56件中 11 - 20件表示
  • ラングレオ

    ラングレオから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャ : サッカー選手。ラングレオ フレッシュアイペディアより)

  • ファヘド・アタル

    ファヘド・アタルから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2006年には2月16日のバーレーン代表戦で代表初得点を挙げたのを皮切りに、この年だけで12得点を挙げており、国際サッカー歴史統計連盟によればこの記録はダビド・ビジャやバスティアン・シュヴァインシュタイガーと並ぶ同年世界8位の記録であった。また、この年のアジア年間最優秀選手賞の候補者として最後の10人にまで残った。ファヘド・アタル フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ2007-2008

    リーガ・エスパニョーラ2007-2008から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャ (バレンシアCF) 対レバンテUD (2008年5月11日)リーガ・エスパニョーラ2007-2008 フレッシュアイペディアより)

  • イサ・ハリム

    イサ・ハリムから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    ライオネル・ルイスのようにアディダスのシンガポールに於けるサッカーの広告塔としても活躍した。2008年2月には、リオネル・メッシ、アリエン・ロッベン、ダビド・ビジャのような世界に名を知られたサッカー選手と共にバルセロナで開かれたアディダスのF50 TUNiTの世界的な発表会に出席した。その後、施佳懿、ジュマアト・ジャンタン、ライオネル・ルイス等と同様にPUMAへとスポンサーを変えた。イサ・ハリム フレッシュアイペディアより)

  • ラボーナ

    ラボーナから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    試合中にラボーナを効果的に使うことでよく知られている選手としては、ディエゴ・マラドーナ、アルベルト・アクィラーニ、ナニ、デヴィッド・ダン、リカルド・クアレスマ、クリスティアーノ・ロナウド、アンヘル・ディ・マリア、ロナウジーニョ、マリオ・バロテッリ、ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、ズラタン・イブラヒモビッチ、ルイス・スアレス、、ダヴィデ・モスカルデッリ、エデン・アザールらである。ラボーナ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・ペレイラ・ダ・シウヴァ

    ファビオ・ペレイラ・ダ・シウヴァから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    弟・ラファエウが右SBのレギュラーを獲得し活躍するのに対して、左SBには当時世界有数SBであったパトリス・エヴラがレギュラーを獲得していた事や、度重なる怪我のため中々チャンスを掴むことが出来なかった。その為リザーブリーグが主戦場となるものの、サイドハーフやトップ下など様々なポジションで経験を積み、2010-11シーズンからはトップチームでの出場機会が与えられるようになった。シーズン終盤になると怪我で離脱していたラファエウやジョン・オシェイを押しのけて右SBのレギュラーを獲得し、UEFAチャンピオンズリーグの決勝では先発出場するまでに至った。決勝での先発入りはバルセロナのダビド・ビジャ対策としてオシェイが先発すると思われていただけに、多くのファンを驚かせると共に自身の実力を証明するものでもあった。ファビオ・ペレイラ・ダ・シウヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ゴンサレス・グイサ

    ダニエル・ゴンサレス・グイサから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2008年10月15日のベルギー戦では途中出場だったが、ダビド・ビジャの得点をアシストしたすぐ後に決勝点を決め、2-1での勝利に貢献した。2009年1月には後述する私生活の問題がメディアをにぎわせ、代表選手としての将来に疑問符が付けられた。信頼できない情報源から発信される、彼を落選させようとするあらゆる噂は議論の対象となったが、ビセンテ・デル・ボスケ監督は彼を2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のトルコ戦に招集し、4月2日にイスタンブールで行われたその試合では再び終了間際に途中出場してロスタイムにアシストを決め、ベルギー戦での見事なプレーがまぐれでないと証明したため、過熱報道は鎮まっていった。ダニエル・ゴンサレス・グイサ フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・アンヘル・フェレール

    ミゲル・アンヘル・フェレールから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    しかしながら、2005-06シーズンからはダビド・ビジャの活躍によりベンチを温める機会が多くなり、2006年にアトレティコ・マドリードに移籍した。アトレティコでは2シーズン通算3得点しか挙げることができず、2008年に自由契約となった後、デポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。2010年、スペイン人として初の特別指定選手(Designated Player)としてメジャーリーグサッカーのトロントFCに移籍した。2010年12月にトロントFCを退団。2011年8月に現役を引退した。ミゲル・アンヘル・フェレール フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)

    セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    各年代の世代別スペイン代表に選ばれた経験がある。2008年までスペイン代表キャップがゼロであったが、FWボージャン・クルキッチとの争いに勝利し、UEFA欧州選手権2008に出場するメンバーに選ばれた。5月31日、ペルーとの親善試合でダビド・ビジャとの交代で出場して代表デビューした。UEFA欧州選手権2008本大会グループリーグの初戦と2戦目は出場機会がなかったが、決勝トーナメント進出を確定させた後のギリシャ戦にはフル出場し、88分に左足からの精度の高いクロスでダニエル・グイサの決勝点をアシストした。セルヒオ・ガルシア (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    、後半にリオネル・メッシ、ダビド・ビジャのゴールでバルセロナが勝ち越し、結果バルセロナが通算4度目となるチャンピオンズ・リーグ優勝を成し遂げたUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード