし本人はピルロを手本としているとしながらも、スティーヴン・ジェラードやダニエレ・デ・ロッシといった、よりプレーエリアの広いオールマイティな選手を目指していると話す。イタリア代表監督のマルチェロ・リッピも彼はピルロの後継者ではなく、ややジェラードのようだと指摘している。フィオレンティーナの戦術変更がなされた2009年頃からは、守備のタスクが多い2センターハーフシステムのポジションで、本来の華やかなプレーだけではなく我慢強い守備を披露し、より多くの役割に適応している。リッカルド・モントリーヴォ フレッシュアイペディアより)

  • 7月24日

    7月24日から見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    1983年 - ダニエレ・デ・ロッシ、サッカー選手7月24日 フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ジラルディーノ

    アルベルト・ジラルディーノから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2000年7月1日にピアチェンツァとの共同保有の条件でヘラス・ヴェローナへ移籍。2002-2003シーズンにはパルマFCへ移籍。当初は出番が少なかったが、2002-2003シーズン終了後にアドリアーノ、アドリアン・ムトゥらが移籍した事で、出場機会が増えた。2003-2004シーズンには定位置を確保し23得点を記録、アンドリー・シェフチェンコ(ACミラン・当時)に次ぐ得点ランキング2位(イタリア人では1位)という結果で終え、その知名度が一気に高まる。2004年のUEFA U-21欧州選手権ではダニエレ・デ・ロッシらとともに出場して優勝し、大会最優秀選手に輝いた。2004年8月30日にはイタリア代表に初選出され、9月4日のノルウェー戦(パレルモ)で代表デビューを飾った。同年10月13日、ベラルーシ戦で代表初ゴールを記録した。アルベルト・ジラルディーノ フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    EURO2008にはスペイン代表のキャプテンとして臨んだ。グループリーグのロシア戦とスウェーデン戦に出場し、安定感のあるセービングを見せたが、3戦目のギリシャ戦には控えのホセ・マヌエル・レイナが出場した。決勝トーナメント1回戦のイタリア戦はPK戦までもつれたが、アントニオ・ディ・ナターレとダニエレ・デ・ロッシのシュートを止めてPK戦を4-2で勝利し、スペイン代表が持っていた様々なジンクスを打ち破った。カシージャスの母親は、このPK戦を前にあまりの緊張からか気を失い、息子の勇姿を見逃した。グループリーグではズラタン・イブラヒモビッチに1失点しただけであり、準々決勝、準決勝、決勝の全てでクリーンシートを記録し、守備に安定感をもたらした。6月29日のドイツとの決勝を1-0で勝利し、スペインの44年ぶりの優勝に大きく貢献した。UEFA欧州選手権のトロフィーをキャプテンとして掲げた初のゴールキーパーとなり、ジャンルイジ・ブッフォンやエドウィン・ファン・デル・サールと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。2008年10月、カシージャスとレイナの二人はアンドニ・スビサレッタとフランシスコ・ブーヨが作り、長い間破られることがなかったスペイン代表の連続無失点記録(710分)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・トッティ

    フランチェスコ・トッティから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    できるならば38歳ぐらいまでプレーしたいと語り、引退後はダニエレ・デ・ロッシにキャプテンを継いでもらいたいと考えている。フランチェスコ・トッティ フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    7月24日 - ダニエレ・デ・ロッシ、サッカー選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・バロテッリ

    マリオ・バロテッリから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    2009-10シーズンはUEFAチャンピオンズリーグのFCルビン・カザン戦で1点目をアシストし、さらに長距離からの無回転フリーキックを決めるなど試合に出れば活躍も見せる一方で、問題行動が目立つようになった。監督のジョゼ・モウリーニョはバロテッリがチームの規律を乱すとして度々招集外とし、最大で6試合連続で招集外は続いた。また罰金はバロテッリのためにならないと、サテライトチームへ降格させたこともあった。2010年1月6日のキエーヴォ・ヴェローナ戦でキエーヴォサポーターへ挑発的な拍手をしたとして処分された。この背景にはキエーヴォサポーターからの人種差別があったとされ、処分については疑問の声も上がった。モウリーニョとの対立が深くなる中で、3月にイタリアのテレビ番組に出演した際にはインテルのライバルであるACミランのユニフォームに袖を通し批判された。チームから謹慎処分を受けたものの、バロテッリはインテルのホームページ上で謝罪し、復帰した4月2日のボローニャFC戦では得点も挙げた。しかし2010年4月20日のFCバルセロナ戦では、彼のパフォーマンスに満足せずブーイングしたファンへの抗議として、試合終了後にユニフォームを地面に投げつけた。5月5日のコッパ・イタリアの決勝戦では、ASローマのフランチェスコ・トッティから後ろから蹴り飛ばされる悪質なファウルを受けた。このプレーでトッティは退場処分を受けている。後にトッティは自身の過ちを認め、試合後には握手を交した一方で「バロテッリはローマとローマの人々を侮辱した」とコメントし、ダニエレ・デ・ロッシやルカ・トーニも「トッティはバロテッリから侮辱され、酷いファウルを浴びていた」と証言し、物議を醸した。マリオ・バロテッリ フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・スパレッティ

    ルチアーノ・スパレッティから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ASローマでは、トップ下の攻撃的MFとして地位を固めていたフランチェスコ・トッティをセンター・フォワード(CF)にコンバートし、代わりにシモーネ・ペッロッタにトップ下を任せた。さらにダニエレ・デ・ロッシやアルベルト・アクイラーニといった若手を積極的に起用、チームの再建を成功させた。生粋のストライカーを起用せず細かなパス回しとMFの走り込みを組み合わせた攻撃サッカーは、0トップと呼ばれ、セリエAで最も美しいサッカーと言われた。そしてその新戦術はFCバルセロナなど現在の強豪クラブにも大きな影響を与えている。ルチアーノ・スパレッティ フレッシュアイペディアより)

  • ローマ

    ローマから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    ローマで最も人気のあるスポーツはサッカーである。スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマでは1990 FIFAワールドカップ決勝試合が行われ、現在はセリエAのASローマとSSラツィオ、セリエC1のアトレティコ・ローマの本拠地として使用されている。各チーム間には猛烈なライバル意識があり、ローマのスポーツ文化として定着している。ASローマのフランチェスコ・トッティやダニエレ・デ・ロッシを初めとし、各チームでは有名選手が在籍、また有名選手が誕生しやすい傾向がある。ローマ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示

「ダニエレ・デ・ロッシ」のニューストピックワード