56件中 31 - 40件表示
  • アルバロ・ネグレド

    アルバロ・ネグレドから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャとダニ・グイサが負傷したため、2009年10月にスペインA代表に初招集された。10月10日の2010W杯欧州予選・アルメニア戦 (2-1) では、後半の早い段階でフェルナンド・トーレスとの交代で出場して代表デビューし、無得点に終わったが惜しいミドルシュートを放った。10月14日の同予選・ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 (5-2) では敵地で代表初ゴールを含む2得点2アシストの大活躍でチームの勝利に貢献した。2010年5月、2010 FIFAワールドカップのスペイン代表候補30人に選出されたが、本大会に出場する23人からは外れた。2012年、EURO2012のスペイン代表23名に選ばれ、6月27日、準決勝のポルトガル戦で先発出場した。アルバロ・ネグレド フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ=ピエール・ジニャック

    アンドレ=ピエール・ジニャックから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    8月15日のASサンテティエンヌ戦 (3-1) でシーズン初得点を決め、5日後のUEFAヨーロッパリーグ予備予選トラブゾンスポル戦ファーストレグでは2得点して勝ちぬけに貢献した。同大会ではグループリーグのクラブ・ブルッヘ戦 (2-2) でも得点した。リーグ戦では7節まで無得点が続いたが、10月24日のRCランス戦 (2-0) でチームの2点目を決め、11月8日のスタッド・レンヌ戦では決勝点を決めた。12月10日のソショー戦 (2-0) では2得点を挙げ、2010年1月16日のヴァランシエンヌFC戦 (3-1) ではチームの全3得点をアシストした。春になると、負傷により大半の試合を欠場したが、2009-10シーズンもチーム得点王となった。シーズン終了後には、FCバルセロナへ移籍したダビド・ビジャの後釜としてバレンシアCFへの移籍が噂された。アンドレ=ピエール・ジニャック フレッシュアイペディアより)

  • ダニエウ・アウヴェス

    ダニエウ・アウヴェスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    また、そのシーズンはリーグ戦でも11アシストを記録し、ダビド・ビジャと共にアシスト王に輝いた。ダニエウ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アラゴネス

    ルイス・アラゴネスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    UEFA EURO 2004終了後、前任のイニャキ・サエス監督の解任に伴ってスペイン代表の監督に就任した。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選を勝ち抜き、スペイン代表を2006 FIFAワールドカップの本選へ導いた。グループリーグは3戦全勝で通過したが、フランスと対戦した決勝トーナメント1回戦ではダビド・ビジャのゴールも及ばず1-3で敗れた。大会後に契約を2年延長した。ラウル・ゴンサレスはアラゴネス政権下で代表100試合出場を達成したが、2006年9月にラウルをスペイン代表から外したことで議論を醸した 。ルイス・アラゴネス フレッシュアイペディアより)

  • ノウ・メスタージャ

    ノウ・メスタージャから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2007年8月に建設工事が着工し、2009年に完成予定であったが、資金難や政治的な事情が重なったこともあり、2009年2月に作業は中断された。しかしその後、バレンシアCFがダビド・ビジャやダビド・シルバなどのスター選手を放出したことで資金面での最悪の時期を脱し、2011年12月、スペイン有数の金融グループであるバンキアによる融資により工事が再開されたが、バンキアが極度の経営難により国有化された事から再び資金難に陥り、工事再開の目処は立っていない。現在は工事が中断されておりいつ再開するか未明だ。ノウ・メスタージャ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2010年7月14日、クラブとの契約を2011年6月まで延長した。2010年夏には、1年前に加入したばかりの二人の選手がクラブを去った。シャフタール・ドネツクに復帰したチグリンスキーとACミランに移籍したイブラヒモビッチである。さらに、ラファエル・マルケスとティエリ・アンリがニューヨーク・レッドブルズに移籍し、トゥーレ・ヤヤはマンチェスター・シティに移籍した。セビージャからアドリアーノ・コレイア、バレンシアCFからダビド・ビジャ、リヴァプールからハビエル・マスチェラーノを獲得した。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • スポルティング・デ・ヒホン

    スポルティング・デ・ヒホンから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    スポルティング・ヒホンの下部組織は優れた選手を数多く輩出することで知られている。1968年にトップチームデビューしたFWキニはプリメーラ・ディビシオンで3度、セグンダ・ディビシオンで2度得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、FCバルセロナを経てスポルティング・ヒホンで現役引退した。1984年にはGKフアン・カルロス・アブラネードがトップチームデビューし、1999年までスポルティング・ヒホン一筋であった。アブラネードはスペイン代表キャップこそ少ないが2度のFIFAワールドカップに出場している。MFルイス・エンリケは1989年にトップチームデビューし、その後はFCバルセロナとレアル・マドリードでプレーした。ルイス・エンリケと同じく1989年にトップチームデビューしたDFアベラルドは、やはりルイス・エンリケと同じくバルセロナオリンピック優勝メンバーのひとりであり、2度のFIFAワールドカップに出場した。FWダビド・ビジャは2000年にトップチームデビューし、バレンシアCFやFCバルセロナなどで活躍している。スペイン代表として出場したUEFA欧州選手権2008と2010 FIFAワールドカップで得点王に輝いた。スポルティング・デ・ヒホン フレッシュアイペディアより)

  • 永井 大介

    永井大介から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    9月10日、GII若獅子杯争奪戦(山陽オートレース場)優勝。競走車呼名は「ダビド・ビジャ」。競走タイム3.389。永井大介 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    オーストリアとスイスで共催された本大会直前に食中毒を患って胃炎に悩まされ、グループリーグではコンディション不良からボールを失うこともたびたびあったが、控え選手にポジションは譲らなかった。グループリーグの初戦のスウェーデン戦と2戦目のロシア戦に出場し、ロシア戦ではFWダビド・ビジャの2点目をアシストする重要なパスを通した。3戦目のギリシャ戦は控え選手主体でチームを組んだため、イニエスタは出場しなかった。準々決勝のイタリア戦はPK戦の末に勝利したが、イニエスタはその前にベンチに下がっており、PKを蹴ることはなかった。準決勝のロシア戦にはフル出場し、決勝点を決めたシャビに質の高いクロスを放ち、技術委員会によるマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。決勝のドイツ戦もフル出場し、1-0で勝利して44年ぶりの優勝を果たした。同じ中盤のシャビやMFマルコス・セナなど6人のチームメイトとともに大会ベストイレブンに選定された。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・シルバ

    ダビド・シルバから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    UEFA EURO 2008後は、クラブの財政難からFWダビド・ビジャ、MFホアキン・サンチェスらと共に移籍の噂が絶えなかった。FCバルセロナがACミランへ移籍したロナウジーニョの後釜として、マンチェスター・ユナイテッドFCが獲得を試み、リヴァプールFCもシルバ獲得を試みていた。こうした各クラブの獲得の動きがあったものの、2007-08シーズン終了後に就任したビセンテ・ソリアーノ (Vicente Soriano) 会長は、断固として彼を売却しない意思を表明してこれらのオファーを拒否し、2008年8月には契約を5年間延長した。ダビド・シルバ フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード