132件中 21 - 30件表示
  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たFIFAワールドカップ

    1 M = FIFAワールドカップ, (M) = FIFAワールドカップ予選, E = UEFA欧州選手権, (E) = UEFA欧州選手権予選, C = FIFAコンフェデレーションズカップ, a = 親善試合.ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たUEFA欧州選手権

    1 M = FIFAワールドカップ, (M) = FIFAワールドカップ予選, E = UEFA欧州選手権, (E) = UEFA欧州選手権予選, C = FIFAコンフェデレーションズカップ, a = 親善試合.ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たFIFA最優秀選手

    UEFA EURO 2008で得点王を獲得して迎えた2008-09シーズン、マジョルカとの開幕戦で幸先良くゴールを記録した。彼の獲得に失敗したレアル・マドリードのベルント・シュスター監督は「野心のない選手だ」と獲得失敗を悔やんだが、ビジャは「常に野心を持っている」と切り返した。2008年12月2日、バロンドール投票で7位に選ばれた。2009年1月12日、FIFA最優秀選手投票では9位に選ばれた。UEFAカップのグループステージを2位で通過したが、ベスト32のFCディナモ・キエフ戦でアウェーゴール差で敗れて大会からの敗退が決定した。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たルイス・エンリケ

    UPラングレオでプレーしていたが、17歳の時にスポルティング・ヒホンの下部組織、マレオに移った。スポルティング・ヒホンはルイス・エンリケなどの名選手を輩出し育成に長けることで知られる。2000-01シーズンのセグンダ・ディビシオン最終戦(第42節)2001年6月17日カサ(ホーム)、エスタディオ・エル・モリノンのコルドバ戦で途中出場し30分プレーしてトップチームにデビューした。トップチームで2001-02シーズンは18得点するもチームは6位。2002-03シーズンも20得点したがチームは10位だった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たエイドゥル・グジョンセン

    2010年5月19日、移籍金4000万ユーロ(約44億4000万円)でFCバルセロナに移籍した。4年契約だが5年目のオプションもあり、年俸は700万ユーロと報道されている。5月21日にカンプ・ノウで行われたお披露目式には3万5000人以上のファンが詰めかけ、FWエイドゥル・グジョンセンが2009年に移籍してから空いていた背番号7のシャツを受け取った。シーズン前半では、バレンシア時代と同じく多くのゴールを記録したが、代表戦での疲れや、バルセロナではWG的役割も任されていたことから、後半戦ではゴール数が減少した。それでも、5月29日に行われたマンチェスター・ユナイテッドFCとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝ではゴール右隅を射抜くカーブシュートを放ち、優勝に大きく貢献した。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たジョルディ・コディーナ

    2009年夏の移籍期間にはレアル・マドリード、FCバルセロナ、リヴァプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどの関心が噂されたが、エスタディオ・デ・メスタージャにとどまることを希望した。8月20日、UEFAヨーロッパリーグ予選スターベクIF戦でシーズン公式戦初得点を決めると、リーグ戦の初得点・2点目を9月13日のバリャドリード戦で決め、1週間後のスポルティング・ヒホン戦でも2得点を決めた。2009年10月18日にはバロンドール候補に選ばれ、10月30日にはFIFA最優秀選手候補に選ばれた。2010年1月17日のビジャレアル戦で2得点したが、最初の得点はバレンシアでのリーグ戦通算100ゴール目となる節目の得点だった。2月22日のヘタフェ戦でも2得点し、2点目はジョルディ・コディーナの上を超えるチップシュートだった。3月18日、UEFAヨーロッパリーグのブレーメン戦(アウェー)ではハットトリックを達成し、アウェーゴール差で次のラウンドに進んだ。5月4日、シェレスCD戦に途中出場したのがバレンシアでのラストゲームとなった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たラディスラオ・クバラ

    2008年9月11日、2010 FIFAワールドカップ欧州予選の開幕戦ボスニア・ヘルツェゴビナ戦では試合唯一となる得点を決めた。ベルギー戦ではロスタイムに決勝弾を叩き込むなど、2節からの3試合で4得点した。2008年は代表戦通算で12ゴールを決め、1999年にラウル・ゴンサレスが達成した年間10ゴールの記録を破った。また、イングランド戦まで6試合連続ゴールを記録し、テルモ・サラとラディスラオ・クバラの記録を破ってスペイン代表の新記録を樹立した。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たプレドラグ・ミヤトヴィッチ

    リーグ戦では順調に得点を重ねたが、左膝関節部分に炎症を起こし、2週間の間離脱した。4月5日、復帰戦のヘタフェ戦では2得点を決めて4-1で快勝した。4月12日はプロデビューしたスポルティング・ヒホンとの対戦であり、チームの2得点目を決めたが、プレシーズンから約束していた通り、ゴールセレブレーションは行わなかった。2008-09シーズンは33試合で28得点を決め、32得点のディエゴ・フォルラン、30得点のサミュエル・エトオに次いで得点ランク3位に入った。28得点は1978年のマリオ・ケンペス(34試合28得点)、1996年のプレドラグ・ミヤトヴィッチ(40試合28得点)と並ぶクラブ記録となった。バレンシアに移籍してから公式戦通算180試合で101得点となった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たラウール・タムード

    2006年夏にはレアル・マドリードからフェルナンド・モリエンテスが加入し、2006-07シーズンは二人で43得点(全大会通算)を奪った。UEFAチャンピオンズリーグに初めて出場し、予選のレッドブル・ザルツブルク戦2ndレグで得点した。グループリーグのASローマ戦、FCシャフタール・ドネツク戦で重要なゴールを奪い、決勝トーナメント1回戦のインテル・ミラノ戦1stレグではフリーキックを直接決めた。準々決勝のチェルシー戦で敗退したものの、ベスト8という成績を残した。2006年10月にはバロンドール候補50人にノミネートされた。リーグ戦では16得点し、ラウール・タムードと並んで得点ランク6位に入った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たホルヘ・レスレクシオン

    9月1日、レアル・ソシエダ戦でコケのアシストから移籍後リーグ戦初得点を記録した。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード