47件中 31 - 40件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    、後半にリオネル・メッシ、ダビド・ビジャのゴールでバルセロナが勝ち越し、結果バルセロナが通算4度目となるチャンピオンズ・リーグ優勝を成し遂げたUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • スポルティング・デ・ヒホン

    スポルティング・デ・ヒホンから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    スポルティング・ヒホンの下部組織は優れた選手を数多く輩出することで知られている。1968年にトップチームデビューしたFWキニはプリメーラ・ディビシオンで3度、セグンダ・ディビシオンで2度得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、FCバルセロナを経てスポルティング・ヒホンで現役引退した。1984年にはGKフアン・カルロス・アブラネードがトップチームデビューし、1999年までスポルティング・ヒホン一筋であった。アブラネードはスペイン代表キャップこそ少ないが2度のFIFAワールドカップに出場している。MFルイス・エンリケは1989年にトップチームデビューし、その後はFCバルセロナとレアル・マドリードでプレーした。ルイス・エンリケと同じく1989年にトップチームデビューしたDFアベラルドは、やはりルイス・エンリケと同じくバルセロナオリンピック優勝メンバーのひとりであり、2度のFIFAワールドカップに出場した。FWダビド・ビジャは2000年にトップチームデビューし、バレンシアCFやFCバルセロナなどで活躍している。スペイン代表として出場したUEFA欧州選手権2008と2010 FIFAワールドカップで得点王に輝いた。スポルティング・デ・ヒホン フレッシュアイペディアより)

  • ラ・リーガ 2007-2008

    ラ・リーガ 2007-2008から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャ (バレンシアCF) 対レバンテUD (2008年5月11日)ラ・リーガ 2007-2008 フレッシュアイペディアより)

  • LOVE ME DO (芸人)

    LOVE ME DO (芸人)から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2011年5月28日チャンピオンズリーグ2010?2011の決勝について試合前にTwitterでつぶやいた占いで、シャビからペドロ・ロドリゲス・レデスマのゴール、ウェイン・ルーニーの得点、ダビド・ビジャの得点する時間帯などを予言し的中させていた。LOVE ME DO (芸人) フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した。20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • イブラヒム・アフェレイ

    イブラヒム・アフェレイから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2010年11月16日、2011年1月にリーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに移籍することが内定し、12月23日にバルセロナを訪れてメディカルチェックをパスして移籍が完全に決定した。移籍金は約300万ユーロと報道されている。FCバルセロナとは2015年までの契約を結び、背番号は20に決定した。2011年1月5日のコパ・デル・レイ・アスレティック・ビルバオ戦のロスタイムにFWダビド・ビジャとの途中交代で出場してデビューし、1月19日のコパ・デル・レイ、レアル・ベティス戦セカンドレグ(1-3)で初めて先発出場した。同大会のUDアルメリア戦で初得点を決めている。イブラヒム・アフェレイ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ=ピエール・ジニャック

    アンドレ=ピエール・ジニャックから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    8月15日のASサンテティエンヌ戦(3-1)でシーズン初得点を決め、5日後のUEFAヨーロッパリーグ予備予選トラブゾンスポル戦ファーストレグでは2得点して勝ちぬけに貢献した。同大会ではグループリーグのクラブ・ブルッヘ戦(2-2)でも得点した。リーグ戦では7節まで無得点が続いたが、10月24日のRCランス戦(2-0)でチームの2点目を決め、11月8日のスタッド・レンヌ戦では決勝点を決めた。12月10日のソショー戦(2-0)では2得点を挙げ、2010年1月16日のヴァランシエンヌFC戦(3-1)ではチームの全3得点をアシストした。春になると、負傷により大半の試合を欠場したが、2009-10シーズンもチーム得点王となった。シーズン終了後には、FCバルセロナへ移籍したダビド・ビジャの後釜としてバレンシアCFへの移籍が噂された。アンドレ=ピエール・ジニャック フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)

    セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    各年代の世代別スペイン代表に選ばれた経験がある。2008年までスペイン代表キャップがゼロであったが、FWボージャン・クルキッチとの争いに勝利し、UEFA欧州選手権2008に出場するメンバーに選ばれた。5月31日、ペルーとの親善試合でダビド・ビジャとの交代で出場して代表デビューした。UEFA欧州選手権2008本大会グループリーグの初戦と2戦目は出場機会がなかったが、決勝トーナメント進出を確定させた後のギリシャ戦にはフル出場し、88分に左足からの精度の高いクロスでダニエル・グイサの決勝点をアシストした。セルヒオ・ガルシア (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 12月3日

    12月3日から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    1981年 - ダビド・ビジャ、サッカー選手、スペイン12月3日 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ゴンサレス・グイサ

    ダニエル・ゴンサレス・グイサから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2008年10月15日のベルギー戦では途中出場だったが、ダビド・ビジャの得点をアシストしたすぐ後に決勝点を決め、2-1での勝利に貢献した。2009年1月には後述する私生活の問題がメディアをにぎわせ、代表選手としての将来に疑問符が付けられた。信頼できない情報源から発信される、彼を落選させようとするあらゆる噂は議論の対象となったが、ビセンテ・デル・ボスケ監督は彼を2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のトルコ戦に招集し、4月2日にイスタンブルで行われたその試合では再び終了間際に途中出場してロスタイムにアシストを決め、ベルギー戦での見事なプレーがまぐれでないと証明したため、過熱報道は鎮まっていった。ダニエル・ゴンサレス・グイサ フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード