196件中 41 - 50件表示
  • 2006年のバスケットボール

    2006年のバスケットボールから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    マイアミ・ヒート(東) (4勝2敗) ダラス・マーベリックス(西)2006年のバスケットボール フレッシュアイペディアより)

  • マーク・プライス

    マーク・プライスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    オクラホマ州出身。ジョージア工科大学卒業後、1986年のNBAドラフトで2巡目全体25位でダラス・マーベリックスに指名された。身長6フィートだった彼は評論家に小さすぎるし、遅すぎてNBAでは使いものにならないのではないかと酷評された。ドラフト当日にキャバリアーズにトレードされた彼はチーム史上ベストのポイントガードとなり、リーグを代表するシューターとしても名を広めた。キャリア通算でフリースロー成功率90.4%はNBAドラフト史上1位であった。また、3ポイントシュートの通算成功率も40%を超えた。1988-89年シーズンに彼は3ポイントシュート40%以上、シュート成功率50%以上、フリースロー成功率90%以上であった。シーズン通してこの条件を満たしたのは現在まで見てもわずか5人であり、他にラリー・バード、レジー・ミラー、スティーブ・ナッシュ、ダーク・ノビツキーしかいない。プライスはアシストのキャバリアーズ記録である4206も持っており、NBAオールスターゲームにも4回出場した。3ポイントシュートコンテストでも2回優勝、1992-93年シーズンはオールNBAファーストチームにも選ばれた。マーク・プライス フレッシュアイペディアより)

  • エド・オバノン

    エド・オバノンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1995年のNBAドラフトで1巡目全体9位でニュージャージー・ネッツに指名された。彼は大きな期待をされていたが、NBAのフォワードとしては小さすぎて、ガードとしては遅すぎた。ネッツでプレイした最初の2シーズンは1試合あたり6.2得点、4.2得点に終わった。ダラス・マーベリックスにシーズン途中移籍したが輝きを見せることはなく、オフシーズンにデレック・ハーパーと共にオーランド・マジックにトレードに出されるが、シーズン開幕前の9月24日にカットされた。現在彼はNBAドラフト史上最も期待外れに終わった選手の1人と考えられている。エド・オバノン フレッシュアイペディアより)

  • アントワン・ライト

    アントワン・ライトから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2年目の06-07シーズンはカーター、ジェファーソンの控えとしてローレンス・フランクヘッドコーチによるチームのローテーションに食い込み、63試合出場(ジェファーソンが足首の負傷で欠場したことなどにより、23試合に先発出場)を果たし、4.5得点、2.8リバウンドの成績を残し、成長の跡を残した。07-08シーズン序盤はキャリアハイとなる21得点をあげるなど好調のスタートを切ったが、その後はチーム成績と共に自身も調子を落とし、このシーズン中に行われたジェイソン・キッドを核とした大型トレードに組み込まれ、ダラス・マーベリックスへ移籍した。アントワン・ライト フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ウェニントン

    ビル・ウェニントンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1985年のNBAドラフトの1巡目でダラス・マーベリックスに入団、その後イタリアのヴィルトゥス・ボローニャでプレイした後、シカゴ・ブルズに入団した。1996年、1997年、1998年の3回NBAファイナルで優勝した時の一員である。ビル・ウェニントン フレッシュアイペディアより)

  • デニス・スコット

    デニス・スコットから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    マジックでの活躍の後、ダラス・マーベリックス、フェニックス・サンズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ニューヨーク・ニックス、バンクーバー・グリズリーズでもプレイした。2001年には元チームメートのシャキール・オニールのいるロサンゼルス・レイカーズへの加入を目指したがロースターにベテランタレントが一杯であったため開幕前にカットされている。デニス・スコット フレッシュアイペディアより)

  • ラファイエット・リーバー

    ラファイエット・リーバーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1990年にドラフト1巡目全体9位の指名権及び翌年のドラフト1巡目指名権との引き換えにダラス・マーベリックスにトレードされた。ナゲッツは1990年のドラフト9番目ともともと割り当てられた15番目の指名権をマイアミ・ヒートにトレードしてドラフト全体3位の指名権を得てクリス・ジャクソンを獲得した。1992-1993シーズンには怪我のため全試合に欠場した。そして1994年シーズン終了と共に引退した。通算成績は1試合平均13.9得点、6.0リバウンド、6.2アシスト、2.22スティールであった。また彼はスティールでナゲッツの歴代トップ、アシストで歴代2位の数字を残した。またプレーオフでの15得点、15リバウンド、15アシストを全てクリアした3人のうちの1人である(他にはウィルト・チェンバレンとジェイソン・キッド)。1987年にはオールNBAセカンドチームに、1988年にはオールディフェンスセカンドチームに選ばれている。ラファイエット・リーバー フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・カー

    スティーブ・カーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1999年1月、チャック・パーソンと交換でサンアントニオ・スパーズに移籍し、ボストン・セルティックスに在籍した選手以外では唯一4年連続で優勝を経験した選手となった。その後、ポートランド・トレイルブレイザーズを経て、2002-03シーズンはスパーズに復帰した。プレイオフに入っても出場機会は少なかったが、カンファレンス決勝のダラス・マーベリックス戦第6戦終盤に、放った4本の3ポイントを全て沈めNBAファイナル進出に貢献すると、ファイナルのニュージャージー・ネッツ戦第5戦、残り3分2点差を追う状況で、ケニオン・マーティンからスティール、ダブルチームされたティム・ダンカンからパスを受け値千金の3ポイントを沈めるなど、大舞台での勝負強さを再び発揮し優勝に貢献し5度のNBA優勝経験をした。スティーブ・カー フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ウィリス

    ケビン・ウィリスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2007年4月2日にダラス・マーベリックスと契約しレギュラーシーズン最後の5試合に出場したがプレーオフでは出番のないまま第1シードであったマーベリックスは1回戦で敗退した。ケビン・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ウェストファル

    ポール・ウェストファルから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    引退後の1988年からフェニックス市の大学でコーチキャリアをスタートさせ、その後フェニックス・サンズに戻り、コットン・フィッツシモンズヘッドコーチのもと、数年間アシスタントコーチを務めた。1992年、サンズは本拠地を新アリーナに移し、チームロゴ、ユニフォームを一新、大物選手チャールズ・バークレーを獲得するなどチームの大改革を進めたが、42歳のウェストファルをヘッドコーチに昇格させたのも大改革の一環だった。バークレー、ケビン・ジョンソン、ダニー・マニングら好選手が揃ったサンズはチーム記録となる62勝をあげてバークレーはシーズンMVPを受賞。サンズはプレーオフを勝ち上がり、サンズとウェストファルにとっては選手時代を通して2回目、17年ぶりとなるNBAファイナルの舞台に進んだ。対戦相手はマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズだったが、このシリーズでもサンズとウェストファルは第3戦でトリプル・オーバータイムを戦っている。サンズは2勝4敗で破れ、またしても優勝はならなかった。以後もサンズは強豪として過ごし、ウェストファルのヘッドコーチ就任後、3シーズン連続で56勝以上をあげ、1994-95シーズンにはコーチとしては史上2番目の速さで150勝に到達したがプレーオフでは勝ち残れず、1995-96シーズンにシーズン序盤で負け越したのを契機にヘッドコーチから解任された。その後息子が通うフェニックス市の高校バスケットボール部のアシスタントコーチを務め、1998年にNBAに復帰。シアトル・スーパーソニックスのヘッドコーチに就任し、就任2年目の1999-00シーズンにはプレーオフに導くが、2000-01シーズンには解任された。2001年から2006年までをペパーダイン大学のコーチとして過ごし、2001‐02シーズンには22勝9敗の成績でNCAAトーナメントに導いている。その後はダラス・マーベリックスでアシスタントコーチを経て、2009年からサクラメント・キングスのヘッドコーチに就任した。ポール・ウェストファル フレッシュアイペディアより)

196件中 41 - 50件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード