196件中 51 - 60件表示
  • 2011年のバスケットボール

    2011年のバスケットボールから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    12日 - NBAファイナル、ダラス・マーベリックスが初優勝。MVPはダーク・ノヴィツキー。2011年のバスケットボール フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のNBAファイナル

    2007年のNBAファイナルから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    スパーズは、2006-07シーズンに「リベンジ」を目標として臨んだ。前シーズンプレーオフ2回戦では、第7戦のホームでの試合で、ライバルダラス・マーベリックスとの試合を落とし深い失望に沈んだ。新シーズンが開始すると、マーベリックスは、レギュラーシーズンで波にのってシーズン67勝というチーム新記録を達成した。一方で、スパーズは1月になるまでレギュラーシーズンを勢いに乗れずに戦っていた。ダラスやフェニックス・サンズに注目が集まる中で、スパーズはこのシーズンもあまり表舞台に立っていなかった。しかし、スパーズはシーズン後半に集中的に攻勢をかけ、58勝24敗のレギュラーシーズン成績で西カンファレンス3位という成績を残した。2007年のNBAファイナル フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のNBAドラフト

    2006年のNBAドラフトから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダラス・マーベリックスはロサンゼルス・レイカーズの将来のドラフト2位指名権を獲得するため、全体58番目指名のダニロ・ピノック をトレードした。2006年のNBAドラフト フレッシュアイペディアより)

  • ウィングスパン

    ウィングスパンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2011年5月現在、NBAのダラス・マーベリックスに所属するプロバスケットボール選手。身長183センチメートルに対してウィングスパンは208センチメートル。ウィングスパン フレッシュアイペディアより)

  • オビンナ・エケジー

    オビンナ・エケジーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    メリーランド大学から1999年のNBAドラフト2巡目でバンクーバー・グリズリーズに指名されて入団した。その後ワシントン・ウィザーズ、ダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・クリッパーズを経てセルビアのBCレッドスター、NBAのアトランタ・ホークス、セリエAのパッラカネストロ・ヴィルトゥス・ローマ、ロシアのMBCディナモ・モスクワなどでプレーした。オビンナ・エケジー フレッシュアイペディアより)

  • ダラス・マーベリックスのチーム記録

    ダラス・マーベリックスのチーム記録から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダラス・マーベリックスチーム記録はNBAのダラス・マーベリックスのチーム記録である。ダラス・マーベリックスのチーム記録 フレッシュアイペディアより)

  • ドリュー・グッデン

    ドリュー・グッデンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2008-09シーズン後、ダラス・マーベリックスへ移籍した。ドリュー・グッデン フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・チークス

    モーリス・チークスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2003年4月25日のポートランド・トレイルブレイザーズ対ダラス・マーベリックス戦でアメリカ国歌斉唱を行っていた13歳のナタリー・ギルバートが歌詞を忘れかけたところ彼は大急ぎで彼女のそばに駆け寄り共に最後まで歌った。ローズ・ガーデン・アリーナの観衆はスタンディング・オベーションでこれに応えた。モーリス・チークス フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ニューマン

    ジョニー・ニューマンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    その後、ニュージャージー・ネッツ、ミルウォーキー・バックス、デンバー・ナゲッツ、ダラス・マーベリックスにも所属し、主にベンチからの出場で二桁近い平均得点を残した。キャリア通算得点は12740得点だった。ジョニー・ニューマン フレッシュアイペディアより)

  • バロン・デイビス

    バロン・デイビスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    06-07シーズン、ドン・ネルソンがチームのヘッドコーチに就任。彼のアップテンポなチーム作りがデイビスの能力を開花させる。怪我に苦しみながらも、シーズン最後の試合で勝利し、1994年以来のプレイオフ進出を決めた。この試合でデイビスはトリプルダブルを達成した。プレイオフ1回戦は、第1シードで67勝15敗とリーグ勝率1位のダラス・マーベリックスと当たる。しかし、レギュラーシーズンの対戦では3勝0敗とウォリアーズに分があった。デイビスを中心とした勢いのあるバスケットでマーベリックスを4勝2敗で下し、第8シードが第1シードを破るという歴史的なアップセットを起こした。続くユタ・ジャズ戦には1勝4敗で2回戦敗退。しかし、この試合でも206cmのアンドレイ・キリレンコの上から強烈なダンクを叩き込み、大きなインパクトを残した。このプレーオフでデイビスは平均25.3得点、6.5アシスト、2.9スティール、4.5リバウンドと爆発した。2003年と2004年にはNBAオールスターゲームに出場した。2003年オールスターでスキルチャレンジ優勝。バロン・デイビス フレッシュアイペディアより)

196件中 51 - 60件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード