341件中 11 - 20件表示
  • メンフィス・グリズリーズ

    メンフィス・グリズリーズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2004-05シーズン前にディビジョンの再編が行われ、これまでのミッドウェストディビジョンがなくなり、当時、サンアントニオ・スパーズ、ダラス・マーベリックス、ニューオリンズ・ホーネッツなどプレーオフ常連の強豪が犇めくサウスウェスト・ディビジョンに組み込まれることとなった。シーズン序盤にブラウン監督が辞任し、代わってマイク・フラテロが監督を引き継いだ。このシーズンは45勝37敗と勝ち越しプレーオフに出場したが、フェニックス・サンズに1stラウンドでスイープされ、またも勝利のないまま敗退した。メンフィス・グリズリーズ フレッシュアイペディアより)

  • エドアルド・ナヘラ

    エドアルド・ナヘラから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    エドゥアルド・ナヘラ(Eduardo Najera)ことエドゥアルド・アロンソ・ナヘラ・ペレス(Eduardo Alonso Nájera Pérez、1976年7月11日 - )は、メキシコ・チワワ州チワワ出身の元バスケットボール選手。現在はダラス・マーベリックスのスカウトを務めている。現役時のポジションはスモールフォワード。身長203cm、体重100kg。エドアルド・ナヘラ フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ダンカン

    ティム・ダンカンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    翌2000-01シーズンに怪我から回復したダンカンは平均22.2得点12.4リバウンド、オールNBA、ディフェンシブ両チームで1stチーム入りするという例年通りの成績を残し、スパーズもデレック・アンダーソン、アントニオ・ダニエルズといった若い血をチームに注ぎ、前年を上回る58勝24敗を記録。プレーオフでは1回戦でティンバーウルブズを3勝1敗で、カンファレンス準決勝では後にダンカンとスパーズの強力なライバルとなるダーク・ノヴィツキー擁するダラス・マーベリックスとの初対決を4勝1敗で制し、ここまで順調に勝ち上がったが、カンファレンス決勝で前年チャンピオンのロサンゼルス・レイカーズが立ちはだかる。シャキール・オニールにコービー・ブライアントという強力なデュオに率いられ、当時黄金期を迎えていたレイカーズにスパーズは全く歯が立たず、屈辱の4戦全敗を喫した。ダンカンはシリーズ第2戦で40得点をあげるなど奮戦したが、第3戦では9得点、第4戦では15得点に終わるなど不甲斐ない場面も見られた。スポーツ・イラストレイテッド誌はこのシリーズのスパーズを哀れみをもって「無慈悲で不公平な組み合わせ」と評し、またダンカンを「スパーズが最も必要とする時に消えてしまう」と酷評した。ティム・ダンカン フレッシュアイペディアより)

  • サウスウェスト・ディビジョン (NBA)

    サウスウェスト・ディビジョン (NBA)から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    サウスウェスト・ディビジョンは北米のプロバスケットボールリーグNBAのウェスタン・カンファレンスの3つのディビジョン(地区)のうちの1つ。ダラス・マーベリックス、ヒューストン・ロケッツ、メンフィス・グリズリーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズ、サンアントニオ・スパーズの5チームが所属する。サウスウェスト・ディビジョン (NBA) フレッシュアイペディアより)

  • NBAサラリーキャップ

    NBAサラリーキャップから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    FA解禁日の7月1日から、次シーズンのサラリーキャップがリーグと選手会によって決定されるまでの期間をジュライ(7月)・モラトリアム(支払猶予期間)と呼ぶ。2015年までは7月1日から7月11日であったが、2016年に7月1日から7月6日に改定された。これはロサンゼルス・クリッパーズ所属のデアンドレ・ジョーダンが2015年のモラトリアム期間中にダラス・マーベリックスと口頭合意したものの、モラトリアム終了直前でジョーダンが思い直し、結局クリッパーズと契約を更新したことに端を発する。この行為自体は違反ではないがマーベリックスは構想を考え直さなければならなくなり、ジョーダンがクリッパーズと契約したことを知ったマーベリックス側が何度も本人と連絡を取ろうとしたが一切電話に出ず、またその後本人から何の連絡もなかったことは道徳心に欠けると非難された。結果、翌年NBAとNBA選手組合はモラトリアム期間短縮で合意することとなった。NBAサラリーキャップ フレッシュアイペディアより)

  • ラッセル・ウェストブルック

    ラッセル・ウェストブルックから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    迎えた2008-09シーズン、序盤こそベンチスタートだったが、11月末にはアール・ワトソンから先発の座を奪い、以降持ち前の得点力を発揮。12月と2月にはウエスタン・カンファレンスの月間新人賞に選ばれた。3月2日のダラス・マーベリックス戦では17得点10リバウンド10アシストを記録し、サンダー(旧シアトル・スーパーソニックス)史上アート・ハリス、ゲイリー・ペイトンに続く3人目となるトリプル・ダブルを達成した。最終的には15.3得点4.9リバウンド5.3アシストを記録し、オールルーキー1stチームに選ばれた。ラッセル・ウェストブルック フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2003年5月、トヨタ自動車アルバルクを退団し、同年7月、NBAダラス・マーベリックスのサマーリーグに参加した。同年9月、NBAのデンバー・ナゲッツと契約し、プレシーズン戦3試合に出場したが開幕ロースターには残れず解雇された。ナゲッツのチームメイトには田臥よりも身長の低い165cmのアール・ボイキンスがいたが、ポジションを奪うことはできなかった。同年11月、ABA(アメリカ・独立プロリーグ)のロングビーチ・ジャム・アルビレックスと契約した。ロングビーチ・ジャムではデニス・ロッドマンとも一緒にプレイした。2004年4月、ロングビーチ・ジャムで優勝を果たす。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・リン

    ジェレミー・リンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    結局2010年のドラフトでは指名されなかったが8チームがトライアウトに招待した。ところがリンは「トライアウトは1オン1、2オン2、3オン3などがメインで、それでは自分の良さが出ない」として参加しなかった。その後サマーリーグに参加し、ダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・レイカーズおよびいくつかのイースタン・カンファレンスのチーム (名前は明らかにされていない) から契約を提示されたが、最終的に「自分のホームタウンでプレイしたい」としてゴールデンステート・ウォリアーズと2年契約を結んだ。ジェレミー・リン フレッシュアイペディアより)

  • ダン・クロフォード

    ダン・クロフォードから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    クロフォードは、ダラス・マーベリックスに対して均衡の取れない数のファウルをコールしたとESPNのウェブサイト記事で批判された。記事では、ダン・クロフォード フレッシュアイペディアより)

  • ディック・モッタ

    ディック・モッタから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1968年にプロのコーチキャリアをシカゴ・ブルズのヘッドコーチでスタートし、8シーズン務める中で1971年に最優秀コーチ賞を受賞した。その後、1976年からワシントン・ブレッツで4シーズン、ダラス・マーベリックスで7シーズン、サクラメント・キングスで3シーズ、再びダラス・マーベリックスで2シーズンを務めた後、1996-97シーズンのデンバー・ナゲッツを最後に引退した。ディック・モッタ フレッシュアイペディアより)

341件中 11 - 20件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード