341件中 161 - 170件表示
  • デロン・ウィリアムス

    デロン・ウィリアムスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    クリア・ウェーバーとなり、7月14日、ダラス・マーベリックスと2年1000万ドルで契約。二度の延長戦にもつれ込んだ2016年1月5日のサクラメント・キングス戦では、114-116でむかえた延長第2クォーター残り数秒の場面から、起死回生の逆転ブザービーター3ポイントシュートを決めた。デロン・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • ダンテイ・ジョーンズ

    ダンテイ・ジョーンズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2012年7月12日、イアン・マヒンミのサイン・アンド・トレードの一環として、ダレン・コリソンと共にダラス・マーベリックスに移籍。しかし、平均3.5得点に終わり、2013年2月21日にアトランタ・ホークスに放出。2013年9月にシカゴ・ブルズと契約するも、翌月8日に解雇され、2013-14シーズンはプレーすることが出来なかった。ダンテイ・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • モンタ・エリス

    モンタ・エリスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2013年7月23日、ダラス・マーベリックスに移籍。移籍後最初の試合で32得点4リバウンド8アシストを記録した。モンタ・エリス フレッシュアイペディアより)

  • ポートランド・トレイルブレイザーズ

    ポートランド・トレイルブレイザーズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2014-15シーズンは、同じ地区のライバルオクラホマシティ・サンダーが、ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックを、開幕後から怪我で欠いたこともあり、ノースウェストディビィジョン首位を快走。ゴールデンステート・ウォリアーズ、サンアントニオ・スパーズ、メンフィス・グリズリーズ、ヒューストン・ロケッツ、ダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・クリッパーズなどを相手に、激しいカンファレンス首位争いを繰り広げた、シーズン終盤にウェズリー・マシューズを重傷で失い、調子を落としたものの、1998-99シーズン以来の地区優勝を決めた。しかしプレーオフでは、1stラウンドでメンフィス・グリズリーズに1勝4敗で敗退した。そしてシーズン終了後、ブレイザーズは大改革に乗り出し、まずは6月にニコラス・バトゥムをシャーロット・ホーネッツに放出、更にFA交渉が解禁された7月には、ラマーカス・オルドリッジ、ロビン・ロペス、ウェズリー・マシューズ、アーロン・アフラロとの再契約を見送るなど、リラードを中心としたチーム構成で、一からチームを造り直すことを決意した。ポートランド・トレイルブレイザーズ フレッシュアイペディアより)

  • ドリュー・グッデン

    ドリュー・グッデンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2008-09シーズン後、ダラス・マーベリックスへ移籍するも、2010年2月13日、ジョシュ・ハワードらとともに、カロン・バトラー、ブレンダン・ヘイウッドと交換トレードで、1度は、ワシントン・ウィザーズへ移籍。しかし、わずか4日後の2月17日に、クリーブランド・キャバリアーズ、ロサンゼルス・クリッパーズが絡む、三角トレードで、グッデンは、ロサンゼルス・クリッパーズへ移籍した。ドリュー・グッデン フレッシュアイペディアより)

  • ダニーロ・ガリナリ

    ダニーロ・ガリナリから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2014年10月29日、デトロイト・ピストンズ戦で復帰を果たし、2015年3月22日、オーランド・マジック戦で、キャリアハイの40得点を記録し、更に4月10日のダラス・マーベリックス戦で、キャリアハイを47得点に伸ばした 。ダニーロ・ガリナリ フレッシュアイペディアより)

  • テリー・ストッツ

    テリー・ストッツから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダラス・マーベリックスのアシスタントコーチを経て、2012年ポートランド・トレイルブレイザーズのヘッドコーチに就任した。2012-13シーズンは、この年の新人王となるデイミアン・リラードが活躍したものの、33勝49敗と負け越し、ヘッドコーチでは、すべてのシーズンを負け越しで終えた。2013-14シーズンは、リラードの成長と、主力のラマーカス・オルドリッジの好調が重なり、スタートから好調を維持し、54勝28敗の好成績で初めて勝ち越し、プレ-オフに進んだ。1stラウンドはヒューストン・ロケッツに第6戦でリラードの劇的なブザービーターで勝利し、カンファレンスセミファイナルに進んだ。初戦から3連敗を喫し第4戦で1勝はしたが、サンアントニオ・スパーズにチーム層の厚さ、経験の豊富さの違いを見せつけられ、敗退した。2014-15シーズンは、開幕からノースウエストディビジョンを快走し、1999年以来のディビジョン優勝をもたらすも、シーズン終盤にウェズリー・マシューズを左足アキレス腱断裂で欠き、戦力ダウンを余儀無くされ、プレーオフでは1stラウンドでメンフィス・グリズリーズに1勝4敗で敗退した。更にシーズンオフには、オルドリッジ、マシューズに加え、ニコラス・バトゥム、ロビン・ロペスなどを放出するなど、フロント陣が大改革を敢行したことで、2015-16シーズンはチーム力の弱体化は免れないと思われていたが、先発に抜擢したC・J・マッカラムが急成長を見せ、これまで燻っていたアレン・クラブのシックスマン起用も適中するなど、大方の予想を覆し、3年連続プレーオフに導き、翌2016-17シーズンもプレーオフに導いた。テリー・ストッツ フレッシュアイペディアより)

  • 2005-2006シーズンのNBA

    2005-2006シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    サラリー調整のためダラス・マーベリックスから解雇されたマイケル・フィンリーは、各チームの熱心な勧誘合戦の末に、サンアントニオ・スパーズと契約した。2005-2006シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1981-1982シーズンのNBA

    1981-1982シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ドラフトではマーク・アグワイアがダラス・マーベリックスから全体1位指名を受けた。また全体2位指名でアイザイア・トーマスがデトロイト・ピストンズに入団している。ほか、バック・ウィリアムス、トム・チェンバース、ローランド・ブラックマン、ケリー・トリプッカ、ラリー・ナンスらが指名を受けている。全体214位指名を受けたトニー・グウィンはMLBで、全体221位指名を受けたケニー・イーズリーはNFLで活躍した。1981-1982シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1982-1983シーズンのNBA

    1982-1983シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    フェニックス・サンズはモーリス・ルーカスを獲得。ウォルター・デイビス、アルヴァン・アダムス、ラリー・ナンスらサンズ生え抜きの選手に元ファイナルMVPのデニス・ジョンソンと充実したメンバーが揃っていたが、この年を境に衰え始め、レイカーズのライバルチームの座は、ダラス・マーベリックスやデンバー・ナゲッツなどに奪われてしまう。1982-1983シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

341件中 161 - 170件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード