341件中 131 - 140件表示
  • ジョーダン・ハミルトン

    ジョーダン・ハミルトンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2年間テキサス大学でプレーしたハミルトンは、2011年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明。26位でダラス・マーベリックスから指名された後、当日にデンバー・ナゲッツとのトレードが行われ、権利がナゲッツに移動し、プロ生活がスタート。しかし、シーズン開幕して間もなくDリーグ行きを命じられるなど、結果を残せず、3年でナゲッツに見切りを付けられ、2014年2月20日にヒューストン・ロケッツに放出された。ジョーダン・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・レイトナー

    クリスチャン・レイトナーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1992年のNBAドラフトで、シャキール・オニール、アロンゾ・モーニングに次いで全体3位でミネソタ・ティンバーウルブズに指名された。13年間のキャリアでウルブズ、アトランタ・ホークス、デトロイト・ピストンズ、ダラス・マーベリックス、ワシントン・ウィザーズ、マイアミ・ヒートでプレイした。NBAではセンターやパワーフォワードとしてプレイした。1993年にはオールルーキーチームに選ばれて1997年にはNBAオールスターゲームのメンバーに選ばれた。しかしレイトナーは1992年に先に指名された2人(オニールとモーニング) ほどの期待されたスーパースターにはならなかった。1998-99シーズンの大部分をアキレス腱を断裂する怪我で欠場した後、出場時間は減少した。最後のシーズンとなった2004-05シーズンは、マイアミ・ヒートでオニールとモーニングと共にチームメイトとなった。クリスチャン・レイトナー フレッシュアイペディアより)

  • マリック・アレン

    マリック・アレンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ブルズには2年間在籍、06-07シーズン終了後にニュージャージー・ネッツに移籍し、さらに07?08シーズン中にジェイソン・キッドを核とする大型トレードに組み込まれ、ダラス・マーベリックスへと移籍した。マリック・アレン フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ハワード

    ジョシュ・ハワードから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    大学卒業後の2003年のNBAドラフトでは、ダラス・マーベリックスから決して上位ではない全体29位指名(1巡目では最下位指名)を受けてプロ入りした。このようにドラフトでは上位に食い込むことがなかったにも係わらず、1年目となる2003-04シーズンは即戦力として試合に出場した。同年にドラフト外で入団したマーキス・ダニエルズとともに新人としての好成績を残した。また、このシーズンのオールルーキー・セカンドチーム(活躍した新人選手チームの2チーム目)に選出されている。ジョシュ・ハワード フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・リチャードソン

    ジェイソン・リチャードソンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2006年3月23日のダラス・マーベリックス戦、4.7秒を残しウォリアーズは2点リードを許していた。マーベリックスはフリースローのチャンスだったがジェイソン・テリーが失敗し、そのリバウンドをリチャードソンが掴んだ。そしてそのままコート上を駆け抜けスピンムーブで相手を抜き去り、試合終了のブザーが鳴りながら3ポイントシュートを沈めた。この場面はNBA.comのブザービーターベスト10の第1位に選ばれた。ジェイソン・リチャードソン フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・エリオット

    ショーン・エリオットから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    通算成績は、1試合当たり14.2得点、4.3リバウンド、2.6アシストであった。1992年12月18日の対ダラス・マーベリックス戦で、1試合41得点の個人記録を出している。2004年現在、エリオットはABCスポーツとESPNのバスケットボール解説者である。ショーン・エリオット フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ノヴァック

    スティーブ・ノヴァックから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ブラウン・ディアー高校では、父親からコーチを受け、その後マーケット大学に進み、4年間在学中で、平均12.4ポイント 4.2 リバウンド 1.0 アシストを記録、また年間で354本の3ポイントを決め同校の新記録を打ち立てた。2006年にヒューストン・ロケッツにドラフト2巡目32位で指名され入団し、2年間で70試合に出場したが、多くのプレータイムは得られず、2008年にロサンジェルス・クリッパーズに移籍し、71試合に出場し、フィールドゴール成功176本の内、119本が3ポイントで、41.5%の高率で決め平均6.9得点を記録した。2009年は、持ち味の3ポイントが不調で、出場機会が得られず、2010年にダラス・マーベリックスを経由して、サンアントニオ・スパーズに移籍した。30試合のみの出場であったが、フィールドゴール35本中3ポイントは26本に及び、52%を超える高精度ショットが戻った。2011年FAとなり、3ポイントシューターを多く抱えるスパーズでは、更に出場機会を増やすことはできないため、ニューヨーク・ニックスに移籍した。2011-2012年シーズンは133本の3ポイントを47.2%で決め、キャリアハイの平均8.8得点を記録した。また、得意の3ポイントパーセントで、初のスタッツリーダーとなった。2013年、トロント・ラプターズに移籍した。その後ユタ・ジャズ、オクラホマシティ・サンダー、ミルウォーキー・バックスと渡り歩いている。スティーブ・ノヴァック フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・カーディナル

    ブライアン・カーディナルから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2010年9月27日、ダラス・マーベリックスと契約した。2011年5月8日のカンファレンスセミファイナルのロサンゼルス・レイカーズ戦ではチーム20本目の3ポイントシュートを決めた。これは1996年5月6日、シアトル・スーパーソニックスがヒューストン・ロケッツ戦で作った、プレーオフ1試合でのチームタイ記録であった。そしてこのシーズンのマーベリックス初のNBA優勝に貢献。2012年以降は契約するチームが無くなり、引退した。ブライアン・カーディナル フレッシュアイペディアより)

  • エディ・カリー

    エディ・カリーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2011年2月22日、コーリー・ブリューワーとの交換トレードにより、アンソニー・ランドルフと共に、ミネソタ・ティンバーウルブズへ放出され、すぐに解雇された。同年12月にマイアミ・ヒートと契約し、チャンピオンリングを得たが、FAに伴い事実上の戦力外となり、2012年10月トレーニング・キャンプ時にサンアントニオ・スパーズと契約したがチームには合流せず、その後ダラス・マーベリックスに移籍したが、即解雇され、中国でプレーした後、引退した。エディ・カリー フレッシュアイペディアより)

  • サム・キャセール

    サム・キャセールから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    96-97シーズンにはサンズ、ダラス・マーベリックス、ニュージャージー・ネッツと3チームを渡り歩いた。マーベリックスとのトレードはジェイソン・キッドやマイケル・フィンリーなども絡んだものとなった。マーベリックスでは16試合に出場したところでジミー・ジャクソンらと共にネッツのショーン・ブラッドリーらとのトレードて放出された。サム・キャセール フレッシュアイペディアより)

341件中 131 - 140件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード