前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
341件中 1 - 10件表示
  • サンアントニオ・スパーズ

    サンアントニオ・スパーズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1980年、NBAに新たにダラス・マーベリックスが加盟し、チーム数は23に増加した。これによりリーグの再編が行われ、ミルウォーキー・バックスとシカゴ・ブルズはイースタン・カンファレンスに、サンアントニオ・スパーズとヒューストン・ロケッツはウエスタン・カンファレンスに編入された。スパーズはミッドウェスト・デビジョン所属となった。サンアントニオ・スパーズ フレッシュアイペディアより)

  • ポパイ・ジョーンズ

    ポパイ・ジョーンズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ポパイ・ジョーンズことロナルド・ジェローム・ジョーンズ(Ronald Jerome "Popeye" Jones, 1970年6月17日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州ドレスデン出身の元プロバスケットボール選手。NBAのダラス・マーベリックスを始め、複数のチームでプレイしたジャーニーマンである。身長203cm、体重120kg。ポジションはフォワード。引退後はダラス・マーベリックスとニュージャージー・ネッツのアシスタント・コーチを経て、現在はインディアナ・ペイサーズのアシスタント・コーチを務めている。ポパイ・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ヴァン・エクセル

    ニック・ヴァン・エクセルから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    NBAのロサンゼルス・レイカーズ、デンバー・ナゲッツ、ダラス・マーベリックス、ゴールデンステート・ウォリアーズ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、サンアントニオ・スパーズで通算13年間プレイした。ニック・ヴァン・エクセル フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ポポヴィッチ

    グレッグ・ポポヴィッチから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2002-2003シーズンのNBA、更に待ち望んでいたアルゼンチン出身のマヌ・ジノビリが入団しチーム層はより深くなっていった。スパーズは60勝22敗の成績を収め、勝率でリーグ1位となった。ポポヴィッチは最優秀コーチ賞に選ばれた。プレーオフではカンファレンス準決勝で仇敵レイカーズを破ると、カンファレンス決勝では元上司であるドン・ネルソン率いるダラス・マーベリックスを退け、4シーズンぶりにファイナルに進出。ニュージャージー・ネッツを4勝2敗で降し、スパーズとポポヴィッチは2度目の優勝を遂げた。長らくスパーズを支えてきたロビンソンはこの優勝をもって引退し、以後スパーズはダンカン、ジノビリ、パーカーを中心としたビッグスリーと呼ばれるチームとなる。オフにはラリー・ブラウンの招きに応じ、アメリカ代表のアシスタントコーチとしてアテネ五輪に参加。しかし決勝ではスパーズ所属のジノビリ率いるアルゼンチン代表に破れ、アメリカ代表はドリームチーム結成以来初めて金メダルを逃した。グレッグ・ポポヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ウェズリー・マシューズ

    ウェズリー・マシューズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ウェズリー・マシューズ (Wesley Matthews,Jr. 、1986年10月14日 - )は、アメリカ合衆国のプロバスケットボール選手。身長196cm、体重100kg。シューティングガードとスモールフォワードを兼務するスイングマン。 NBAのダラス・マーベリックスに所属している。ウェズリー・マシューズ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンステート・ウォリアーズ

    ゴールデンステート・ウォリアーズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1998年のNBAドラフトでアントワン・ジェイミソン、2001年のNBAドラフトでジェイソン・リチャードソン、トロイ・マーフィー、ギルバート・アリーナスを獲得したが、アリーナスとチーム再建の柱として期待されたジェイミソンは2003年にダラス・マーベリックスに放出され、アリーナスはワシントン・ウィザーズに移籍した。ゴールデンステート・ウォリアーズ フレッシュアイペディアより)

  • ダレル・アームストロング

    ダレル・アームストロングから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダレル・アームストロング(Darrell Eugene Armstrong, 1968年1月22日-)はアメリカ合衆国出身の元バスケットボール選手。現在はダラス・マーベリックスのアシスタントコーチ。ノースカロライナ州ガストニア生まれ。身長185cm、体重82kg。ポジションはポイントガード。小柄ながらガッツ溢れるプレーでチームに活力を与えた。1998-99シーズンにMIPとNBAシックスマン賞を同時に受賞したNBA史上初の選手。ダレル・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • パット・ライリー

    パット・ライリーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1987-88シーズンのレイカーズはシーズンは62勝で再びリーグ首位の成績となった。しかしプレイオフでは1回戦以外は大苦戦の連続だった。ユタ・ジャズとダラス・マーベリックスに共に最終戦まで持ち込まれて辛くも勝利。NBAファイナルでは新興勢力のデトロイト・ピストンズと対戦した。一時はピストンズに先に優勝に王手をかけられるが、レイカーズは接戦となった第7戦を制し、公約通り遂にレイカーズは2連覇を果たした。パット・ライリー フレッシュアイペディアより)

  • 1998-1999シーズンのNBA

    1998-1999シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダラス・マーベリックスはこのシーズンも大きく負け越すも、ドラフトではダーク・ノビツキーを指名し、またスティーブ・ナッシュも獲得。大黒柱のマイケル・フィンリーにノビツキー、ナッシュと後のチームの核となるメンバーが揃い、またシーズン中にはドン・ネルソンがヘッドコーチに招聘された。1998-1999シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1994-1995シーズンのNBA

    1994-1995シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ドラフトではグレン・ロビンソンがミルウォーキー・バックスから全体1位指名を受けた。またジェイソン・キッドが全体2位でダラス・マーベリックスに、グラント・ヒルが全体3位でデトロイト・ピストンズに入団している。他には、ドニエル・マーシャル、ジュワン・ハワード、シャロン・ライト、ラモンド・マレー、ブライアン・グラント、エディー・ジョーンズ、ジェイレン・ローズ、アーロン・マッキー、ウェズリー・パーソン、ボション・レナードらが指名を受けている。1994-1995シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
341件中 1 - 10件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード