341件中 141 - 150件表示
  • D・J・エムベンガ

    D・J・エムベンガから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2004年、ダラス・マーベリックスと契約を結んでNBA入り。試合には数分ずつ出場するだけで満足な時間を与えられたとは言い難かったが2005年に契約が切れるとチームはベンガとの3年の延長契約を結んだ。しかし、ダラスはジュワン・ハワードを獲得するためのロスター整理のためにベンガを放出し、フリーエージェントとなったベンガはダラスの前監督ドン・ネルソンに拾われてゴールデンステート・ウォリアーズに移籍した。2008年1月6日、ベンガはゴールデンステートから放出されたが、2週間後の1月21日にはロサンゼルス・レイカーズと10日間契約を結んだ。レイカーズではパウ・ガソル、アンドリュー・バイナムらに次ぐ事実上の3番手センターとしての扱いであったが、2シーズンを過ごして優勝も経験。2010年にフリーエージェントとなると新たにニューオーリンズ・ホーネッツと契約した。D・J・エムベンガ フレッシュアイペディアより)

  • ジャリッド・フェイマス

    ジャリッド・フェイマスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2014年9月に秋田ノーザンハピネッツとの契約が合意に達したが、プレシーズンゲーム出場後にチームを離脱し、契約は結ばれなかった。その後もNBADLなどでプレーした後、2015年7月20日にダラス・マーベリックスと契約を結び、念願のNBA入りを果たした。プレシーズン5試合に出場したが10月22日、ウェイブされた。ジャリッド・フェイマス フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ベンティル

    ベン・ベンティルから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ベンティルは2年生を終えた時点で2016年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明。51位でボストン・セルティックスから指名され、7月27日に3年契約を結んだものの、プレーシーズンマッチで結果を残せず、シーズン開幕前の10月21日に解雇。24日にインディアナ・ペイサーズと契約し、即解雇後傘下のDリーグチームにあたるフォートウェイン・マッドアンツに送られた。その後11月26日にCBAの新疆フライングタイガースと契約。2017年2月24日にダラス・マーベリックスと10日間契約を結んだ。ベン・ベンティル フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・パック

    ロバート・パックから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    以降はワシントン・ブレッツ、ニュージャージー・ネッツを経て、1997年2月にサム・キャセール、ショーン・ブラッドリーなどが絡んだ大型トレードでダラス・マーベリックスに移籍。更に数多くのチームを渡り歩いた後、2003年からはユーロリーグでもプレーし、2005年以降は契約するチームも無くなり、引退した。ロバート・パック フレッシュアイペディアより)

  • アイザイア・トーマス

    アイザイア・トーマスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    トーマスは1981年に全体2位でピストンズに指名された。この年の1位指名権を持っていたのはダラス・マーベリックスだったが、トーマスはマーベリックスを避けていた。当時弱小だったピストンズへの入団も希望しておらず、故郷のシカゴ・ブルズに関心を持っていたが、ピストンズ球団関係者の説得をかわしきれなかった。入団当初の会見で、トーマスはピストンズをボストン・セルティックスやロサンゼルス・レイカーズのような強豪にしたいと話したが、それを真に受ける者は少なかった。アイザイア・トーマス フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ウェストファル

    ポール・ウェストファルから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    引退後の1988年からフェニックス市の大学でコーチキャリアをスタートさせ、その後フェニックス・サンズに戻り、コットン・フィッツシモンズヘッドコーチのもと、数年間アシスタントコーチを務めた。1992年、サンズは本拠地を新アリーナに移し、チームロゴ、ユニフォームを一新、大物選手チャールズ・バークレーを獲得するなどチームの大改革を進めたが、42歳のウェストファルをヘッドコーチに昇格させたのも大改革の一環だった。バークレー、ケビン・ジョンソン、ダニー・マニングら好選手が揃ったサンズはチーム記録となる62勝をあげてバークレーはシーズンMVPを受賞。サンズはプレーオフを勝ち上がり、サンズとウェストファルにとっては選手時代を通して2回目、17年ぶりとなるNBAファイナルの舞台に進んだ。対戦相手はマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズだったが、このシリーズでもサンズとウェストファルは第3戦でトリプル・オーバータイムを戦っている。サンズは2勝4敗で破れ、またしても優勝はならなかった。以後もサンズは強豪として過ごし、ウェストファルのヘッドコーチ就任後、3シーズン連続で56勝以上をあげ、1994-95シーズンにはコーチとしては史上2番目の速さで150勝に到達したがプレーオフでは勝ち残れず、1995-96シーズンにシーズン序盤で負け越したのを契機にヘッドコーチから解任された。その後息子が通うフェニックス市の高校バスケットボール部のアシスタントコーチを務め、1998年にNBAに復帰。シアトル・スーパーソニックスのヘッドコーチに就任し、就任2年目の1999-00シーズンにはプレーオフに導くが、2000-01シーズンには解任された。2001年から2006年までをペパーダイン大学のコーチとして過ごし、2001‐02シーズンには22勝9敗の成績でNCAAトーナメントに導いている。その後はダラス・マーベリックスでアシスタントコーチを経て、2009年からサクラメント・キングスのヘッドコーチに就任したが、デマーカス・カズンズとの衝突もあり2011年に解任された。ポール・ウェストファル フレッシュアイペディアより)

  • 海東奈月

    海東奈月から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2010年単身渡米。NBAのボストン・セルティックス、ニューヨーク・ニックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、ダラス・マーベリックスのオーディションに参加、約300人が参加したマーベリックスのオーディションで合格した20名の1人となった。2010-2011シーズンには日本人で初めてNBAファイナルの舞台で踊り、ワールドチャンピオンチームのダンサーとなる。敵地マイアミで行われた第6戦、優勝の瞬間はホームのアメリカン・エアラインズ・センターで行われたウオッチパーティーに参加していた。翌シーズンもマーベリックスのダンサーを務めた。海東奈月 フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・チークス

    モーリス・チークスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2003年4月25日のポートランド・トレイルブレイザーズ対ダラス・マーベリックス戦でアメリカ国歌斉唱を行っていた13歳のナタリー・ギルバートが歌詞を忘れかけたところ彼は大急ぎで彼女のそばに駆け寄り共に最後まで歌った。ローズ・ガーデン・アリーナの観衆はスタンディング・オベーションでこれに応えた。モーリス・チークス フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリコのスポーツ

    プエルトリコのスポーツから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    その他の有名なプエルトリコ人のバスケットボール選手には、フアン・パチン・ビセンス(:en:Juan "Pachín" Vicéns)、カルロス・アローヨ、ホセ・オルティスなど多数がいる。1976年の代表選手だったアルフレッド・リー(:en:Alfred Lee)は、1978年にアトランタ・ホークスにドラフトされ、NBAで最初のプエルトリコ人になった。オルティスは1988年にユタ・ジャズと契約した。ラモン・リバス(:en:Ramón Rivas)がその2週間後に続いてボストン・セルティックスと契約した。ラモン・ラモス(:en:Ramón Ramos)はポートランド・トレイルブレイザーズと契約したが不慮の事故により二度とプレイできなくなった。アローヨは2007年までNBAでプレイし、2008年からは欧州の名門マッカビ・テルアビブでプレイしている。ホセ・バレアは現在、ダラス・マーベリックスでプレイしており、ピーター・ラモス、ダニエル・サンティアゴもNBAで複数年プレイした。プエルトリコのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・ラズミ

    ステファン・ラズミから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2007年のNBAドラフト2巡全体46位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名された。マサチューセッツ大学の選手がNBAドラフトで指名されるのは、1999年のNBAドラフトでラリー・ケトナーがシカゴ・ブルズに指名されて以来のことであった。同年11月8日のダラス・マーベリックス戦で初出場したが、出場は試合終了間際の3.8秒のみであった。11月17日にウォリアーズがD.J.エムベンガをロースターに入れる際、ウェーバーされた。11月下旬にNBAデベロップメント・リーグのロサンゼルス・ディーフェンダーズと契約を結んだ。2008年3月21日、けが人の多いマイアミ・ヒートと10日間契約を結んだ。その後、ヒートとの契約がシーズン終了まで延長された。このシーズン、先発4試合を含む15試合に出場し20.2分プレーし、平均5.5得点、3.5リバウンド、1.5ブロックショットをあげた。ステファン・ラズミ フレッシュアイペディアより)

341件中 141 - 150件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード