196件中 71 - 80件表示
  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    NBAダラス・マーベリックスのビッグスリー(2002-03シーズンの中心選手) - ダーク・ノビツキー、スティーブ・ナッシュ、マイケル・フィンリービッグスリー フレッシュアイペディアより)

  • ティム・トーマス (バスケットボール)

    ティム・トーマス (バスケットボール)から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ティム・トーマス(Timothy Mark Thomas, 1977年2月26日 - )はアメリカ合衆国ニュージャージー州パターソン出身のバスケットボール選手。NBAのダラス・マーベリックスに所属している。ポジションは主にスモールフォワード。ティム・トーマス (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・フィンリー

    マイケル・フィンリーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ウィスコンシン大学でプレイした後、1995年のNBAドラフトで1巡目21位指名でフェニックス・サンズに入団する。ルーキーイヤーから先発に定着、15得点4.6リバウンド3.5アシストのアベレージを残し、オールルーキーファーストチームに選出された。しかしシーズン終了後にエースであったチャールズ・バークレーがチームを去ると、翌シーズンのサンズは開幕13連敗を喫し、フィンリーはシーズン中にジェイソン・キッドとの交換でダラス・マーベリックスへとトレードされた。マイケル・フィンリー フレッシュアイペディアより)

  • ジャマール・マッシュバーン

    ジャマール・マッシュバーンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1993年のNBAドラフトにてダラス・マーベリックスから1巡目4位指名を受けてNBA入りを果たす。マッシュバーンの得点能力はNBAでも即戦力として通じ、開幕戦のユタ・ジャズ戦ではいきなり22得点を記録、4試合目では早くも30得点オーバーとなる36得点をあげた。ルーキーシーズンとなった93-94シーズンは73試合に先発出場、19.2得点4.5リバウンドのアベレージを残し、オールルーキーファーストチームに選ばれた。またマブスの新人記録を7つ更新した。デビューから好調なマッシュバーンの一方で、マブスは13勝69敗という泥沼の状況に陥っていた。しかしドラフトでは上位指名権を得られることができ、1992年のNBAドラフトではジム・ジャクソンを、翌年にはマッシュ・バーンを指名し、さらに翌1994年のNBAドラフトではジェイソン・キッドを指名。彼ら3人の頭文字をとって“トリプルJ”、あるいは“3J's”と銘打たれたトリオに率いられ、マブスは将来を嘱望されるチームとなるはずだった。キッドを迎え入れた94-95シーズンには36勝46敗とチーム成績は上向き、キッドは新人王に選ばれ、マッシュバーンもジャクソンに次ぐチーム2番目の平均24.1得点をあげ、11月12日のシカゴ・ブルズ戦ではキャリアハイとなる50得点を記録するなど、マブスもマッシュバーンの将来も順風満帆に見えたが、3人の間に私情のもつれからくる軋轢が生じ、翌シーズンは26勝56敗と期待はずれの結果に終わった。またマッシュバーンを怪我という不幸が襲い、このシーズンの出場試合数は僅か18試合に留まった。96-97シーズン、3人の関係の悪化はいよいよ修復が効かないところまでいき、モチベーションが低下したマッシュバーンの平均得点は10.6得点まで落ち込んだ。そしてシーズン中の2月に、マイアミ・ヒートにトレードされた。ジャマール・マッシュバーン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・エアラインズ・センター

    アメリカン・エアラインズ・センターから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1998年まで、NHLのダラス・スターズとNBAのダラス・マーベリックスがそれまで使用していたリユニオン・アリーナに代わる新しい競技施設を探していたことに始まる。建設計画が持ち上がったとき、費用超過分は前述の2チームと、ダラス市によるホテル税やレンタカー税の制定によって補われることになった。1999年3月18日に航空会社アメリカン・エアラインズが1億9,500万ドルで新アリーナの命名権を取得したことが発表された。開場式は2001年7月21日に開催され、初のイベントは、その翌日に行われたイーグルスのコンサートである。また、初のスポーツイベントは8月19日の、ワールド・インドア・サッカーリーグのダラス・サイドキックスの試合だった。アメリカン・エアラインズ・センター フレッシュアイペディアより)

  • トライアングル・オフェンス

    トライアングル・オフェンスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    フィル・ジャクソンの率いるチーム以外でも1996年からダラス・マーベリックスでブルズでそれまでアシスタント・コーチをつとめていたジム・クレモンズがヘッドコーチに就任するとトライアングル・オフェンスを採用した。しかし、選手達にほとんど理解されず、大して機能することなく終わっている。また、フィル・ジャクソンがブルズのコーチを辞任した後に就任したティム・フロイドも同オフェンスを採用し続けたが、主力選手がほとんど抜けたチームでは全く成果をあげられなかった。トライアングル・オフェンス フレッシュアイペディアより)

  • タイソン・チャンドラー

    タイソン・チャンドラーから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ボブキャッツ移籍後、インサイドの主力として期待されたが、怪我の影響で51試合の出場に留まった。シーズン後、エリック・ダンピアー等とのトレードでダラス・マーベリックスに移籍した。タイソン・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・パウエル

    ジョシュ・パウエルから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ノースカロライナ州立大学でプレイしたパウエルは2年生時、平均12.4ポイント5.2リバウンドを記録し、2003年のNBAドラフトにアーリーエントリーする。しかしパウエルはどのチームからも指名を得られず、ヨーロッパで2シーズンプレーする事になった。ヨーロッパで3つのチームをわたり歩いたパウエルは、2005-2006シーズンついにダラス・マーベリックスとの契約を結び、NBAでのキャリアをスタートさせた。ジョシュ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • NBAプレーオフ

    NBAプレーオフから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    例えば2005-06シーズンで、ダラス・マーベリックスとサンアントニオ・スパーズはウェスタン・カンファレンスに属する他のチームより抜きん出て良い成績を収め、ウェスタン・カンファレンス全体で1、2を争う位置にいたが、両チームとも同じサウスウェスト地区に属していたため、第1シードと第4シードで準決勝で戦う可能性があった。なぜなら上記にあるように、NBAでは地区のチャンピオンチームを地区で優勝していないプレーオフ参加チームよりも上位にシードするのが慣例となっていた。そのため同地区で優勝できなかった方のチームは同地区で優勝したチームに次いでウェスタン・カンファレンス全体の勝利数で2位になっても、他の2地区で優勝した2チームのほうが高いシードになってしまい、第4シードになってしまうからである。NBAプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ジャクソン

    フィル・ジャクソンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2010-2011シーズン、ジャクソン自身は年齢や体調の問題もあり、このシーズン限りでヘッドコーチを退任すると宣言していた。レイカーズは優勝メンバーがそのまま残り、ジャクソンは実に4度目の三連覇を達成して有終の美を飾るのではないかと期待されていた。しかしレイカーズの選手たちやエースのコービー・ブライアントは昨年の疲労が残り、不調に苦しんだ。ジャクソンも采配の冴えをあまり見せることができず、レイカーズは連勝することもあれば連敗を続けたりする不安定なシーズンとなってしまった。レイカーズは西地区3位でプレーオフに進出し、1回戦は勝利したものの、2回戦でその年の優勝チーム、ダラス・マーベリックスと対戦して4連敗での敗戦となり、ジャクソンは2010-2011シーズン終了後、レイカーズの監督を退任した。フィル・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

196件中 71 - 80件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード