341件中 101 - 110件表示
  • ティム・ハーダウェイ

    ティム・ハーダウェイから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    チームは毎年地区屈指の成績を残しながらもシカゴ・ブルズやニューヨーク・ニックスなどに阻まれ、優勝の機会を得られないまま数年を過ごし、30代の半ばに近づきつつあったハーダウェイの個人成績は徐々に低下していった。2000-01シーズンを最後に、ハーダウェイはダラス・マーベリックスと契約し、翌シーズン中にデンバー・ナゲッツに放出された。このシーズンは平均得点は10を下回り、平均アシストも5以下だった。ティム・ハーダウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ゴーダン・ギリチェック

    ゴーダン・ギリチェックから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    シボナ・ザグレブでプロのキャリアをスタートし、1999年のNBAドラフトでダラス・マーベリックスより全体40位で指名された。その後、サンアントニオ・スパーズに交渉権が移ったが、NBAでの契約を結ばないまま、交渉権はメンフィス・グリズリーズに移った。2011年CSKAモスクワと契約を結び、2011-12シーズンはユーロリーグで19試合プレーし、平均22.9得点、3.1リバウンド、1.6アシストの成績を残している。ゴーダン・ギリチェック フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ウィリス

    ケビン・ウィリスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2007年4月2日にダラス・マーベリックスと契約しレギュラーシーズン最後の5試合に出場したがプレーオフでは出番のないまま第1シードであったマーベリックスは1回戦で敗退した。ケビン・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • サガナ・ジョップ

    サガナ・ジョップから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ジョップは2001年のNBAドラフトにおいて全体8番目でクリーブランド・キャバリアーズから指名されて入団した。キャブスでは4シーズン在籍し、193試合に出場した。そのほとんどがベンチ(控え選手)からの出場だったが、頼みの綱であるディフェンスは全くふるわず、あまりチームに貢献したとは言えない働きしかできなかった。怪我にも頻繁に見舞われ、体重の問題なども次々に重なった。再契約することなくフリーエージェントになり、2005年オフにオフェンシブなチーム構成が売りのダラス・マーベリックスに3年契約で移籍した。サガナ・ジョップ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・プライス

    マーク・プライスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    オクラホマ州出身。ジョージア工科大学卒業後、1986年のNBAドラフトで2巡目全体25位でダラス・マーベリックスに指名された。身長6フィートだった彼は評論家に小さすぎるし、遅すぎてNBAでは使いものにならないのではないかと酷評された。ドラフト当日にキャバリアーズにトレードされた彼はチーム史上ベストのポイントガードとなり、リーグを代表するシューターとしても名を広めた。キャリア通算でフリースロー成功率90.4%はNBAドラフト史上1位であった。また、3ポイントシュートの通算成功率も40%を超えた。1988-89年シーズンに彼は3ポイントシュート40%以上、シュート成功率50%以上、フリースロー成功率90%以上であった。シーズン通してこの条件を満たしたのは現在まで見てもわずか5人であり、他にラリー・バード、レジー・ミラー、スティーブ・ナッシュ、ダーク・ノビツキーしかいない。プライスはアシストのキャバリアーズ記録である4206も持っており、NBAオールスターゲームにも4回出場した。3ポイントシュートコンテストでも2回優勝、1992-93年シーズンはオールNBAファーストチームにも選ばれた。マーク・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ジャマール・マッシュバーン

    ジャマール・マッシュバーンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1993年のNBAドラフトにてダラス・マーベリックスから1巡目4位指名を受けてNBA入りを果たす。マッシュバーンの得点能力はNBAでも即戦力として通じ、開幕戦のユタ・ジャズ戦ではいきなり22得点を記録、4試合目では早くも30得点オーバーとなる36得点をあげた。ルーキーシーズンとなった93-94シーズンは73試合に先発出場、19.2得点4.5リバウンドのアベレージを残し、オールルーキーファーストチームに選ばれた。またマブスの新人記録を7つ更新した。デビューから好調なマッシュバーンの一方で、マブスは13勝69敗という泥沼の状況に陥っていた。しかしドラフトでは上位指名権を得られることができ、1992年のNBAドラフトではジム・ジャクソンを、翌年にはマッシュ・バーンを指名し、さらに翌1994年のNBAドラフトではジェイソン・キッドを指名。彼ら3人の頭文字をとって“トリプルJ”、あるいは“3J's”と銘打たれたトリオに率いられ、マブスは将来を嘱望されるチームとなるはずだった。キッドを迎え入れた94-95シーズンには36勝46敗とチーム成績は上向き、キッドは新人王に選ばれ、マッシュバーンもジャクソンに次ぐチーム2番目の平均24.1得点をあげ、11月12日のシカゴ・ブルズ戦ではキャリアハイとなる50得点を記録するなど、マブスもマッシュバーンの将来も順風満帆に見えたが、3人の間に私情のもつれからくる軋轢が生じ、翌シーズンは26勝56敗と期待はずれの結果に終わった。またマッシュバーンを怪我という不幸が襲い、このシーズンの出場試合数は僅か18試合に留まった。96-97シーズン、3人の関係の悪化はいよいよ修復が効かないところまでいき、モチベーションが低下したマッシュバーンの平均得点は10.6得点まで落ち込んだ。そしてシーズン中の2月に、マイアミ・ヒートにトレードされた。ジャマール・マッシュバーン フレッシュアイペディアより)

  • デヴィン・ジョージ

    デヴィン・ジョージから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2006年8月、レイカーズから買い叩かれる形でフリーエージェントとなったジョージはダラス・マーベリックスと2年420万ドルの契約を結んだ。シーズンに入るにつれてエイブリー・ジョンソンヘッドコーチの信頼を獲得し2007年7月にはチームと1年250万ドルで契約を結び直した。デヴィン・ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • クラークスビル (テネシー州)

    クラークスビル (テネシー州)から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    トレントン・ハッセル、NBA選手、ミネソタ・ティンバーウルブズ、シカゴ・ブルズ、ダラス・マーベリックス、ニュージャージー・ネッツクラークスビル (テネシー州) フレッシュアイペディアより)

  • マーキス・ダニエルズ

    マーキス・ダニエルズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2003年のNBAドラフトにエントリーするが、ダニエルズを2巡目指名する予定だったダラス・マーベリックスはデンバー・ナゲッツとのトレードのために中国人センターの薛玉洋を指名したため、ドラフトでのNBA入りは叶わなかった。しかし8月のサマーリーグからマーベリックスにドラフト外で入団を果たした。ルーキーイヤーとなった2003-04シーズンは3番手シューティングガードだったため出場機会には恵まれなかったが、シーズン終盤になり突如先発に起用されると、全試合先発起用された最後の11試合では1試合平均40分の出場時間を与えられ、うち3試合で30得点以上を稼ぎ出し、オールルーキーセカンドチームに選ばれた。最低サラリー額の1年契約プレイヤーだったルーキーはプレーオフでも全試合先発出場する大出世を遂げ、オフには6年3800万ドルの長期契約を獲得した。翌シーズン以降はベテランのマイケル・フィンリーやジェリー・スタックハウス、同期のジョシュ・ハワードらと出場機会を争いながら、3年目の05-06シーズンにはシックスマンとしてマーベリックスの初のNBAファイナル進出に貢献した。マーキス・ダニエルズ フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ブラッドリー

    ショーン・ブラッドリーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ショーン・ブラッドリー(Shawn Paul Bradley, 1972年3月22日 - )は、西ドイツ(現ドイツ)ランドシュトゥール出身の元プロバスケットボール選手。選手時代にはダラス・マーベリックスでセンターとして活躍。父親がアメリカ軍に従軍していた関係で西ドイツで生まれアメリカ合衆国のユタ州キャッスルデールで育ったため、ドイツとアメリカの二重国籍を取得している(国際試合はドイツ代表として出場)。2005年6月に引退を表明。現在はテキサス州アーリントンに住み、ルーカス高校のバスケットボール部コーチを務めている。ショーン・ブラッドリー フレッシュアイペディアより)

341件中 101 - 110件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード