119件中 11 - 20件表示
  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たフェルナンド・モリエンテス

    2006年夏にはレアル・マドリードからフェルナンド・モリエンテスが加入し、2006-07シーズンは二人で43得点(全大会通算)を奪った。UEFAチャンピオンズリーグに初めて出場し、予選のレッドブル・ザルツブルク戦2ndレグで得点した。グループリーグのASローマ戦、FCシャフタール・ドネツク戦で重要なゴールを奪い、決勝トーナメント1回戦のインテル・ミラノ戦1stレグではフリーキックを直接決めた。準々決勝のチェルシー戦で敗退したものの、ベスト8という成績を残した。2006年10月にはバロンドール候補50人にノミネートされた。リーグ戦では16得点し、ラウール・タムードと並んで得点ランク6位に入った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たルイス・アラゴネス

    スペイン代表のルイス・アラゴネス監督に初招集され、2005年2月9日の2006 FIFAワールドカップ欧州予選アルメリアで行われたサンマリノ戦の後半開始から出場し代表デビューした。初得点は同年11月16日にブラチスラバで行われた同予選スロバキア戦で61分から交代出場し、71分に1-1の同点とする得点だった。この試合は1-1で引き分けた。2005-06シーズンは所属するバレンシアで好調なシーズンを送り、本大会の出場メンバーに選ばれた。初戦のウクライナ戦では2得点を決め、4-0の快勝に貢献した。決勝トーナメント1回戦のフランス戦でも1得点したが、1-3で敗れた。彼とフェルナンド・トーレスが3得点で並び、チーム得点王になった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たフェルナンド・トーレス

    スペイン代表のルイス・アラゴネス監督に初招集され、2005年2月9日の2006 FIFAワールドカップ欧州予選アルメリアで行われたサンマリノ戦の後半開始から出場し代表デビューした。初得点は同年11月16日にブラチスラバで行われた同予選スロバキア戦で61分から交代出場し、71分に1-1の同点とする得点だった。この試合は1-1で引き分けた。2005-06シーズンは所属するバレンシアで好調なシーズンを送り、本大会の出場メンバーに選ばれた。初戦のウクライナ戦では2得点を決め、4-0の快勝に貢献した。決勝トーナメント1回戦のフランス戦でも1得点したが、1-3で敗れた。彼とフェルナンド・トーレスが3得点で並び、チーム得点王になった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たバレンシアCF

    サラゴサは現金を必要としており、2005年夏に移籍金1200万ユーロ(約16億8000万円)でバレンシアに移籍した。UEFAインタートトカップのKAAヘント戦でデビューし、初ゴールも決めた。8月27日のベティス戦でリーグ戦デビューし、翌節のサラゴサ戦では途中出場して古巣相手にリーグ戦初ゴールを奪った。9月21日のカンプ・ノウでのFCバルセロナ戦では2得点し、23日のエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリード戦では決勝点を挙げた。2006年2月12日にはFCバルセロナから再びゴールを挙げ、勝ち点3をもぎ取った。2月4日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦ではハーフウェーライン付近からのロングシュートで見事なゴールを決めた。4月23日のビルバオ戦では、80分から85分の間に続けざまに3得点を決め、移籍後初めてハットトリックを達成した。シーズンを通じて25ゴールを決め、26ゴールのサミュエル・エトオには及ばなかったものの、得点ランク2位の好成績を残した。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たサッカーフランス代表

    スペイン代表のルイス・アラゴネス監督に初招集され、2005年2月9日の2006 FIFAワールドカップ欧州予選アルメリアで行われたサンマリノ戦の後半開始から出場し代表デビューした。初得点は同年11月16日にブラチスラバで行われた同予選スロバキア戦で61分から交代出場し、71分に1-1の同点とする得点だった。この試合は1-1で引き分けた。2005-06シーズンは所属するバレンシアで好調なシーズンを送り、本大会の出場メンバーに選ばれた。初戦のウクライナ戦では2得点を決め、4-0の快勝に貢献した。決勝トーナメント1回戦のフランス戦でも1得点したが、1-3で敗れた。彼とフェルナンド・トーレスが3得点で並び、チーム得点王になった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たチェルシーFC

    2006年夏にはレアル・マドリードからフェルナンド・モリエンテスが加入し、2006-07シーズンは二人で43得点(全大会通算)を奪った。UEFAチャンピオンズリーグに初めて出場し、予選のレッドブル・ザルツブルク戦2ndレグで得点した。グループリーグのASローマ戦、FCシャフタール・ドネツク戦で重要なゴールを奪い、決勝トーナメント1回戦のインテル・ミラノ戦1stレグではフリーキックを直接決めた。準々決勝のチェルシー戦で敗退したものの、ベスト8という成績を残した。2006年10月にはバロンドール候補50人にノミネートされた。リーグ戦では16得点し、ラウール・タムードと並んで得点ランク6位に入った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    2006年夏にはレアル・マドリードからフェルナンド・モリエンテスが加入し、2006-07シーズンは二人で43得点(全大会通算)を奪った。UEFAチャンピオンズリーグに初めて出場し、予選のレッドブル・ザルツブルク戦2ndレグで得点した。グループリーグのASローマ戦、FCシャフタール・ドネツク戦で重要なゴールを奪い、決勝トーナメント1回戦のインテル・ミラノ戦1stレグではフリーキックを直接決めた。準々決勝のチェルシー戦で敗退したものの、ベスト8という成績を残した。2006年10月にはバロンドール候補50人にノミネートされた。リーグ戦では16得点し、ラウール・タムードと並んで得点ランク6位に入った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たリヴァプールFC

    2009年夏の移籍期間にはレアル・マドリード、FCバルセロナ、リヴァプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどの関心が噂されたが、エスタディオ・デ・メスタージャにとどまることを希望した。8月20日、UEFAヨーロッパリーグ予選スターベクIF戦でシーズン公式戦初得点を決めると、リーグ戦の初得点・2点目を9月13日のバリャドリード戦で決め、1週間後のスポルティング・ヒホン戦でも2得点を決めた。2009年10月18日にはバロンドール候補に選ばれ、10月30日にはFIFA最優秀選手候補に選ばれた。2010年1月17日のビジャレアル戦で2得点したが、最初の得点はバレンシアでのリーグ戦通算100ゴール目となる節目の得点だった。2月22日のヘタフェ戦でも2得点し、2点目はジョルディ・コディーナの上を超える素晴らしいチップシュートだった。3月18日、UEFAヨーロッパリーグのブレーメン戦(アウェー)ではハットトリックを達成し、アウェーゴール差で次のラウンドに進んだ。5月4日、シェレスCD戦に途中出場したのがバレンシアでのラストゲームとなった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たサッカースペイン代表

    ダビド・ビジャ・サンチェス(David Villa Sánchez, 1981年12月3日 - )は、スペインのアストゥリアス州ラングレオ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに所属するスペイン代表である。ポジションはFW(ストライカー)。スペイン代表歴代最多得点記録の保持者である。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    ヒホンが財政難に陥っていたこと、プリメーラ・ディビシオン(1部)に2シーズン振りに昇格したサラゴサがストライカーを探していたことから、2003年夏に移籍金約300万ユーロでサラゴサに移籍した。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でデビューし、レアル・ムルシア戦でプリメーラ初得点を決めた。2003年12月4日のビルバオ戦では2得点し、2004年4月25日のセビージャ戦ではチームの全4得点を一人で叩き出した。初体験のプリメーラでも通用することを示し、2003-04シーズンは計16ゴールを決めた。このシーズンのコパ・デル・レイでは決勝まで勝ち進み、レアル・マドリードを3-2で破って3年ぶりの優勝を果たした。サラゴサのファンは「¡Illa, illa, illa, Villa maravilla!(イジャ、イジャ、イジャ、ビジャ・マラビージャ)」(maravillaは「驚くべき」「素晴らしい」の意)というイムノHimno(チャント)を歌った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード