119件中 91 - 100件表示
  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たレバンテUD

    2007-08シーズンは自身にとってもクラブにとっても困難なシーズンであった。シーズン序盤にキケ・サンチェス・フローレス監督が解任されてロナルド・クーマン監督が就任したが、彼はサンチャゴ・カニサレスなどのベテラン選手と対立し、成績も散々だったため、シーズン終了を待たずに解任された(シーズン残り5試合はチーム代表のボロSalvador González Marcoが指揮)。レバンテUD戦でバレンシアでのリーグ戦100試合出場を達成し、54ゴール目から56ゴール目を決めた。UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグのシャルケ04戦でこの大会唯一の得点を決めたが、グループ最下位で敗退した。コパ・デル・レイ準決勝ではFCバルセロナを、決勝ではヘタフェを破り、バレンシア移籍後初のタイトルを獲得した。シーズン終盤には2014年まで6年間の契約延長を果たした。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たサッカー

    ダビド・ビジャ・サンチェス(David Villa Sánchez, 1981年12月3日 - )は、スペインのアストゥリアス州ラングレオ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに所属するスペイン代表である。ポジションはFW(ストライカー)。スペイン代表歴代最多得点記録の保持者である。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たFIFAクラブワールドカップ2011

    2011年8月17日に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャ、レアル・マドリード戦第2戦では、試合終了間際にメスト・エジルを叩き一発退場となった。なお、エジルも退場している。12月15日、FIFAクラブワールドカップでのアル・サッド戦で左脚のけい骨を骨折。横浜市内の病院で精密検査を行なった結果、復帰に最長5ヶ月かかることがわかり、シーズン終了後まで治療に費やす事となった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たハットトリック

    EURO 2008のグループステージ第1戦のロシア戦ではハットトリックを達成した3点目を決めた際、フェルナンド・トーレス(その直前に無得点のまま途中交代を命じられ、落胆の色を隠せないまま、ルイス・アラゴネス監督との握手を拒否して、ベンチに下がっていた)の元へ真っ先に抱擁しに向かい、3点目をトーレスに捧げると言った。この背景には、トーレスが落胆していたことに配慮したこと、ビジャの1点目がトーレスのアシストだったことへの感謝の思いを表したものであった。このことに対し、トーレスも「彼は、ライバルではなく、一緒に優勝を目指すパートナー」と評し、大会前に懸念されていた、2トップのコンビネーションは全く問題ないことの証明となった。ちなみにこの抱擁をする際にビジャはトーレスのユニフォームに指が引っかかり小指を骨折していたという。またこの試合のボールを記念にほしいと主審に告げるも、英語が伝わらずあえなく却下されたが、共にリヴァプールFCのシャビ・アロンソとホセ・マヌエル・レイナによる英語での交渉の末、ボールを手に入れる。その後、トーレスも決勝戦のドイツ戦で決勝点を決めるなど活躍し、両者は共にUEFA選定のベスト22名に選出された。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たブラチスラバ

    スペイン代表のルイス・アラゴネス監督に初招集され、2005年2月9日の2006 FIFAワールドカップ欧州予選アルメリアで行われたサンマリノ戦の後半開始から出場し代表デビューした。初得点は同年11月16日にブラチスラバで行われた同予選スロバキア戦で61分から交代出場し、71分に1-1の同点とする得点だった。この試合は1-1で引き分けた。2005-06シーズンは所属するバレンシアで好調なシーズンを送り、本大会の出場メンバーに選ばれた。初戦のウクライナ戦では2得点を決め、4-0の快勝に貢献した。決勝トーナメント1回戦のフランス戦でも1得点したが、1-3で敗れた。彼とフェルナンド・トーレスが3得点で並び、チーム得点王になった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たサッカーサウジアラビア代表

    2010年5月、2010 FIFAワールドカップ本大会の出場メンバーに選ばれた。大会前に行われたサウジアラビアとの親善試合では、UEFA欧州選手権2008でハットトリックを達成した相性の良いスタジアムで1得点を決めた。韓国戦ではゴールを奪えなかったが、6-0と記録的な大勝に終わったポーランド戦では先制点を決め、大会前最後の試合を飾った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たアストゥリアス語

    愛称の「エル・グアッヘ(El Guaje)」はアストゥリアス語で「子供、少年」という意味。4歳のときに大腿骨に重傷を負い、医者にサッカーはできないと言われたが無事に完治し、現在は後遺症も残っていない。そのリハビリ中に父と共に左足での練習を続けたことで両足を巧みに使えるようになったと本人は述べている。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たストライカー

    ダビド・ビジャ・サンチェス(David Villa Sánchez, 1981年12月3日 - )は、スペインのアストゥリアス州ラングレオ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに所属するスペイン代表である。ポジションはFW(ストライカー)。スペイン代表歴代最多得点記録の保持者である。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たセグンダ・ディビシオン

    UPラングレオでプレーしていたが、17歳の時にスポルティング・ヒホンの下部組織、マレオに移った。スポルティング・ヒホンはルイス・エンリケなどの名選手を輩出し育成に長けることで知られる。2000-01シーズンのセグンダ・ディビシオン最終戦(第42節)2001年6月17日カサ(ホーム)、エスタディオ・エル・モリノンのコルドバ戦で途中出場し30分プレーしてトップチームにデビューした。トップチームで2001-02シーズンは18得点するもチームは6位。2002-03シーズンも20得点したがチームは10位だった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たFKアウストリア・ウィーン

    2004-05シーズンのUEFAカップグループリーグのユトレヒト戦では、ロスタイムに2得点を挙げてサラゴサを救った。ベスト16ではFKアウストリア・ウィーン戦2ndレグでも得点したが、アウェーゴール差で敗退した。リーグ戦では、2004年9月23日にカンプ・ノウで行われたFCバルセロナ戦で試合唯一の得点を決めて1-0で勝利し、ファンの興奮を誘った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

119件中 91 - 100件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード