前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
196件中 1 - 10件表示
  • ポパイ・ジョーンズ

    ポパイ・ジョーンズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ポパイ・ジョーンズことロナルド・ジェローム・ジョーンズ(Ronald Jerome "Popeye" Jones, 1970年6月17日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州ドレスデン出身の元プロバスケットボール選手。NBAのダラス・マーベリックスを始め、複数のチームでプレイしたジャーニーマンである。身長203cm、体重120kg。ポジションはフォワード。引退後はダラス・マーベリックスのアシスタント・コーチ等を経て、現在はニュージャージー・ネッツでアシスタント・コーチを務めている。ポパイ・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • サンアントニオ・スパーズ

    サンアントニオ・スパーズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2000-01シーズンは、58勝24敗を記録しプレーオフでは、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ダラス・マーベリックスをそれぞれ1敗しただけで退け、カンファレンスファイナルに進んだが、このシーズンNBAチャンピオンとなったフィル・ジャクソン率いるロサンゼルス・レイカーズに、コービー・ブライアント、シャキール・オニールの活躍で、4連敗スイープで敗れた。サンアントニオ・スパーズ フレッシュアイペディアより)

  • パット・ライリー

    パット・ライリーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1987-88シーズンのレイカーズはシーズンは62勝で再びリーグ首位の成績となった。しかしプレイオフでは1回戦以外は大苦戦の連続だった。ユタ・ジャズとダラス・マーベリックスに共に最終戦まで持ち込まれて辛くも勝利。NBAファイナルでは新興勢力のデトロイト・ピストンズと対戦した。一時はピストンズに先に優勝に王手をかけられるが、レイカーズは接戦となった第7戦を制し、公約通り遂にレイカーズは2連覇を果たした。パット・ライリー フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ポポヴィッチ

    グレッグ・ポポヴィッチから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2002-03シーズン、スパーズは60勝22敗の成績を収め、勝率でリーグ1位となった。ポポヴィッチは最優秀コーチ賞に選ばれた。プレーオフではカンファレンス準決勝で仇敵レイカーズを破ると、カンファレンス決勝では元上司であるドン・ネルソン率いるダラス・マーベリックスを退け、4シーズンぶりにファイナルに進出。ニュージャージー・ネッツを4勝2敗で降し、スパーズとポポヴィッチは2度目の優勝を遂げた。長らくスパーズを支えてきたロビンソンはこの優勝をもって引退し、以後スパーズはダンカン、ジノビリ、パーカーを中心としたチームとなる。グレッグ・ポポヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 1994-1995シーズンのNBA

    1994-1995シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ドラフトではグレン・ロビンソンがミルウォーキー・バックスから全体1位指名を受けた。またジェイソン・キッドが全体2位でダラス・マーベリックスに、グラント・ヒルが全体3位でデトロイト・ピストンズに入団している。ほか、ドニエル・マーシャル、ジュワン・ハワード、エディー・ジョーンズ、ジェイレン・ローズらが指名を受けている。1994-1995シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1998-1999シーズンのNBA

    1998-1999シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダラス・マーベリックスはこのシーズンも大きく負け越すも、ドラフトではダーク・ノビツキーを指名し、またスティーブ・ナッシュも獲得。大黒柱のマイケル・フィンリーにノビツキー、ナッシュと後のチームの核となるメンバーが揃い、またシーズン中にはドン・ネルソンがヘッドコーチに招聘された。1998-1999シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・リン

    ジェレミー・リンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    結局2010年のドラフトでは指名されなかったが8チームがトライアウトに招待した。ところがリンは「トライアウトは1オン1、2オン2、3オン3などがメインで、それでは自分の良さが出ない。」として参加しなかった。その後サマーリーグに参加し、ダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・レイカーズおよびいくつかの東カンファレンスのチーム(名前は明らかにされていない)から契約を提示されたが、最終的に「自分のホームタウンでプレイしたい。」としてゴールデンステート・ウォリアーズと2年契約を結んだ。ジェレミー・リン フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2003年5月、トヨタ自動車アルバルクを退団し、同年7月、NBAダラス・マーベリックスのサマーリーグに参加した。同年9月、NBAのデンバー・ナゲッツと契約し、プレシーズン戦3試合に出場したが開幕ロースターには残れず解雇された。ナゲッツのチームメイトには田臥よりも身長の低い165cmのアール・ボイキンスがいたが、ポジションを奪うことはできなかった。同年11月、ABA(アメリカ・独立プロリーグ)のロングビーチ・ジャム・アルビレックスと契約した。ロングビーチ・ジャムではデニス・ロッドマンとも一緒にプレイした。2004年4月、ロングビーチ・ジャムで優勝を果たす。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • デレック・フィッシャー

    デレック・フィッシャーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    デレック・フィッシャー(Derek Lamar Fisher , 1974年8月9日 - )はアメリカ合衆国のバスケットボール選手。アーカンソー州リトルロック出身。185cm、95kg。NBAのダラス・マーベリックス所属。ポジションはポイントガード。現NBA選手会会長。デレック・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • エドアルド・ナヘラ

    エドアルド・ナヘラから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2000年のNBAドラフトにアーリーエントリーしたナヘラは、ヒューストン・ロケッツから2巡目38位指名を受け、メキシコ生まれの選手としては1996-97シーズンにフェニックス・サンズでプレーしたオラシオ・リアマス以来、史上2人目のNBAプレイヤーとなった。ドラフト直後にトレードされ、ダラス・マーベリックスの一員としてルーキーシーズンを迎えた。1年目の2000-01シーズンは3.3得点2.4リバウンドの成績だった。エドアルド・ナヘラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
196件中 1 - 10件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード