341件中 171 - 180件表示
  • 1987-1988シーズンのNBA

    1987-1988シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    好調のレギュラーシーズンを送ったレイカーズだが、しかしプレーオフでは時代の移り変わり、新興チームの台頭を痛感させられることとなった。ウエストはここ数シーズンレイカーズの独走状態が続き、宿敵セルティックスがプレーオフではフィラデルフィア・76ersやミルウォーキー・バックスを降すのに苦労していた一方で、レイカーズは比較的楽にプレーオフを勝ち抜いていた。しかしこのシーズン、レイカーズは1回戦こそサンアントニオ・スパーズをスイープで降したものの、カンファレンス準決勝ではカール・マローンと初めてアシスト王に輝いたジョン・ストックトン擁するユタ・ジャズの前に苦戦した末に、辛うじて第7戦で若いチームの挑戦を退けた。一息つく暇もなく、カンファレンス決勝ではアーク・マグワイアとローランド・ブラックマン擁するダラス・マーベリックスを前にまたしても大苦戦し、やはり第7戦の末に勝利して、ようやくファイナルに進出した。80年代に入ってレイカーズがファイナルまで勝ちあがる上で、ここまで苦労したシーズンはなかった。1987-1988シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1988-1989シーズンのNBA

    1988-1989シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダラス・マーベリックスはシーズン中にエースのマーク・アグワイアを放出しかわりにエイドリアン・ダントリーを獲得したがこのトレードが失敗し、以後一気に負けが混み始め、6シーズンぶりにプレーオフ出場を逃した。1988-1989シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1989-1990シーズンのNBA

    1989-1990シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    前季エイドリアン・ダントリーとマーク・アグワイアのトレードの結果が失敗に終わったダラス・マーベリックスは、ダントリーがシーズンの半分を欠場するもローランド・ブラックマン、デレック・ハーパー、サム・パーキンスら旧来のメンバーの活躍で前季の38勝から47勝まで勝ち星を回復させた。1989-1990シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1999-2000シーズンのNBA

    1999-2000シーズンのNBAから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    デニス・ロッドマン (1986-2000) シカゴ・ブルズ退団後は活躍の場を見出すことができず、ダラス・マーベリックスでプレイしたこのシーズン中に解雇され、NBAから離れた。以後も破天荒な人生を歩み、NBAで稼いだ財産は殆ど使ってしまったと言われている。1999-2000シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • エド・デイビス

    エド・デイビスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    父親はダラス・マーベリックスなどに在籍していた。エド・デイビス フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・ポール

    ブランドン・ポールから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2017年7月、オーランドのサマーリーグにダラス・マーベリックスから、ラスベガスのサマーリーグにはクリーブランド・キャバリアーズから参加し、フィールドゴール成功率、47.12%で平均15.6得点、5.3リバウンド、2.7アシスト、1.7スティールを記録した。2017年7月14日、サンアントニオ・スパーズと契約した。ブランドン・ポール フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ジャクソン

    スティーブン・ジャクソンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2006-07シーズンは前年をやや下回る程度の成績だったが、シーズン途中の1月17日、トレードによりマイク・ダンリービー、トロイ・マーフィー、アイク・ディオグ、キース・マクリオドと交換で、アル・ハリントン、シャルーナス・ヤシケヴィチュス、ジョシュ・パウエルと共にゴールデンステート・ウォリアーズへ移籍した。ドン・ネルソン率いる攻撃的なチームカラーのウォリアーズにジャクソンは上手くフィットし、トレードで戦力を向上させたウォリアーズは実に13シーズンぶりのプレイオフ進出を果たした。そしてプレイオフ1回戦にて、このシーズン67勝をあげたダラス・マーベリックスと対戦する。この大一番でもジャクソンはテクニカルファウルによる退場を受けるなどして、ネルソンから批判を受けることもあったが、プレイでは大黒柱のバロン・デイビスに勝るとも劣らない働きを見せた。ディフェンスでは自身よりも一回りも大きいダーク・ノヴィツキーとマッチアップ。シーズンMVPであるマブスのエースをフィールドゴール成功率38%に抑え込んだ。得点でもシリーズ平均22.8得点と活躍し、ウォリアーズはついに4勝2敗でシリーズを制し、歴史的なアップセットを果たした。スティーブン・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • アロン・ベインズ

    アロン・ベインズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2014-2015シーズン前に制限付きのFAとなったが、6月にスパーズのクオリファイング・オファーを受け、1数年契約を結び残留した。開幕から、ピックアンドロールやミドルレンジでのショットに改善の跡を見せ、11月6日のヒューストン・ロケッツ戦でキャリアハイの12リバウンド,12得点のダブルダブル、12月20日のダラス・マーベリックス戦でキャリアハイの16得点を記録し、控えセンターに定着した。4月1日のオーランド・マジック戦でベンチスタートであったが、キャリアハイを18得点に伸ばした。アロン・ベインズ フレッシュアイペディアより)

  • アレクシス・アジンサ

    アレクシス・アジンサから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2010年7月13日、タイソン・チャンドラーと共にエリック・ダンピアー、マット・キャロル、エドアルド・ナヘラとの引き換えでダラス・マーベリックスにトレードされた。2011年1月24日、ドラフト2巡目指名権と共に、ジョルジオス・プリンテジスとの交渉権と引き換えにトロント・ラプターズに移籍した。アレクシス・アジンサ フレッシュアイペディアより)

  • クインシー・エイシー

    クインシー・エイシーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2016年7月14日、ダラス・マーベリックスと契約。11月17日に解雇された。解雇後傘下のテキサス・レジェンズに送られ、28日にロサンゼルス・ディーフェンダーズに移籍した。クインシー・エイシー フレッシュアイペディアより)

341件中 171 - 180件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード