196件中 61 - 70件表示
  • エディー・ジョーンズ (バスケットボール)

    エディー・ジョーンズ (バスケットボール)から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    すでに30代半ばに差し掛かっていたジョーンズは、グリズリーズで2年目となる2006-2007シーズンにはついに平均得点二桁を割り、このシーズン中にグリズリーズを解雇された。フリーエージェントとなったジョーンズと契約したのは古巣のヒートだった。前シーズン優勝チームはオニールやウェイドの故障などで苦しいシーズンを送っていたが、ジョーンズの復帰から徐々に調子をあげていき、プレイオフに出場するも、1回戦で4戦全敗で敗退した。オフにフリーエージェントとなったジョーンズはダラス・マーベリックスと契約。エディー・ジョーンズ (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • サム・キャセール

    サム・キャセールから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    96-97シーズンにはサンズ、ダラス・マーベリックス、ニュージャージー・ネッツと3チームを渡り歩いた。マーベリックスとのトレードはジェイソン・キッドやマイケル・フィンリーなども絡んだものとなった。マーベリックスでは16試合に出場したところでジム・ジャクソンらと共にネッツのショーン・ブラッドリーらとのトレードされている。サム・キャセール フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ジョーンズ

    デイモン・ジョーンズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    大学はヒューストン大学でプレイ。NBAには1997年のNBAドラフトにエントリーするも指名を受けず、IBAとCBAでプレイした後、1998年にオーランド・マジックに入団し、NBA入りを果たすも出場機会を与えられずに解雇され、続いてニュージャージー・ネッツと契約し、1999年2月15日のマイアミ・ヒート戦で初めてNBAのコートを踏んだ。ジャーニーマンであり、このシーズン中にボストン・セルティックスに移籍、その後ゴールデンステイト・ウォーリアーズ、ダラス・マーベリックス、バンクーバー・グリズリーズ、デトロイト・ピストンズ、サクラメント・キングス、ミルウォーキー・バックス、マイアミ・ヒート、クリーブランド・キャバリアーズを渡り歩く。グリズリーズ以降はシーズン毎にチームを変わっているが、キャバリアーズでは現在(2007年)まで2シーズン籍を置いており、これは自身最長である。デイモン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ジャクソン

    スティーブン・ジャクソンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2006-07シーズンは前年をやや下回る程度の成績だったが、シーズン途中の1月17日、トレードによりマイク・ダンリービー・Jr、トロイ・マーフィー、アイク・ディオグ、キース・マクリオドと交換で、アル・ハリントン、サルナス・ヤシケヴィシウス、ジョシュ・パウエルと共にゴールデンステイト・ウォリアーズへ移籍した。ドン・ネルソン率いる攻撃的なチームカラーのウォリアーズにジャクソンは上手くフィットし、トレードで戦力を向上させたウォリアーズは実に13シーズンぶりのプレイオフ進出を果たした。そしてプレイオフ1回戦にて、このシーズン67勝をあげたダラス・マーベリックスと対戦する。この大一番でもジャクソンはテクニカルファウルによる退場を受けるなどして、ドン・ネルソンから批判を受けることもあったが、プレイでは大黒柱のバロン・デイビスに勝るとも劣らない働きを見せた。ディフェンスでは自身よりも一回りも大きいダーク・ノビツキーとマッチアップ。シーズンMVPであるマブスのエースをフィールドゴール成功率38%に抑え込んだ。得点でもシリーズ平均22.8得点と活躍し、ウォリアーズはついに4勝2敗でシリーズを制し、歴史的なアップセットを果たした。スティーブン・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ダンピアー

    エリック・ダンピアーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    以後7シーズンに渡ってウォリアーズの一員として活躍。特に03-04シーズンは平均得点と平均リバウンドでダブル・ダブルを記録するなどの好成績を残した。また契約最終年ということもあって市場価値は上昇。移籍が確実視される中で、その去就に注目が集まった。結局、ダンピアーはサイン&トレードでダラス・マーベリックスに移籍。複数の選手とドラフト指名権が行き来するという大型のものだった。エリック・ダンピアー フレッシュアイペディアより)

  • ウィルソン・チャンドラー

    ウィルソン・チャンドラーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    NBAがロックアウト中の2011年8月、ダラス・マーベリックスの元ヘッドコーチ、ジム・クレモンズがヘッドコーチを務めている中国プロバスケットボールリーグの浙江ライオンズと契約を結んだ。チームは彼の活躍もありプレーオフに出場して北京ダックスと対戦したが、彼を欠いたプレーオフでチームはスイープされた。2012年3月18日、デンバー・ナゲッツと契約を結んだ。ウィルソン・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・バレア

    ホセ・バレアから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    卒業後は、国内リーグを経て、ダラス・マーベリックスに入団。2006-07シーズンは一時NBADLのフォートワース・フライヤーズで過ごすも、現在はNBAに定着。ホセ・バレア フレッシュアイペディアより)

  • ダレル・アームストロング

    ダレル・アームストロングから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    以後は、ニューオーリンズ・ホーネッツ(2003-04年)、ダラス・マーベリックス(2004-06年)、インディアナ・ペイサーズ(2006-07年)に移籍する。ペイサーズから放出された後、2007-08シーズンよりニュージャージー・ネッツと契約した。ダレル・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・サンドフ

    ブルーノ・サンドフから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    18歳の時、1998年のNBAドラフト2巡35位でダラス・マーベリックスに指名され、NBAではマーベリックス、インディアナ・ペイサーズ、ボストン・セルティックス、クリーブランド・キャバリアーズ、ニューヨーク・ニックスでプレーした。ブルーノ・サンドフ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・ポージー

    ジェームス・ポージーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダラス・マーベリックスとのファイナルでは相手のエースダーク・ノビツキーやジョシュ・ハワードを執拗なディフェンスで抑えた。またエースのドウェイン・ウェイドやシャキール・オニールがダブルチームで苦しむ中、オープンとなったポージーの3ポイントが要所で決まり、ヒート優勝の影の立役者となった。ジェームス・ポージー フレッシュアイペディアより)

196件中 61 - 70件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード