341件中 111 - 120件表示
  • 2011年のバスケットボール

    2011年のバスケットボールから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    12日 - NBAファイナル、ダラス・マーベリックスが初優勝。MVPはダーク・ノヴィツキー。2011年のバスケットボール フレッシュアイペディアより)

  • A.C.グリーン

    A.C.グリーンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1993-94シーズン開始に先立ちフェニックス・サンズに移籍。1996年のシーズン途中でジェイソン・キッドが絡んだ大型トレードでダラス・マーベリックスに放出された関係で、このシーズンは規定の試合数より一つ多い83試合に出場。1999年には古巣のレイカーズに戻り、そのシーズンのレイカーズの優勝に貢献した。翌シーズンはレイカーズ時代の恩師パット・ライリー率いるマイアミ・ヒートでプレイ。2001-02シーズンはレイカーズ時代のチームメイトのバイロン・スコットがヘッドコーチを務めていたニュージャージー・ネッツでのプレーを望んでいたものの、結局は実現せず引退を決意。16年間の選手生活に幕を閉じた。A.C.グリーン フレッシュアイペディアより)

  • アドナル・フォイル

    アドナル・フォイルから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2004年7月、不本意な成績でシーズンを終えたにも係わらず、チームと6年4,200万ドルの再契約を結んだ。成績と比較すると破格と言ってもよい契約だったため、地元ファンから批判された。未だに、この契約はウォリアーズの悪い歴史として語り継がれている。2004-05シーズンはダンピアーがダラス・マーベリックスに移籍し、フォイルは先発の座を勝ち得たが、成績は平年並みに終わった。アドナル・フォイル フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のNBAドラフト

    1980年のNBAドラフトから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    )がコイントスを行い、全体1位指名権が決められた。その結果、ボストン・セルティックスが全体1位指名権を獲得、ジャズが全体2位指名権を獲得した。全体3位指名以降は前年の成績順に順番が定められた。なおドラフト前にセルティックスは全体1位指名権をゴールデンステート・ウォリアーズにトレードし、複数の指名権を獲得した。エクスパンションチームのダラス・マーベリックスには、それぞれのラウンドの11番目指名権が与えられた。このドラフトでは大学で4年間プレーした選手以外に5人の選手がアーリーエントリーを行った。指名は10巡まで行われ214人が指名された。1980年のNBAドラフト フレッシュアイペディアより)

  • エディー・ハウス

    エディー・ハウスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2010年、2月18日、トレードにより、ニューヨーク・ニックスへ移籍して短い期間プレーしたのち、シーズン終了後に再びマイアミ・ヒートに所属することとなり、レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグスリーの下でプレーし、2010-11シーズンは再びNBAファイナルに出場したが、ダラス・マーベリックスに2勝4敗で敗れた。翌2011-12シーズン開幕前にヒートから解雇され、その後はハウスと契約するチームも現れず、引退となった。エディー・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • テキサス大学アーリントン校

    テキサス大学アーリントン校から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    学校のスポーツチーム名であるマーベリックスは近所のNBAチームのダラス・マーベリックスと被るが、UTAのほうが先にこの名前を使用している(UTA 1971年、ダラスマーベリックス 1980年)。テキサス大学アーリントン校 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・マリオン

    ショーン・マリオンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    7シーズンのNBAキャリアで5回プレーオフに進出。中でも、2004-05シーズンはリーグトップの62勝(チーム記録1位タイ)をマーク。ダラス・マーベリックスから移籍したリーグ屈指のポイントガードであるスティーブ・ナッシュや、怪我から復帰したインサイドの中心アマレ・スタウダマイアーなどと共にリーグを席巻した。ショーン・マリオン フレッシュアイペディアより)

  • カントン (オハイオ州)

    カントン (オハイオ州)から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    キース・マクロード、NBAバスケットボール選手、ダラス・マーベリックスカントン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • イータン・トーマス

    イータン・トーマスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    シラキュース大学から2000年のNBAドラフトでダラス・マーベリックスから指名を受けNBA入り。マーベリックスでは出場機会がなく、2001年2月のジュワン・ハワードらとの大型トレードでワシントン・ウィザーズに移籍。トーマスはウィザーズで多くの出場機会を得ることになる。イータン・トーマス フレッシュアイペディアより)

  • アントワン・ライト

    アントワン・ライトから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2年目の06-07シーズンはカーター、ジェファーソンの控えとしてローレンス・フランクヘッドコーチによるチームのローテーションに食い込み、63試合出場(ジェファーソンが足首の負傷で欠場したことなどにより、23試合に先発出場)を果たし、4.5得点、2.8リバウンドの成績を残し、成長の跡を残した。07-08シーズン序盤はキャリアハイとなる21得点をあげるなど好調のスタートを切ったが、その後はチーム成績と共に自身も調子を落とし、このシーズン中に行われたジェイソン・キッドを核とした大型トレードに組み込まれ、ダラス・マーベリックスへ移籍した。アントワン・ライト フレッシュアイペディアより)

341件中 111 - 120件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード