119件中 51 - 60件表示
  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たレアル・ベティス

    サラゴサは現金を必要としており、2005年夏に移籍金1200万ユーロ(約16億8000万円)でバレンシアに移籍した。UEFAインタートトカップのKAAヘント戦でデビューし、初ゴールも決めた。8月27日のベティス戦でリーグ戦デビューし、翌節のサラゴサ戦では途中出場して古巣相手にリーグ戦初ゴールを奪った。9月21日のカンプ・ノウでのFCバルセロナ戦では2得点し、23日のエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリード戦では決勝点を挙げた。2006年2月12日にはFCバルセロナから再びゴールを挙げ、勝ち点3をもぎ取った。2月4日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦ではハーフウェーライン付近からのロングシュートで見事なゴールを決めた。4月23日のビルバオ戦では、80分から85分の間に続けざまに3得点を決め、移籍後初めてハットトリックを達成した。シーズンを通じて25ゴールを決め、26ゴールのサミュエル・エトオには及ばなかったものの、得点ランク2位の好成績を残した。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たFIFAクラブワールドカップ

    2011年に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップのアル・サッド戦で左足を骨折し、スペインに帰国してバルセロナで手術を行なった。手術前に航空機で日本からバルセロナへ移動する必要があったが、この移動は非常にリスクの高い選擇であった。骨折した状態で高度12,000mに上昇するということは、傷ついた血管や組織を急激な気圧の変化にさらすことになる。「最悪、脚を失う可能性もあった」と、ビジャの手術を担当したラモン・クガット医師が、スペインのTV局『ラ・セクスタ』のインタビューで「無事復帰した今だから言える話」として発言をしている。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たサッカー南アフリカ代表

    2009年6月1日、FIFAコンフェデレーションズカップに出場するメンバーに選ばれた。大会直前の6月9日に行われたアゼルバイジャンとの親善試合では、1年前のロシア戦に続いて2度目のハットトリックを達成した。本大会のグループリーグ、ニュージーランド戦、イラク戦と2戦連続ゴールして迎えた南アフリカ戦ではPKを外したが、プレーが再開されると1分も経たないうちにネットを揺らした。アメリカ戦に敗れて敗退したため、得点ランク3位に終わったが、スペイン代表の連続勝利記録と連続不敗記録の更新に貢献した。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たサッカー大韓民国代表

    2010年5月、2010 FIFAワールドカップ本大会の出場メンバーに選ばれた。大会前に行われたサウジアラビアとの親善試合では、UEFA欧州選手権2008でハットトリックを達成した相性の良いスタジアムで1得点を決めた。韓国戦ではゴールを奪えなかったが、6-0と記録的な大勝に終わったポーランド戦では先制点を決め、大会前最後の試合を飾った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たFCユトレヒト

    2004-05シーズンのUEFAカップグループリーグのユトレヒト戦では、ロスタイムに2得点を挙げてサラゴサを救った。ベスト16ではFKアウストリア・ウィーン戦2ndレグでも得点したが、アウェーゴール差で敗退した。リーグ戦では、2004年9月23日にカンプ・ノウで行われたFCバルセロナ戦で試合唯一の得点を決めて1-0で勝利し、ファンの興奮を誘った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たサッカーパラグアイ代表

    グループリーグ第1戦は1トップで起用されたが、ゴールを奪うことはできず、逆にカウンターから1点を失ってスイスに敗れた。2戦目のホンジュラス戦ではスペインの全得点となる2得点を挙げて勝利し、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。3点目をPKで決めるチャンスがあったが、ゴールネットを揺らすことはできず、ハットトリックは逃した 。FIFAワールドカップ本大会の舞台で、スペイン代表の選手がPK戦以外でPKを外したのは、過去14回で初めてだった。3戦目のチリ戦では相手GKクラウディオ・ブラーボがクリアしたボールを拾い、ミドルレンジからシュートを放って先制点を決めた。前回大会から合わせて6得点目となり、5得点の4人(エミリオ・ブトラゲーニョ、フェルナンド・イエロ、フェルナンド・モリエンテス、ラウル・ゴンサレス)を抜いてスペイン代表の歴代最多得点選手となった。決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦、準々決勝のパラグアイ戦と2試合連続で1-0での決勝点を挙げ、4試合連続得点を記録した。スペイン代表は準決勝でドイツを破り、決勝では、オランダをイニエスタのゴールで1対0で下し初優勝を果たした。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たサッカースイス代表

    グループリーグ第1戦は1トップで起用されたが、ゴールを奪うことはできず、逆にカウンターから1点を失ってスイスに敗れた。2戦目のホンジュラス戦ではスペインの全得点となる2得点を挙げて勝利し、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。3点目をPKで決めるチャンスがあったが、ゴールネットを揺らすことはできず、ハットトリックは逃した 。FIFAワールドカップ本大会の舞台で、スペイン代表の選手がPK戦以外でPKを外したのは、過去14回で初めてだった。3戦目のチリ戦では相手GKクラウディオ・ブラーボがクリアしたボールを拾い、ミドルレンジからシュートを放って先制点を決めた。前回大会から合わせて6得点目となり、5得点の4人(エミリオ・ブトラゲーニョ、フェルナンド・イエロ、フェルナンド・モリエンテス、ラウル・ゴンサレス)を抜いてスペイン代表の歴代最多得点選手となった。決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦、準々決勝のパラグアイ戦と2試合連続で1-0での決勝点を挙げ、4試合連続得点を記録した。スペイン代表は準決勝でドイツを破り、決勝では、オランダをイニエスタのゴールで1対0で下し初優勝を果たした。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たRCDマヨルカ

    UEFA欧州選手権2008で得点王を獲得して迎えた2008-09シーズン、マジョルカとの開幕戦で幸先良くゴールを記録した。彼の獲得に失敗したレアル・マドリードのベルント・シュスター監督は「野心のない選手だ」と獲得失敗を悔やんだが、ビジャは「常に野心を持っている」と切り返した。2008年12月2日、バロンドール投票で7位に選ばれた。2009年1月12日、FIFA最優秀選手投票では9位に選ばれた。UEFAカップのグループステージを2位で通過したが、ベスト32のFCディナモ・キエフ戦でアウェーゴール差で敗れて大会からの敗退が決定した。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たレアル・サラゴサ

    ヒホンが財政難に陥っていたこと、プリメーラ・ディビシオン(1部)に2シーズン振りに昇格したサラゴサがストライカーを探していたことから、2003年夏に移籍金約300万ユーロでサラゴサに移籍した。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でデビューし、レアル・ムルシア戦でプリメーラ初得点を決めた。2003年12月4日のビルバオ戦では2得点し、2004年4月25日のセビージャ戦ではチームの全4得点を一人で叩き出した。初体験のプリメーラでも通用することを示し、2003-04シーズンは計16ゴールを決めた。このシーズンのコパ・デル・レイでは決勝まで勝ち進み、レアル・マドリードを3-2で破って3年ぶりの優勝を果たした。サラゴサのファンは「¡Illa, illa, illa, Villa maravilla!(イジャ、イジャ、イジャ、ビジャ・マラビージャ)」(maravillaは「驚くべき」「素晴らしい」の意)というイムノHimno(チャント)を歌った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たASローマ

    2006年夏にはレアル・マドリードからフェルナンド・モリエンテスが加入し、2006-07シーズンは二人で43得点(全大会通算)を奪った。UEFAチャンピオンズリーグに初めて出場し、予選のレッドブル・ザルツブルク戦2ndレグで得点した。グループリーグのASローマ戦、FCシャフタール・ドネツク戦で重要なゴールを奪い、決勝トーナメント1回戦のインテル・ミラノ戦1stレグではフリーキックを直接決めた。準々決勝のチェルシー戦で敗退したものの、ベスト8という成績を残した。2006年10月にはバロンドール候補50人にノミネートされた。リーグ戦では16得点し、ラウール・タムードと並んで得点ランク6位に入った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード