196件中 91 - 100件表示
  • 2006年のNBAファイナル

    2006年のNBAファイナルから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2006年のNBAファイナルは、同年の6月8日から20日にかけ6試合にわたり行われ、ウェスタン・カンファレスの覇者ダラス・マーベリックスとイースタン・カンファレスの覇者マイアミ・ヒートが対戦、マイアミ・ヒートが4勝2敗で初優勝を飾った。ともに本拠地がアメリカン航空がスポンサーだったため、いわゆるアメリカン航空シリーズとも呼ばれた。大会の最優秀選手はドウェイン・ウェイドが獲得した。2006年のNBAファイナル フレッシュアイペディアより)

  • D.J.エムベンガ

    D.J.エムベンガから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2004年、ダラス・マーベリックスと契約を結んでNBA入り。試合には数分ずつ出場するだけで満足な時間を与えられたとは言い難かったが2005年に契約が切れるとチームはベンガとの3年の延長契約を結んだ。しかし、ダラスはジュワン・ハワードを獲得するためのロスター整理のためにベンガを放出し、フリーエージェントとなったベンガはダラスの前監督ドン・ネルソンに拾われてゴールデンステート・ウォリアーズに移籍した。2008年1月6日、ベンガはゴールデンステートから放出されたが、2週間後の1月21日にはロサンゼルス・レイカーズと10日間契約を結んだ。レイカーズではパウ・ガソル、アンドリュー・バイナムらに次ぐ事実上の3番手センターとしての扱いであったが、2シーズンを過ごして優勝も経験。2010年にフリーエージェントとなると新たにニューオーリンズ・ホーネッツと契約した。D.J.エムベンガ フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・ホワイト

    ランディ・ホワイトから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ランディ・ホワイト (バスケットボール) - NBAのダラス・マーベリックスなどでプレイしたバスケットボール選手。ランディ・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • カート・トーマス (バスケットボール)

    カート・トーマス (バスケットボール)から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1997年2月14日、プレドラグ・ダニロヴィッチ、マーティン・ムレセップとともに、ダラス・マーベリックスのジャマール・マッシュバーンとのトレードに出される。カート・トーマス (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ノヴァック

    スティーブ・ノヴァックから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ブラウン・ディアー高校では、父親からコーチを受け、その後マーケット大学に進み、4年間在学中で、平均12.4ポイント 4.2 リバウンド 1.0 アシストを記録、また年間で354本の3ポイントを決め同校の新記録を打ち立てた。2006年にヒューストン・ロケッツにドラフト2巡目32位で指名され入団し、2年間で70試合に出場したが、多くのプレータイムは得られず、2008年にロサンジェルス・クリッパーズに移籍し、71試合に出場し、フィールドゴール成功176本の内、119本が3ポイントで、41.5%の高率で決め平均6.9得点を記録した。2009年は、持ち味の3ポイントが不調で、出場機会が得られず、2010年にダラス・マーベリックスを経由して、サンアントニオ・スパーズに移籍した。30試合のみの出場であったが、フィールドゴール35本中3ポイントは26本に及び、52%を超える高精度ショットが戻った。2011年FAとなり、3ポイントシューターを多く抱えるスパーズでは、更に出場機会を増やすことはできないため、ニューヨーク・ニックスに移籍した。2011-2012年シーズンは133本の3ポイントを47.2%で決め、キャリアハイの平均8.8得点を記録した。また、得意の3ポイントパーセントで、初のスタッツリーダーとなった。スティーブ・ノヴァック フレッシュアイペディアより)

  • 海東奈月

    海東奈月から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2010年単身渡米。NBAのボストン・セルティックス、ニューヨーク・ニックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、ダラス・マーベリックスのオーディションに参加、マーベリックスのオーディションで合格した。2010-2011シーズンには日本人で初めてNBAファイナルの舞台で踊り、ワールドチャンピオンチームのダンサーとなる。翌シーズンもマーベリックスのダンサーを務めた。海東奈月 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・キューバン

    マーク・キューバンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2000年1月14日に自身が熱烈なファンであった NBA のバスケットボールチーム、ダラス・マーベリックスを2億8500万ドルで買い取り、同チームのオーナーに就任した。マーク・キューバン フレッシュアイペディアより)

  • カントン (オハイオ州)

    カントン (オハイオ州)から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    キース・マクロード、NBAバスケットボール選手、ダラス・マーベリックスカントン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・チャンドラー・ウィリアムス

    ジェイソン・チャンドラー・ウィリアムスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2005-06シーズンは、ヒートの先発PGとしてプレイ。膝の故障もあったが、イースタン・カンファレンスファイナル、対デトロイト・ピストンズ第6戦で、彼は21得点をあげ、NBAファイナル進出に貢献した。そして2006年6月20日、ファイナルでヒートはダラス・マーベリックスを破り、ウィリアムス自身初のチャンピオン・リングを手に入れた。ファイナルでの成績は、平均12得点、5アシストであった。ジェイソン・チャンドラー・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • ラッセル・ウェストブルック

    ラッセル・ウェストブルックから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    迎えたルーキーシーズン、序盤こそベンチスタートだったが、11月末にはアール・ワトソンから先発の座を奪い、以降持ち前の得点力を発揮。12月と2月にはウエスタン・カンファレンスの月間新人賞に選ばれた。3月2日のダラス・マーベリックス戦では17得点10リバウンド10アシストを記録し、サンダー(旧シアトル・スーパーソニックス)史上アート・ハリス、ゲイリー・ペイトンに続く3人目となるトリプル・ダブルを達成した。最終的には15.3得点4.9リバウンド5.3アシストを記録し、オールルーキー1stチームに選ばれた。ラッセル・ウェストブルック フレッシュアイペディアより)

196件中 91 - 100件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード