196件中 81 - 90件表示
  • ドアマットチーム

    ドアマットチームから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    何年もプレイオフに出場できないチームのことを指す。例を挙げると、1993年-94年シーズンのダラス・マーベリックス(シーズン開始後、1勝23敗、3勝40敗、最終的には13勝69敗)、マイケル・ジョーダンが退団後数年間のシカゴ・ブルズ、2007年に久々にプレイオフに進出するまでのゴールデンステート・ウォリアーズ、そしてロサンゼルス・クリッパーズ(選手が移籍することを拒否することがしばしばあった。)などである。ドアマットチーム フレッシュアイペディアより)

  • キップ・クリスチャンソン

    キップ・クリスチャンソンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    プロレスラーになる以前は、バスケットボール選手として活躍。スロバキア・ハンガリー・トルコ・リトアニア・中国など数カ国でプレー。NBAでは1998年にミルウォーキー・バックスとダラス・マーベリックスの2チームのキャンプに招待されたが、契約までとはいかなかった。キップ・クリスチャンソン フレッシュアイペディアより)

  • ジャマール・マグロア

    ジャマール・マグロアから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    バックスでは1シーズンだけプレイし、オフにはポートランド・トレイルブレイザーズにトレードされた。トレイルブレイザーズでは出場時間が減り、先発の座も失った。2007年の夏にフリーエージェントとなったマグロアは、ニュージャージー・ネッツと契約したが、新天地でも目立った活躍はできず、07-08シーズン中に解雇される。その後、ダラス・マーベリックスと契約した。マーベリックスでは7試合のみの出場で終わり、2008年オフマイアミ・ヒートと契約することとなった。2011年12月、故郷トロントのトロント・ラプターズに移籍。2012年11月、ラプターズはマグロアをチームのコンサルタントとして契約。選手としては引退した。ジャマール・マグロア フレッシュアイペディアより)

  • マーキス・ダニエルズ

    マーキス・ダニエルズから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2003年のNBAドラフトにエントリーするが、ダニエルズを2巡目指名する予定だったダラス・マーベリックスはデンバー・ナゲッツとのトレードのために中国人センターの薛玉洋を指名したため、ドラフトでのNBA入りは叶わなかった。しかし8月のサマーリーグからマーベリックスにドラフト外で入団を果たした。ルーキーイヤーとなった2003-04シーズンは3番手シューティングガードだったため出場機会には恵まれなかったが、シーズン終盤になり突如先発に起用されると、全試合先発起用された最後の11試合では1試合平均40分の出場時間を与えられ、うち3試合で30得点以上を稼ぎ出し、オールルーキーセカンドチームに選ばれた。最低サラリー額の1年契約プレイヤーだったルーキーはプレーオフでも全試合先発出場する大出世を遂げ、オフには6年3800万ドルの長期契約を獲得した。翌シーズン以降はベテランのマイケル・フィンリーやジェリー・スタックハウス、同期のジョシュ・ハワードらと出場機会を争いながら、3年目の05-06シーズンにはシックスマンとしてマーベリックスの初のファイナル進出に貢献した。マーキス・ダニエルズ フレッシュアイペディアより)

  • マーテル・ウェブスター

    マーテル・ウェブスターから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ダラス・マーベリックスに所属しているジェイソン・テリーとは従兄弟同士である。マーテル・ウェブスター フレッシュアイペディアより)

  • 胡衛東

    胡衛東から見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    1998年にはNBAのダラス・マーベリックス、2000年にはオーランド・マジックよりオファーを受けるが、いずれも怪我のため断念。胡衛東 フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・スタックハウス

    ジェリー・スタックハウスから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    2004年のオフになって、スタックハウスはダラス・マーベリックスに移籍した。ダーク・ノビツキーら豊富なタレントが揃う中、6THマンとしてプレーした。2006年のNBAファイナルにも出場したが、マイアミ・ヒートにマーベリックスは敗れてチャンピオンリングを獲得することはできなかった。ジェリー・スタックハウス フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ジョンソン

    ジョー・ジョンソンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    翌2004-05シーズン、サンズがスティーブ・ナッシュを獲得したことがジョンソンにとってもサンズにとっても大きな契機となった。ナッシュを中心にラン&ガンの攻撃的なチームに生まれ変わったサンズは、このシーズン大躍進を果たし、62勝20敗の好成績を残した。ジョンソンは平均得点こそ17.1得点と前シーズンと比べて大きな変化はなかったように見られるが、スリーポイントシュート成功率はそれまでのキャリア平均を大きく上回る47.8%を記録し、これはリーグ全体でも2位の記録だった。ジョンソンは一躍名シューターとしての地位を固めたのである。ジョンソンのスリーポイントシュートは、ロングシュートを多用するダントーニの戦術には欠かせない武器となり、チームの大躍進に大きな貢献をした。またオールスター前夜のNBAスリーポイント・シュートアウトにも出場を果たしている。プレーオフではカンファレンス準決勝ダラス・マーベリックス戦の第2戦で、ダンクシュートを決めた際に顔から落下し、左目下の骨を骨折。翌日手術を行いしばらく欠場を強いられたが、スパーズ戦の第3戦からフェイスマスクを着けて復帰した。前年チャンピオンのサンアントニオ・スパーズとのこの対戦は1勝4敗で敗れた。ジョー・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ハワード

    ジョシュ・ハワードから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    大学卒業後の2003年のNBAドラフトでは、ダラス・マーベリックスから決して上位ではない全体29位指名(1巡目では最下位指名)を受けてプロ入りした。このようにドラフトでは上位に食い込むことがなかったにも係わらず、1年目となる2003-04シーズンは即戦力として試合に出場した。同年にドラフト外で入団したマーキス・ダニエルズとともに新人としての好成績を残した。また、このシーズンのオールルーキー・セカンドチーム(活躍した新人選手チームの2チーム目)に選出されている。ジョシュ・ハワード フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・グリーン

    ジェラルド・グリーンから見たダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス

    ウルブズでは満足のいく出場時間を得られぬまま、07-08シーズン途中に生まれ故郷の、ヒューストン・ロケッツにトレードされるも、わずか1試合で解雇、08-09シーズンにダラス・マーベリックスでプレイしたのち、NBAを離れる。ジェラルド・グリーン フレッシュアイペディアより)

196件中 81 - 90件表示

「ダラス・マーベリックス」のニューストピックワード