341件中 151 - 160件表示
  • NBAプレーオフ

    NBAプレーオフから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    例えば2005-06シーズンで、ダラス・マーベリックスとサンアントニオ・スパーズはウェスタン・カンファレンスに属する他のチームより抜きん出て良い成績を収め、ウェスタン・カンファレンス全体で1、2を争う位置にいたが、両チームとも同じサウスウェスト地区に属していたため、第1シードと第4シードで準決勝で戦う可能性があった。なぜなら上記にあるように、NBAでは地区のチャンピオンチームを地区で優勝していないプレーオフ参加チームよりも上位にシードするのが慣例となっていた。そのため同地区で優勝できなかった方のチームは同地区で優勝したチームに次いでウェスタン・カンファレンス全体の勝利数で2位になっても、他の2地区で優勝した2チームのほうが高いシードになってしまい、第4シードになってしまうからである。NBAプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のNBAドラフト

    1981年のNBAドラフトから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ドラフトでは23チーム中、東西両カンファレンスで勝率の最も低かった2チーム(ダラス・マーベリックスとデトロイト・ピストンズ)がコイントスを行い、全体1位指名権が決められた。その結果、ダラス・マーベリックスが全体1位指名権を獲得、ピストンズが全体2位指名権を獲得した。全体3位指名以降は前年の成績順に順番が定められた。このドラフトでは大学で4年間プレーした選手以外に5人の選手がアーリーエントリーを行った。指名は10巡まで行われ223人が指名された。1981年のNBAドラフト フレッシュアイペディアより)

  • マルチン・ゴルタット

    マルチン・ゴルタットから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2009年夏、制限付きFAとなったゴルタットは、ダラス・マーベリックスが提示した5年3000万ドルのオファーシートにサインしたが、オーランド・マジックは同額の契約を提示し、マジックと再契約した。マルチン・ゴルタット フレッシュアイペディアより)

  • ジャマール・マグロア

    ジャマール・マグロアから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    バックスでは1シーズンだけプレイし、オフにはポートランド・トレイルブレイザーズにトレードされた。トレイルブレイザーズでは出場時間が減り、先発の座も失った。2007年の夏にフリーエージェントとなったマグロアは、ニュージャージー・ネッツと契約したが、新天地でも目立った活躍はできず、07-08シーズン中に解雇される。その後、ダラス・マーベリックスと契約した。マーベリックスでは7試合のみの出場で終わり、2008年オフマイアミ・ヒートと契約。2011年12月、故郷トロントのトロント・ラプターズに移籍。2012年11月、ラプターズはマグロアをチームのコンサルタントとして契約し、現役を引退。2013年から2016年までアシスタントコーチを務めて、現在は再びコンサルタントを務めている。ジャマール・マグロア フレッシュアイペディアより)

  • ウィルソン・チャンドラー

    ウィルソン・チャンドラーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    NBAがロックアウト中の2011年8月、ダラス・マーベリックスの元ヘッドコーチ、ジム・クレモンズがヘッドコーチを務めている中国プロバスケットボールリーグの浙江ライオンズと契約を結んだ。チームは彼の活躍もありプレーオフに出場して北京ダックスと対戦したが、彼を欠いたプレーオフでチームはスイープされた。2012年3月18日、デンバー・ナゲッツと契約を結んだ。ウィルソン・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • エディー・ジョーンズ (バスケットボール)

    エディー・ジョーンズ (バスケットボール)から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    すでに30代半ばに差し掛かっていたジョーンズは、グリズリーズで2年目となる2006-2007シーズンにはついに平均得点二桁を割り、このシーズン中にグリズリーズを解雇された。フリーエージェントとなったジョーンズと契約したのは古巣のヒートだった。前シーズン優勝チームはオニールやウェイドの故障などで苦しいシーズンを送っていたが、ジョーンズの復帰から徐々に調子をあげていき、プレイオフに出場するも、1回戦で4戦全敗で敗退した。オフにフリーエージェントとなったジョーンズはダラス・マーベリックスと契約。エディー・ジョーンズ (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・ポージー

    ジェームス・ポージーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダラス・マーベリックスとのファイナルでは相手のエースダーク・ノビツキーやジョシュ・ハワードを執拗なディフェンスで抑えた。またエースのドウェイン・ウェイドやシャキール・オニールがダブルチームで苦しむ中、オープンとなったポージーの3ポイントが要所で決まり、ヒート優勝の影の立役者となった。ジェームス・ポージー フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・エリー

    マリオ・エリーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2003年から1シーズングレッグ・ポポヴィッチの下でサンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチを務めた後、ゴールデンステート・ウォリアーズ、ダラス・マーベリックス、サクラメント・キングスでそれぞれアシスタントコーチを務めた。その後かつてのチームメートで1999年にサンアントニオ・スパーズで共に優勝を経験したエイブリー・ジョンソンの招きで2011年から2013年までニュージャージー・ネッツ (現:ブルックリン・ネッツ) でアシスタントコーチを務め、2015年からはオーランド・マジックのアシスタントコーチを1シーズン務めた。マリオ・エリー フレッシュアイペディアより)

  • カロン・バトラー

    カロン・バトラーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2010年、2月13日、ブレンダン・ヘイウッドらとともに、ジョシュ・ハワード、ドリュー・グッデン(17日に、クリッパーズへ移籍)、ジェームス・シングルトン、クイントン・ロス、と交換でダラス・マーベリックスに移籍した。カロン・バトラー フレッシュアイペディアより)

  • ブリトニー・グリナー

    ブリトニー・グリナーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    同年4月にはNBAのダラス・マーベリックスよりトライアウト参加を呼びかけられたと報道される。ブリトニー・グリナー フレッシュアイペディアより)

341件中 151 - 160件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード