1 2 3 次へ
22件中 21 - 22件表示
  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    EURO2008にはスペイン代表のキャプテンとして臨んだ。グループリーグのロシア戦とスウェーデン戦に出場し、安定感のあるセービングを見せたが、3戦目のギリシャ戦には控えのホセ・マヌエル・レイナが出場した。決勝トーナメント1回戦のイタリア戦はPK戦までもつれたが、アントニオ・ディ・ナターレとダニエレ・デ・ロッシのシュートを止めてPK戦を4-2で勝利し、スペイン代表が持っていた様々なジンクスを打ち破った。カシージャスの母親は、このPK戦を前にあまりの緊張からか気を失い、息子の勇姿を見逃した。グループリーグではズラタン・イブラヒモビッチに1失点しただけであり、準々決勝、準決勝、決勝の全てでクリーンシートを記録し、守備に安定感をもたらした。6月29日のドイツとの決勝を1-0で勝利し、スペインの44年ぶりの優勝に大きく貢献した。UEFA欧州選手権のトロフィーをキャプテンとして掲げた初のゴールキーパーとなり、ジャンルイジ・ブッフォンやエトヴィン・ファン・デル・サールと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。2008年10月、カシージャスとレイナの二人はアンドニ・スビサレッタとフランシスコ・ブーヨが作り、長い間破られることがなかったスペイン代表の連続無失点記録(710分)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決

    サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決から見たダニエレ・デ・ロッシダニエレ・デ・ロッシ

    予選に引き続き、UEFA欧州選手権2008のグループリーグでもイタリアとフランスは同組となった。オランダとルーマニアも同組となり、イタリア、フランスを合わせたグループCは「死の組」と呼ばれた。2戦を終えてオランダが2勝で首位、ルーマニアが2分で2位、イタリアとフランスが1分1敗で3位であった。グループリーグ突破を懸けた第3戦で両国が対戦したが、ピルロのPKによる先制点とダニエレ・デ・ロッシの追加点で、イタリアが2-0と快勝した。ルーマニアはオランダに敗れたため、イタリアが2位に浮上して決勝トーナメント進出を決め、フランスは最下位でグループリーグ敗退に終わった。サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
22件中 21 - 22件表示

「ダニエレ・デ・ロッシ」のニューストピックワード