47件中 11 - 20件表示
  • ファビオ・ペレイラ・ダ・シウヴァ

    ファビオ・ペレイラ・ダ・シウヴァから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    弟ラファエウが右SBのレギュラーを獲得し活躍するのに対して、左SBには世界有数SBであるエヴラがレギュラーを獲得していた事や、度重なる怪我のため中々チャンスを掴むことが出来なかった。その為、リザーブリーグが主戦場となるものの、サイドハーフやトップ下など様々なポジションで経験をつみ、2010-2011シーズンはトップチームでの出場機会を増やしていく。シーズン終盤になると怪我で離脱していたラファエウやオシェイを押しのけて右SBのレギュラーを獲得し、チャンピオンズリーグの決勝では先発出場するまでに至った。決勝での先発入りはバルセロナのビジャ対策としてオシェイが先発すると思われていただけに、多くのファンを驚かせると共に自身の実力を証明するものでもあった。ファビオ・ペレイラ・ダ・シウヴァ フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップの統計

    2010 FIFAワールドカップの統計から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    最多得点選手: 5得点 — ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、トーマス・ミュラー、ディエゴ・フォルラン2010 FIFAワールドカップの統計 フレッシュアイペディアより)

  • セルジ・ロベルト

    セルジ・ロベルトから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    14歳の2006年にタラゴナの下部組織からFCバルセロナの下部組織に入団し、2009-2010シーズンよりバルサBでプレーし始める。順調にバルサBでの出場機会を得ると、2010年11月10日のスペイン国王杯のセウタ戦にてトップチームデビューを果たす。また、同シーズンの4月27日にチャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリード戦にてビジャと交代でチャンピオンズリーグデビューすると共にクラシコデビューした。さらに2010-2011シーズンのリーガ・エスパニョーラ最終戦のマラガCF戦でフル出場し、3-1の勝利に貢献した。こうした活躍も有り、2011年8月25日には2015年6月30日までの契約延長に合意している。セルジ・ロベルト フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でも中心選手としてチームを引っ張り、10戦10勝で本大会出場を決めた。本大会グループリーグのスイスとの緒戦は0-1で敗れたが、ホンジュラスとチリに勝利してグループリーグ突破を決め、決勝トーナメントではポルトガル、パラグアイ、ドイツ、オランダを倒して初優勝を飾った。決勝トーナメント1回戦ではヒールパスでFWダビド・ビジャの決勝点をアシストし、準決勝ではコーナーキックでDFカルレス・プジョルの得点をアシストした。決勝までの7試合で669本のパスを試みて544本を成功させ、そのパス成功率は81%にも達した。パス本数はバスティアン・シュバインシュタイガーに104本差をつけて参加選手中最多を誇り、パス成功本数が500本を越えたのは彼だけであった。また、43本のコーナーキックを蹴って26本を味方に合わせたが、キック数・成功本数ともに2位を大きく引き離してトップだった。7試合で全選手中トップの80.2kmの走行距離を記録し、1試合平均走行距離は11.4kmに達した。ペナルティエリア内にボールを運んだ回数も全選手中トップの20回を記録した。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・ネグレド

    アルバロ・ネグレドから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャとダニエル・グイサが負傷したため、2009年10月にスペインA代表に初招集された。10月10日の2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選・アルメニア戦(2-1)では、後半の早い段階でフェルナンド・トーレスとの交代で出場して代表デビューし、無得点に終わったが惜しいミドルシュートを放った。10月14日の同予選・ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(5-2)では敵地で代表初ゴールを含む2得点2アシストの大活躍でチームの勝利に貢献した。2010年5月、2010 FIFAワールドカップのスペイン代表候補30人に選出されたが、本大会に出場する23人からは外れた。2012年、EURO2012のスペイン代表23名に選ばれ、6月27日、準決勝のポルトガル戦で先発出場した。アルバロ・ネグレド フレッシュアイペディアより)

  • ウナイ・エメリ

    ウナイ・エメリから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2010年夏にはダビド・ビジャがFCバルセロナに移籍し、ダビド・シルバがマンチェスター・シティFCに移籍した。飛車角が抜けたにもかかわらず、エメリのバレンシアは国内リーグ戦最初の6試合で5勝1分の好成績を挙げ、UEFAチャンピオンズリーグではブルサスポル(トルコ)に4-0で快勝した。同大会では決勝トーナメント進出を果たしたが、決勝トーナメント1回戦でシャルケ04(ドイツ)に敗れ、コパ・デル・レイでもラウンド16でビジャレアルCFに敗れた。国内リーグ戦では2シーズン連続で3位となり、再びUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2011年夏にはフアン・マタがチェルシーFCに移籍し、2年間でビジャ、シルバ、マタといったスター選手が相次いで退団したにもかかわらず、2011-12シーズンのリーグ戦も3位で終え、クラブ史上初めて3シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した監督となった。同シーズン終盤にはシーズン終了後の退団が発表され、後任にはマウリシオ・ペジェグリーノの就任が内定した。ウナイ・エメリ フレッシュアイペディアより)

  • ホアキン・サンチェス

    ホアキン・サンチェスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    ロナルド・クーマン監督が指揮を執った2007-08シーズンにはフォワードとして起用されることもあったが、慣れないポジションで本来の力を発揮できず、クーマン監督に「30ユーロ(約4800円)分の価値しかない」と批判された。2009-10シーズンはパブロ・エルナンデスが急速に台頭してきたため、リーグ戦ではレギュラーを外れる厳しいシーズンを強いられた。2010年夏、ダビド・ビジャがFCバルセロナに移籍したことに伴って背番号7を譲り受けた。ホアキン・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アラゴネス

    ルイス・アラゴネスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    UEFA欧州選手権2004終了後、前任のイニャキ・サエス監督の解任に伴ってスペイン代表の監督に就任した。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選を勝ち抜き、スペイン代表を2006 FIFAワールドカップの本選へ導いた。2006 FIFAワールドカップのグループリーグは3戦全勝で通過したが、フランスと対戦した決勝トーナメント1回戦ではダビド・ビジャのゴールも及ばず1-3で敗れた。大会後に契約を2年延長した。ラウル・ゴンサレスはアラゴネス政権下で代表100試合出場を達成したが、2006年9月にラウルをスペイン代表から外したことで議論を醸した 。ルイス・アラゴネス フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ソルダード

    ロベルト・ソルダードから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2010年6月9日、FCバルセロナに移籍したダビド・ビジャの代わりを探していた故郷のクラブ・バレンシアCFに加入した。移籍金は1000万ユーロ。9月14日のUEFAチャンピオンズリーググループリーグのブルサスポル戦(4-0)でデビューし、その試合で初得点も挙げた。11月にエスタディオ・デ・メスタージャで対戦した際には2得点し、6-1の大勝に一役買った。リーグ戦の序盤から中盤にかけてはゴール数が伸び悩んでいたが、終盤の8試合で12得点と大爆発し、最終的にはチームトップの18得点を叩き出した。ロベルト・ソルダード フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・アンヘル・フェレール

    ミゲル・アンヘル・フェレールから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    しかしながら、2005-06シーズンからはダビド・ビジャの活躍によりベンチを温める機会が多くなり、2006年にアトレティコ・マドリードに移籍した。アトレティコでは2シーズン通算3得点しか挙げることができず、2008年に自由契約となった後、デポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。2010年、スペイン人として初の特別指定選手(Designated Player)としてメジャーリーグサッカーのトロントFCに移籍した。ミゲル・アンヘル・フェレール フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード