前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • ペドロ・ロドリゲス・レデスマ

    ペドロ・ロドリゲス・レデスマから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2008年夏のプレシーズンマッチで質の高いプレーを披露し、ハイバーニアンFCとニューヨーク・レッドブルズとの親善試合で得点を決めた。8月13日、UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦ヴィスワ・クラクフ戦(4-0)で先発出場し、トゥーレ・ヤヤと途中交代するまでプレーした。アル・アハリとの親善試合での活躍が決定打となり、8月21日にトップチームとプロ契約を結んだ。下部組織時代に着用していた背番号7を好んでいるが、トップチーム昇格時は既にエイドゥル・グジョンセンが着用していたため、背番号17を選んだ。グジョンセンは2008-09シーズン終了後にASモナコへ移籍したが、空き番となった7は2010年にバレンシアCFから加入したダビド・ビジャに渡された。9月16日、スポルティング・リスボン戦(3-1)でティエリ・アンリとの途中交代でUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ初出場を果たした。FCバルセロナが3冠を獲得した2008-09シーズンは通算14試合に出場した。リーグ戦ではヘタフェCF戦(1-1)、バレンシアCF戦(4-0)、レアル・バリャドリード戦(1-0)、すでに戴冠を決めた後のCAオサスナ戦(0-1)に計365分間出場した。同シーズンのコパ・デル・レイではベニドルムCF戦(1-0)とアトレティコ・マドリード戦(3-1)に、いずれもメッシとの交代で途中出場した。UEFAチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦(2-0)ではアンドレス・イニエスタとの交代で試合終了前の数分間だけプレーした。ペドロ・ロドリゲス・レデスマ フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・カプデビラ

    ジョアン・カプデビラから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2006 FIFAワールドカップ後はスペイン代表に定着し、不動の左SBとして君臨するようになった。UEFA欧州選手権2008予選のスウェーデン戦で代表初得点。2008年2月6日には、マラガで行われたフランスとの親善試合でも決勝点を決めた。UEFA欧州選手権2008前には友人のスポーツライター中嶋亨から明治神宮のお守りを貰ったが、そのお守りがスペイン代表チーム内で流行し、シャビなど中嶋に「お守りが欲しい」という選手が続出した。UEFA欧州選手権2008本大会グループリーグのスウェーデン戦では自陣からのロングパスでダビド・ビジャの決勝点をアシストした。セルヒオ・ラモス、カルレス・プジョル、カルロス・マルチェナと4バックを組み、決勝トーナメント以後の3試合すべてを完封して優勝を勝ち取った。ジョアン・カプデビラ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2006 FIFAワールドカップ欧州予選では、ベルギー戦での極めて重要な2得点や代表戦で初ハットトリックを達成したサンマリノ戦の3得点も含めて11試合に出場して7得点を決め、チーム内得点王になった。本大会メンバーにも順当に選ばれ、4-0で大勝したグループリーグ初戦のウクライナ戦ではボレーシュートを決めた。グループリーグ2戦目のチュニジア戦では76分に2-1とリードする得点を決め、90分にPKで追加点を決めた。この3得点により、コンビを組むダビド・ビジャと並んでスペイン代表のトップスコアラーになった。フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・モリエンテス

    フェルナンド・モリエンテスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2006年5月後半、移籍金約300万ユーロでバレンシアCFに移籍した。キケ・サンチェス・フローレス監督とはレアル・サラゴサ時代にともにプレーした経験がある。母国に戻ったことでコンディションを取り戻し、リーグデビュー戦のレアル・ベティス戦で移籍後初得点を決めて2-1で勝利し、UEFAチャンピオンズリーグデビュー戦のオリンピアコスFC戦ではハットトリックを達成した。ダビド・ビジャとの良い連携を見せ、リーグ戦では24試合12得点、UEFAチャンピオンズリーグではチーム内得点王の7得点を決め、ビジャと並んでチーム内得点王になった。2006-07シーズンの活躍からスペイン代表に再び招集された。フェルナンド・モリエンテス フレッシュアイペディアより)

  • 永井 大介

    永井大介から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    9月10日、GII若獅子杯争奪戦(山陽オートレース場)優勝。競走車呼名「ダビド・ビジャ」。競走タイム3.389。永井大介 フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マタ

    フアン・マタから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    古巣レアル・マドリードと対戦した2008年のスーペルコパ・デ・エスパーニャではファーストレグで得点を決めて3-2で勝利したが、セカンドレグでは2-4で敗れ、2試合合計5-6で敗れて準優勝に終わった。2008-09シーズンの出だしは良好で、RCDマジョルカとの開幕戦で先制点を決めたほか、CAオサスナ戦ではダビド・ビジャからのロングボールをゴールネットに沈めた。ビジャとの連携は試合ごとに改善し、2008年9月25日のマラガCF戦ではビジャが決めた2得点の両方をアシストした。3日後のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では1得点3アシストと4得点すべてに絡む活躍を見せた。終盤戦のスポルティング・ヒホン戦では決勝点となる3点目を決め、ホームでのセビージャFC戦では2-1の勝利を決めるPKを決めた(本来のキッカーであるビジャが負傷交代していたため)。2008-09シーズンは11得点13アシストという素晴らしい成績を残し、アシストランキングではFCバルセロナのシャビに次いでリーグ2位に位置した。フアン・マタ フレッシュアイペディアより)

  • ビジャ

    ビジャから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダニ・ガルシア

    ダニ・ガルシアから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    1999年夏、レアル・マドリードのライバルであるFCバルセロナに移籍した。1999-2000シーズンは絶対的なレギュラーではなかったが、チーム3位となる11得点を挙げた。しかし、その後は負傷がちでコンディションを落とし、2000-01シーズンからの3シーズンは満足にプレーできなかった。2003-04シーズン開幕から数ヶ月が過ぎた頃にFCバルセロナのメンバーから登録抹消され、自主トレーニングを続けて2004年1月に古巣レアル・サラゴサと契約を交わした。若手のダビド・ビジャとポジションを分け合うと、セグンダ・ディビシオン(2部)降格の危機に立っていたクラブを救い、バルセロナで行われたコパ・デル・レイ決勝のレアル・マドリード戦ではロスタイムに決勝点を決めた。ダニ・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • ノウ・メスタージャ

    ノウ・メスタージャから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2007年8月に建設工事が着工し、2009年に完成予定であったが、資金難や政治的な事情が重なったこともあり、2009年2月に作業は中断された。しかしその後、バレンシアCFがダビド・ビジャやダビド・シルバなどのスター選手を放出したことで資金面での最悪の時期を脱し、2011年12月、金融グループによる融資により工事が再開された。2014年完成予定。ノウ・メスタージャ フレッシュアイペディアより)

  • ラボーナ

    ラボーナから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    試合中にラボーナを効果的に使うことでよく知られている選手としては、ディエゴ・マラドーナ、アルベルト・アクィラーニ、ナニ、デヴィッド・ダン、リカルド・クアレスマ、クリスティアーノ・ロナウド、アンヘル・ディ・マリア、ロナウジーニョ、マリオ・バロテッリ、ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、ズラタン・イブラヒモビッチ、ルイス・スアレス、、、エデン・アザールらである。ラボーナ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード