47件中 21 - 30件表示
  • ダビド・シルバ

    ダビド・シルバから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    UEFA欧州選手権2008後は、クラブの財政難からFWダビド・ビジャ、MFホアキン・サンチェスらと共に移籍の噂が絶えなかった。FCバルセロナがACミランへ移籍したロナウジーニョの後釜として、マンチェスター・ユナイテッドFCが獲得を試み、リヴァプールFCもシルバ獲得を試みていた。こうした各クラブの獲得の動きがあったものの、2007-08シーズン終了後に就任したビセンテ・ソリアーノ(Vicente Soriano)会長は、断固として彼を売却しない意思を表明してこれらのオファーを拒否し、2008年8月には契約を5年間延長した。ダビド・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・イサーク・クエンカ・ロペス

    フアン・イサーク・クエンカ・ロペスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2011-12シーズンよりFCバルセロナに復帰すると、リザーブチームであるFCバルセロナBに所属し、更にプレシーズンの遠征ではトップチームに帯同した。2011年10月19日、UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節FCヴィクトリア・プルゼニ戦において、トップチームの公式戦に初出場を果たすと、10月25日のリーガ・エスパニョーラ・グラナダCF戦では先発出場しそのままフル出場を果たし、10月29日のRCDマヨルカ戦では公式戦初ゴールを記録している。その後もトップチームのダビド・ビジャやアレクシス・サンチェスに故障が相次いだこともあり、下部組織の所属ながらトップチームにずっと帯同した。2012年1月28日、2015年までの契約延長に合意し、トップチーム契約を結んだことが発表され、2月1日、違約金2000万ユーロ、2015年までの契約と正式に契約延長が発表された。フアン・イサーク・クエンカ・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2010年7月14日、クラブとの契約を2011年6月まで延長した。2010年夏には、1年前に加入したばかりの二人の選手がクラブを去った。シャフタール・ドネツクに復帰したチグリンスキーとACミランに移籍したイブラヒモビッチである。さらに、ラファエル・マルケスとティエリ・アンリがニューヨーク・レッドブルズに移籍し、トゥーレ・ヤヤはマンチェスター・シティに移籍した。セビージャからアドリアーノ・コレイア、バレンシアCFからダビド・ビジャ、リヴァプールからハビエル・マスチェラーノを獲得した。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・アンヘル・アングロ

    ミゲル・アンヘル・アングロから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2007年12月20日、ロナルド・クーマン監督はアングロとサンティアゴ・カニサレス、ダビド・アルベルダに対して戦力外通告を行った。2008年4月にクーマン監督が解任され、ボロ新監督の下、3人はトップチームのメンバーに復帰した。4月27日、ホームでのCAオサスナ戦でリーグ戦に復帰し、ダビド・ビジャとの途中交代で5分間だけ出場した。2009年8月、チームの若返りを図るウナイ・エメリの構想外となり、バレンシアCFとの契約を解除した。90分間を通して攻守に走り続ける献身性とその万能性を歴代監督に買われ、コンスタントに一定数の出場と得点・アシストを10年間に渡り記録した。ミゲル・アンヘル・アングロ フレッシュアイペディアより)

  • 本田 圭佑

    本田圭佑から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2010年のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会敗退直後、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督より「天才」「ここまでのベストプレーヤー」「間違いなくトップレベル」「日本のさらなる成長の為には本田のように能力が揃っているクローン選手を育成するべき、それが無理なら本田をさらに活かす為にビジャのような相棒を探すべき」との絶賛を受けた。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

  • セスク・ファブレガス

    セスク・ファブレガスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2011年8月15日、ユース時代に所属していたFCバルセロナへ5年契約で移籍。移籍金は最大3900万ユーロ(約43億円)といわれる。背番号はアーセナル時代から愛着のある4。開幕から、本来のポジションとは違うセンターフォワードを任されながらも、3試合連続ゴール。しかし、10月初めの練習中に負傷。3週間の離脱を余儀なくされる。しかし、復帰後も離脱前と変わらない活躍を見せる。12月10日のレアル・マドリードとのクラシコでは、素早いカウンターからダニエウ・アウベスのピンポイントクロスをダイビングヘッドで押し込み、試合を決定づける3点目を決めた。12月18日に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップ決勝でも混戦の中からこぼれ球を押しこみ3点目をマークしている。この時、カメラに向かって指を7本立てるパフォーマンスを披露し、準決勝のアル・サッド戦で左足脛骨を骨折し戦線離脱したチームメイトのダビド・ビジャ(背番号7)にゴールを捧げた。セスク・ファブレガス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    オーストリアとスイスで共催された本大会直前に食中毒を患って胃炎に悩まされ、グループリーグではコンディション不良からボールを失うこともたびたびあったが、控え選手にポジションは譲らなかった。グループリーグの初戦のスウェーデン戦と2戦目のロシア戦に出場し、ロシア戦ではFWダビド・ビジャの2点目をアシストする重要なパスを通した。3戦目のギリシャ戦は控え選手主体でチームを組んだため、イニエスタは出場しなかった。準々決勝のイタリア戦はPK戦の末に勝利したが、イニエスタはその前にベンチに下がっており、PKを蹴ることはなかった。準決勝のロシア戦にはフル出場し、決勝点を決めたシャビに質の高いクロスを放ち、技術委員会によるマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。決勝のドイツ戦もフル出場し、1-0で勝利して44年ぶりの優勝を果たした。同じ中盤のシャビやMFマルコス・セナなど6人のチームメイトとともに大会ベストイレブンに選定された。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ミリート

    ディエゴ・ミリートから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    既にシーズンが開幕しており、アウェーでアトレティコ・マドリードとスコアレスドローに終わっていたサラゴサに、決定力のあるフォワードが欠けている事は誰の目にも明らかだった。トップチームには、FCバルセロナのカンテラ出身で、まだ若かったセルヒオ・ガルシアとボルシア・ドルトムントから移籍してきたエベルトンの二人のフォワードしか在籍していなかった。この状況下で彼は、サラゴサに素晴らしい功績を残し、移籍金1200万ユーロでバレンシアに移籍したダビド・ビジャの代わりを務めなければならないという厳しい立場に置かれることになった。ディエゴ・ミリート フレッシュアイペディアより)

  • ダビド

    ダビドから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャ - スペインのサッカー選手。バルセロナ所属。ダビド フレッシュアイペディアより)

  • ダニエウ・アウヴェス

    ダニエウ・アウヴェスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    また、そのシーズンはリーグ戦でも11アシストを記録し、ダビド・ビジャと共にアシスト王に輝いた。ダニエウ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード