341件中 71 - 80件表示
  • マヌ・ジノビリ

    マヌ・ジノビリから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2005-06シーズンは右足首打撲、足部挫傷、右足首捻挫と3度の右足に関わる怪我もあり、昨シーズンよりも数字を落とすが、オフに獲得したベテラン、マイケル・フィンリーやニック・ヴァン・エクセルのプレーや、急成長を遂げたトニー・パーカーの活躍でバックコート陣の層は大幅に厚みを増し、スパーズはチーム記録となる63勝を挙げた。プレーオフでは2回戦、ダラス・マーベリックスに敗れている。マヌ・ジノビリ フレッシュアイペディアより)

  • カイリー・アービング

    カイリー・アービングから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2012年7月14日、ラスベガスで行われたNBAサマーリーグのチーム練習でターンオーバーを喫したいらだちから、パッドの入った壁を叩き、右手を骨折した。11月17日のダラス・マーベリックス戦で人差し指を負傷したが、X線検査の結果、骨には異状がなかったため、11月20日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦にも出場したが、シュート14本中4本成功、シーズンワーストの9得点に終わり、復帰までに1カ月近くかかることとなった。12月15日のニューヨーク・ニックス戦でキャリアハイの41得点をあげた。この試合ではミルウォーキー・バックス戦で負傷したためフェイスマスクを着用していた。マディソン・スクエア・ガーデンで40得点をあげた選手としては、1985年のマイケル・ジョーダンより1歳若い、史上最年少選手となった。カイリー・アービング フレッシュアイペディアより)

  • トニー・パーカー

    トニー・パーカーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2005-2006シーズンのNBAパーカーは苦手だったロングレンジからのシュートを封印し、得意のペネトレイトからの得点により磨きをかけたことにより、フィールドゴール成功率が急上昇し、PGとしては異例の54.8%を記録。故障を抱え不調だったダンカンに代わりチームのリーディングスコアラーとして活躍し、平均18.9得点の成績を残し、初めてオールスターゲームに選出された。スパーズはチーム記録となる63勝19敗の成績を残したが、プレイオフではカンファレンスセミファイナルで宿敵ダラス・マーベリックスに敗れた。06-07シーズンにはダンカンが復調し、スパーズは順調に勝ち続け、プレイオフでも対戦相手を次々と退けてファイナルに進出。レブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズと対戦した。このシリーズでパーカーは独擅場とも言える働き振りを見せ、平均24.5得点5リバウンド3.3アシスト、フィールドゴール成功率は57%を記録し、キャバリアーズを4戦全勝のスイープで打ち破った。パーカーはファイナル制覇3回目にして初のファイナルMVPを獲得、7月に控えた婚約者との挙式に華を添えた。トニー・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・ノヴィツキー

    ダーク・ノヴィツキーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダーク・ノビツキー(Dirk Nowitzki)ことディルク・ヴェルナー・ノヴィツキー(Dirk Werner Nowitzki, 1978年6月19日 - )は、ドイツのプロバスケットボール選手。NBAのダラス・マーベリックス所属。バイエルン州ヴュルツブルク出身。身長213cmで、ポジションはフロントコートでセンター、パワーフォワード、スモールフォワードをこなせる。ゴール下での強さに加え正確な長距離シュートを持っており、これまでのヨーロッパ出身の選手の中で最も優れた選手の一人であり、欧州出身初のNBA最優秀選手獲得者である。ダーク・ノヴィツキー フレッシュアイペディアより)

  • デビン・ハリス

    デビン・ハリスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2004年のNBAドラフトでは1巡目5位の高順位でワシントン・ウィザーズから指名を受けたが、ハリスの権利に加えてジェリー・スタックハウスとクリスチャン・レイトナーをダラス・マーベリックスに放出 (レイトナーは後に解雇)。ウィザーズは見返りとしてアントワン・ジェイミソンを獲得したという経緯がある。ルーキーイヤーの2004-05シーズンは前年までチームの司令塔だったスティーブ・ナッシュがフェニックス・サンズに移籍したため、ハリスは開幕から先発を任されるなど、即戦力としてチームに貢献。11月のウェスタン・カンファレンスの月間新人MVPに選出された。しかし長いシーズンをすごすNBAのレベルになかなか順応できなかったり、またドン・ネルソンからエイブリー・ジョンソンにヘッドコーチが交代されるなど、次第に出場時間が限られるようになった。デビン・ハリス フレッシュアイペディアより)

  • ステフィン・カリー

    ステフィン・カリーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ステフィン・カリー(Stephen Curry)こと、ワーデル・ステフィン・カリー2世(Wardell Stephen Curry II(), 1988年3月14日 - )はアメリカ合衆国・オハイオ州アクロン生まれ、ノースカロライナ州シャーロット出身のバスケットボール選手。アメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAのゴールデンステート・ウォリアーズに所属しているポイントガード。父親は名3Pシューターであった元NBA選手のデル・カリー。弟はダラス・マーベリックスに所属するセス・カリー。ステフィン・カリー フレッシュアイペディアより)

  • レイジョン・ロンド

    レイジョン・ロンドから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2014年12月18日、ジャミーア・ネルソンらとの交換トレードで、ダラス・マーベリックスに移籍。レイジョン・ロンド フレッシュアイペディアより)

  • コービー・ブライアント

    コービー・ブライアントから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ルーキーイヤーとなった1996-1997シーズンはシューティングガードの他にスモールフォワード、ポイントガードもこなしたが出場時間は約15分とまだ少なく、このシーズンは平均7.6得点の成績に終わった。それでも随所で才能の片鱗は見せており、1月28日のダラス・マーベリックス戦では故障者が続出したことも手伝って初めて先発に抜擢され、18歳と158日で当時のNBA先発出場最年少記録を塗り替えた。またオールスター・ウィーク・エンドではスラムダンクコンテストに出場し、レッグスルーダンクを決めコチラも見事にNBA史上最年少での優勝を果たした。その他、ルーキーチャンレジでも当時の歴代最多得点となる31得点をあげている。コービー・ブライアント フレッシュアイペディアより)

  • マブズ

    マブズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    マブズ フレッシュアイペディアより)

  • マブス

    マブスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    マブス フレッシュアイペディアより)

341件中 71 - 80件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード